NT'sのブログ

NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

INTPの心理機能

正確な情報が知りたい方はこちら

MBTI協会の公式サイト

 

INTPの心理機能の引用

MBTIタイプ入門 タイプダイナミクスとタイプ発達編

MBTIタイプ入門 タイプダイナミクスとタイプ発達編

 

 上記書籍P11より太字部分引用

 

f:id:entpintp:20181004100614p:plain

 

INTP


1.主機能:内向思考(T内)
世界のあらゆることを理解するための,包括的で論理的なシステムをつくる


2.補助機能:外向直観(N外)
考えや情報の新しい側面に関心をもち,ものごとの今後の傾向を推測する


3.第三機能:感覚(S)
外界で実際に起こっていることを重視する


4.劣等機能:外向感情(F外)
周囲の人々のものの見方や要望を考慮に入れる

 

議論

以下、諸事情による議論です。各タイプの心理機能は上記参照。

 

筆者A「やっぱ頭弄り回して、出てきたものを発散させるんだな」

筆者B「何か頭の中からポンと出てきた物を記事にしてる」

筆者A「その感覚ないからやっぱ違うわ」

筆者B「どんなクソみたいな作業やってる時でも、時間を有効活用できるぞ」

筆者A「それルーチン作業しながらやれば最強だな」

筆者B「ライン作業やってるISTPも同じことやってるから飽きないんだと思う」

筆者A「頭の中で考えた陰謀論を現実の現象と照らし合わせて投下するのか」

筆者B「INTPの第三機能って、過去の出来事を参照することだと思ってたわ。実際に起ってることって事は、現在と過去の両方か」

 

INTPの心理機能について個人的見解

※以下の見解は筆者B個人のものであり、公式の解釈とは一切関係がございません。

 

このクソブログの著者である筆者Bも分類されているINTP型。INTP型の人、おめでとう、このクソキノコと同じ分類だ。エニアグラムが5w4の人は更に親近感が湧くな♡

 

冗談は程々にしておいて、INTP型と診断された人、よかったら「筆者Bの闘病日記」でも読んできてくれ。INTP型の辿るヤバイ末路の1パターンが記載されているぞ。身体を張りまくってINTP型の筆者B自ら体験してきた末路だ。

 

具体的には、主機能「内向思考(Ti)」と補助機能「外向直観(Ne)」に全てのステータスを振った末路な。第三機能「感覚(S)」と「劣等機能(Fe)」が全く発達していなかった結果だ。

 

「ある日突然」か「徐々に徐々に」かは人によって同じINTPでも差があると思うが、纏めて括ると「感覚と感情(SF)」の有難さが微妙に理解出来てしまう日が来るぞ。

 

INTP型で(幸運にも)筆者Bと同じ、エニアグラムで5w4に分類されてしまった人、何かと数奇な人生を送る可能性も高いと思う。

 

なんというのか、ご愁傷様な部分もあるが、誰にも真似できない、代えの効かない点で、最高の人生になるぞ。「他の誰にも務まらない人生になる事」そこだけは保証できるは。