NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

エゴグラム波形・W型

新版TEG2 解説とエゴグラム・パターン

新版TEG2 解説とエゴグラム・パターン

 

 に掲載されているW型の解説

 

W型

f:id:entpintp:20180618174911p:plain

 

CP、AとACが同程度に高く、NPとFCが相対的に低いものである。義務感、責任感、批判精神は高く、周囲への気づかいも強い上に、十分に自己主張できないので葛藤をためこむ傾向がある。その怒りが自分に向いて自虐的になりやすいことがある。これも、U型と同様に自他否定型のあまり望ましくないパターンの一つである。デュセイは「自殺者」と名づけ、何ごとにも怒りっぽく、その怒りが自分に向いて計画的に自己破壊に向かうとしている。

 

考察

「エゴグラム・パターン―TEG東大式エゴグラム第2版による性格分析」曰く、突然の自殺や急な蒸発との関連性が示唆されている波形。Wの型が極端であるほど、憂鬱の度合いが強いとされる。