NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

⑤臨床・障害 ~知能検査~

 知能ってなんだろね。ジャップランド最大のタブー。

主な内容

・知能の定義の紹介

・ビネー式知能検査

・ウェクスラー式知能検査

 

そもそも知能とは


確固たる定義はない

 

ビネー曰く、遺伝的な要因と環境的な要因に基づく、理解・創造・批判の能力

ウェクスラー曰く、目的的に行動し、合理的に思考したりする総合的な力

 

とりあえず今回はこの2人のみ紹介

他にも、ゴールトン、スピアマン、サーストン辺りも関係者だが今回は割愛

この2人の名前を冠した知能検査2種が有名

 

ビネー式知能検査

 ビネーとシモンによって開発された。当初の目的は、知的障害児を早期発見し、適切な教育を受けさせることだった。

 

~1881年・フランス~

偉い人「初等教育制度&義務教育法が確立されたお」

偉い人「国民皆教育の時代だお」

ビネー「…なんか真面目にやってるっぽいのにめっちゃ勉強出来ないやつおる」

ビネー「怠けてるんじゃなくて、元々能力が足りてないんじゃないか?」

ビネー「せや、特別な支援が必要や!」

 

ビネー「…とは言ったものの、どうやって能力を測定したらええんやろ」

ビネー「ちゃんとしっかり客観的に測定する検査が必要や」

ビネー「せや、シモンと組んで知能検査作ったろ!」

~ビネー式知能検査誕生~

 

IQ(intelligence quotient)算出方法

子供の現在の能力(精神年齢:Mental Age:MA)

実際の年齢(生活年齢:Calendar Age:CA)

MA÷CA×100=IQ

現在ジャップランドで使用されているのは田中ビネーⅤ

 

ウェクスラー式知能検査

 みんな大好きWAISの作者。本人のwikiの記事より、WAISのwikiの記事の方が記述内容が多い。悲しいなあ。

 

WPPSI…幼児用

WISC…児童用

WAIS…成人用

 

IQは偏差値を基に算出される。(同年齢の集団の中で、どの程度出来ているか)

 

おまけ:WAISⅢの群指数

言語理解(VC):単語・類似・知識

知覚統合(PO):絵画完成・積木模様・行列推理

作動記憶(WM):算数・数唱・語音整列

処理速度(PS):符号・記号探し

言語理解が低いと…国語と社会が地獄。言葉が拙い。

知覚統合が低いと…絵が下手くそ。KY。

作動記憶が低いと…言われたことをすぐ忘れる。仕事にダイレクトに響く。

処理速度が低いと…ノロマ。ミスが多い。

※主観ゴリゴリ