NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

タイプ3の9段階

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

  • 作者: ドン・リチャードリソ,ラスハドソン,Don Richard Riso,Russ Hudson,橋村令助
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 上記書籍を参照して要約しました。

 

 

健全なタイプ3

段階1ー嘘偽りのない人 

最高の状態では、非常に健全なタイプ3は、他者から認められたいという欲求を超越し、あるがままに自分自身を受け入れる。健全なタイプ3が真実の心に基づいて行動すれば、人を奮い立たせ、人を心の底から動かす。彼らが意志を通わせ れば、他者を感動させ、より高次の目標を追求するように他者を動機づける。彼らの自己表現は率直で、まったく嘘偽りがない。健全なタイプ3の感じ方は深いが、感傷的でも大仰でもない。むしろ、子供のような 無邪気さと思いやりを持って真実の自分自身と他者を受け入れる寛大な心を持つ。嘘偽りがないことは、特に私たちが他者に対する本当の感情と認識を表に出す機会が人生でいかに少ないかを考えれば、驚くべき成 果である。そういった機会はふつうは稀で貴重であり、その機会が持てれば、自己と他者を深いところで受け入れさせてくれる。自己受容とは、非難や弁明などをせずに、思いやりを持って自己を考察することである。そこから人生を 始めれば、他のことも可能になる。それは、生きていること、そしてあるがままの存在であることの充実と 喜びを褒め称えることである。

 

段階2ー自信を持った人

健全なタイプ3といえども、常にこれほど健全であるとは限らない。典型的には、内面志向であったもの が、他者が何を評価するのかを見つけ出そうとして、自分自身の外に目を向け始める。自分にとって大切な人々が重んじている性質を確認することがうまくなり、それと同じ性質を持った人物になるように自分自身 を合わせる。タイプ3はまだ信じるに足る人物であるが、自分自身の心に従うことは止めて、他者から証明と承認を求めることに変わってしまっている。段階2では、タイプ3は他者の肯定的な関心を探すようになっている。それは、自分はくだらない人間で、 自分自身に値打ちがなく、自分でも値打ちが認められないという、根元的怖れに屈してしまっているからである。これはタイプ2が持つジレンマと形が似ているが、タイプ3は、自分の人生にとって重要な人々からの賞讃と承認を得ることによってしか、自分自身の価値感を持つことができない、と感じる。タイプ3は、 幼児期に人から認められなかったり、自分自身では価値づけすることができなかったが、それがどの程度であったかに応じて、自分自身の必要と感情から焦点をそらせ、自らの世界の中でどんな行為や性質や態度が 自分を価値づけてくれるのか、見極め始める。そのためには、タイプ3は、他者の期待を細大漏らさず読み 取る才能に加えて、他者に適応する能力を伸ばす。健全なタイプ3は最も鋭敏な社会的本能を持っているので、驚くほど見事に他者に順応し、木の葉が太陽 に顔を向けて光を捉えるように、何の努力も払わずに他者の注目に応える。感情が動くたびに、相手が示す 温かさや冷たさの変化が一つひとつ、タイプ3の心に即座に記録される。健全なタイプ3は、人の顔色と状況を読み取る能力で は、タイプ2の感情移入に匹敵する力量を持っている。部屋に入ったとき、タイプ3は他者が醸している雰囲気を即座に感じ取り、効果的かつ敏感にその状況に反応することができる。

 

