NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

Go!プリンセスプリキュア 作品感想

Go! プリンセスプリキュアボーカルベスト

Go! プリンセスプリキュアボーカルベスト

 

 

アクセス数がキャラクターMBTI診断の記事の中でもかなり多い。このブログの読者層とGo!プリンセスプリキュアの視聴者層が結構被っていたんだろうか。

 

筆者B「非常に感銘を受けた作品なので、診断関係なしに作品感想」

筆者A「一貫した信念があり、NiユーザーとSiユーザーが涙する作品。多分INTJにどストライクな作品」

筆者B「一年間努力を積み重ねて成長するENFPを見れる作品。プリキュアに珍しいNF寄りの作品」

筆者A「ホープキングダムがバリバリのNF。花のプリンセスの絵本の『終わりは自分で想像してね』といい、本当にNF」

筆者B「ホープキングダム、王女一人居なくなっただけで大ショック受ける辺り、凄いNF。あの国TPいないぞ」

筆者A「それこそ、カナタがバリバリのENFJ。記憶喪失状態もINFPっぽくなったENFJ」

筆者B「カナタは幼女の母親のISFJにどストライクなキャラクターだろうな。あれ同性のISTJ辺りから見たらキツそう」

 

筆者A「本題、この作品で非常に面白いのは、味方キャラクターのエニアグラムの健全度が全体的に非常に高い所。大体段階2か3。自分にストイック。特に超健全ESTJ1w9とESFP3w4を描ききっている。この2タイプの健全状態を描くのって難しい」

筆者B「純粋な意味でガチエリート様なんだよな。全部揃ってる」

筆者A「現実でもあそこまで凄いのはいないだろう」

筆者B「スペックに甘んじず、努力を続ける点がいい」

筆者A「お互いにエゴグラム的にいい影響を及ぼし合っているんだよな」

筆者B「共に歩む仲間の良さがわかる作品」

 

筆者B「ここで現実的な話をすると、この作品において一番の庶民である主人公すら、一般的には中の上レベルの階層なんだよな」

筆者A「それつっこんじゃいけないやつ」

筆者B「実はGo!プリンセスプリキュアのミュージカル(毎年秋頃やってる有料版)に当時行ってきたんだ。全体的に観客の子供たちも、中産階級以上っぽい子供が多かった。『信じれば夢は叶う!』中産階級以上に限る」

筆者A「外向思考持ってくるとNFランド壊れるな。この作品、ある程度心と金にゆとりがないと見る気にもなれない作品。それよりも適当な深夜アニメで欲求満たしたほうがお得っちゃお得。NT的には非常につまらないけど」

筆者B「このアニメ、ぷちブルジョワキッズ向けではあるね。子供の民度の差って見てて悲しくなるぜ」

筆者A「魔法つかいプリキュア(次作)って、ゆとりがない人向けなんじゃないか?」

筆者B「もはや宝くじ当たるのを祈るしか無い感じはあるね」

筆者A「https://sakuhindb.com/作品データベースによると、Go!プリンセスプリキュア2015年アニメ総合点 1位 248作品中。魔法つかいプリキュアは2016年アニメ総合点 243位 243作品中。評価最上位から無名深夜アニメに劣るレベルまで質が下落してる」

筆者B「あれは信者含めて色々ヤバイ。ダメNTP御用達作品」

筆者A「作品の整合性と民度って露骨に結びつくよな」

筆者B「それっぽい台詞吐きまくった挙げ句、伏線回収ぶん投げた作品おる?」

筆者A「魔法つかいプリキュアの作品データベースでの批判は、ISTJ・ISFJ・INTJ・INTPが主にキレてる。ISFJを怒らせるって相当だぞ」

筆者B「当時育児板?でも悪い意味で話題になったみたいだね。プリキュアがガチネグレクトしてるし。ISFJ的にはグエッ!?!?だろ」

筆者A「魔法つかいプリキュアを持て囃してる親のもとに産まれた子供が不幸」

筆者B「その時点で子供の人生オシマイダー」

筆者A「オッシマッイダーーー」

筆者B「貧困階級に多そうなんだよな。貧すれば鈍する

筆者A「なぜそうなったかというと、外的要因が全てじゃないとできれば断言したい」

筆者B「我々の親に関しては自業自得が9割だな」

筆者A「アニメの内容と視聴者層から見えてくるものってあるよな」

筆者B「棚ぼた性悪主人公が無双するアニメなんざニチアサでやるな」

筆者A「キッズってタイプ7ENFP的なんだよな。フローラがいいお手本になる」

筆者B「さて、ここで後釜にISFP4w3性悪主人公を持ってくる紙采配」

 

筆者B「刀剣乱舞のさにらぶ?と似てるんだよな。自分に対する甘さが」

 

さにらぶとは…周りが審神者(夢主人公)をめっちゃ持ち上げてくれる作品。周りは主人公の引き立て役。一時期不快感を持つ人との住み分けを巡って騒動になった。

 

筆者A「CPが不当に高くてAが非常に低い。更にTeTiまでない。この時点で波形が限られるな」

筆者B「Aが最低だと社会的に総スカン食らうんだよな。おまけに責任の所在も理解できない」

筆者A「更にNPとACも低いから手に負えないのよね。典型的なN型だったらまだマシなんだが」

筆者B「N型ならESFJオバちゃんなりESTJオヤジなり、誰かしら助けてくれるからな。私は助けて貰えるタイプじゃないんで自分で生きていきます」

筆者A「要はどうしようもない波形ってあるよね」

筆者B「自分の現状を鑑みて、相応の物をとるってことが出来ないんだろうね。CPとAが自分に向かないと」

 

筆者B「路線を戻すと、この作品、悪役も含めて誰も棚ぼたを願う人がいないんだよね。悪役すらストイック。シャットは…うん」

筆者A「願望の善悪はあっても、叶えるためには行動しなくちゃいけないんだよな」

筆者B「悪役陣営の描写少ない割に好感持てるのは、いい意味でストイックだからだろうね」

筆者A「NFだがSTにも目を向けている。願うだけじゃ何もならない。逆説的にだが」

筆者B「全体的に要求水準高すぎるな。もはや突き抜け過ぎていて成り立っている」