NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

内向思考(Ti)を持つタイプ

MBTIタイプ入門 タイプダイナミクスとタイプ発達編

MBTIタイプ入門 タイプダイナミクスとタイプ発達編

 

 上記書籍P10~11より引用

第三機能については内外のどちらも使われると考えられているため記載していません。

 

INTP
1.主機能:内向思考(T内)
世界のあらゆることを理解するための,包括的で論理的なシステムをつくる

 

ISTP
1.主機能:内向思考(T内)
物的世界についての具体的かつ大量な情報を、論理的に体系立てる

 

ENTP
2.補助機能:内向思考(T内)
考えや計画の実現の方法について,論理的に批評する

 

ESTP
2.補助機能:内向思考(T内)
現実の問題を解決するために,論理や効率重視の方法を用いる

 

ENFJ
4.劣等機能:内向思考(T内)
対象から距離を置いた的確な論理を用いて,人間関係を検討する

 

ESFJ
4. 劣等機能:内向思考(T内)
他者を客観的な観点から理解する

 

未経験のITエンジニア転職なら【TECH::EXPERT】

議論

以下、諸事情による議論です。心理機能は上記参照。

 

筆者A「俺ルール。私の中ではこのように考えているを発信する機能。他の機能とセットで使わないと意味がない模様」

筆者B「本当に単品だと毒にも薬にもならんぞ」

筆者A「体系立てたか考えたかのどっちかだけだな。第二機能のTiだと、どちらかというと得た知覚情報の為にロジックを使うんだよな」

筆者B「第一機能か補助かで感覚的に凄い違うんだろうな。多分疲れやすい一因」

筆者A「あくまで刺激有りきのロジックなんだよな。刺激しなければ頭の中が空っぽ。ちょっと前に得た情報をこねくり回すTi。やはり外から取ってくる」

筆者B「多分一年間ほっとかれても何か考えてると思う」

筆者A「INTPに社会不適合の烙印が押されるのってそれが原因じゃないか。すれ違いがおきてしまう。ISTPは社会からつまみ出される感じ。出力機能がSeだからか」

筆者B「Neは糞ブログ作るにとどまるからな」