段階3ー優れた模範 

自分自身についての否定的な感情は互いに影響し合って増幅していくが、肯定的な感情も同じである。健 全なタイプ3は自分自身に良い気分になりたいので、自尊心を高めてくれるような建設的な活動に携わる。 自分自身の価値と重要性を確信するように努めてきたので、他者が自分を受け入れないのではないか、自分 は他者を失望させるのではないかと怖れ始める。その結果、健全なタイプ3は自分自身を成長させるために 時間と労力を注ぎ、自分を傑出した人物にしようとする。健全なタイプ3は功名心に燃え、多くの面、学問上で、肉体的に、文化面で、職業上で、知的な面で で自分自身を向上させることに熱心である。それも、金銭や名声や社会的地位に対してではなく、「自分自身」 を高めることに熱心である。健全なタイプ3は実際に何かしら優れたものを体現しているので、賞讃すべき 点がたくさんある。オリンピック競技であれ、陸軍士官学校であれ、医科大学であれ、どんな分野に進んでも成績は優秀であり、しばしば模範的な人物になるので、他者の賞讃を受けるに値する。彼らは適応性が高く多芸多才な少年少女であり、男女であって、文化が高く評価する価値を体現する(もちろん、タイプ3の中 には、読者自身が個人的に賞讃する価値や、身につけたいと思う価値を表していない者もいるだろうが、当人たちはタ イプ3自身の文化と社会的環境で認められた価値を常に体現している)。したがって、タイプ3はその文化が持つ価 値観の生きた模範であり、私たちが自分自身を見、評価する鑑である。 

 

通常のタイプ3

段階4ー競争心の強い地位狙い

ここで彼らの態度に一つの変化が起こる。タイプ3は他者の中で自分自身を目立たせたいと願い始める。 それはもはや、価値があると感じるために一所懸命に働くという問題ではない。通常のタイプ3は注目されていたい。他者があげた成果によって影が薄くなることを怖れて、自分自身と他者を比較し始める。そうす れば、必然的に他者と競争する必要が生じるが、この時点での競争は、大体ははっきりせず、まだ隠れている。通常のタイプ3は、自分自身にも仲間にも自分は並外れて優れた人物であることを見せつけたい。彼ら はそれを、他者よりも懸命に働き、自分にとって成功と目標達成を象徴するものを手中にすることで示す。 それは、免状、昇給、高級住宅地を示す住所、録音契約、自分の教師や尊師との特別な関係などでも良い。他者の上に立てば自尊心は強められ、自分が一層望ましく、注目と賞讃に一層値すると一時的にも感じさせてくれるので、値打ちがないという深い感情から身を守ることができる。 「この目的のために、自分の企画や職業をはじめ、自尊心が高められるものなら何にでも、タイプ3は文字通り打ち込む。彼らはまさにA型性格で、駆り立てられたようで、ほとんど仕事中毒である。

 

段階5ーイメージ意識の強い実利主義者

自分の競争心が強まって他者からの前向きの関心を失うことを怖れて、通常のタイプ3は、自分の感情と 嘘偽りない自己表現をさらに覆い隠し、自分自身の好もしい印象を生み出すことに専念し始める。この段階はタイプ3にとって統合の点でも堕落の点でも重要である。健全度の高いタイプ3なら、競争的ではあっても、まだその焦点は自分の本当の努力と成果に向いている。本当の自己陶治が彼らの関心事である。しかし、この段階から下では、主な関心は自己表示、つまり、自分のイメージを高めることになる。自分の投映 するイメージが本当の自分を映し出していようといまいと、好もしい印象をつくりたい。中身以上にスタイル、他者にどんな印象を与えるかが支配的な関心になる。拒絶されることへの怖れから、通常のタイプ3は、自分の値打ちを高めてくれると信じる要素と自分をもっと受け入れやすくさせると信じる要素との「正しい組み合わせ」を探し求めることに、次第に身を委ねて いく。自己表出は淀みがなく、玄人はだしとなり、外観は一層計算されたものとなる。タイプ3は途方もないエネルギーを持っていて、それが磨き抜かれた化粧板を発達させることに注ぎ込まれる。それがあれば、 「一応の標準に達する」希望が持てるし、欲しい成功も勝ち取れるだろう。もちろん、そんなイメージに注目 しても、その裏には本当の自尊心が欠けていることは隠せない。通常のタイプ3は自分自身を拒否しており、 本物の自己はこうであろうと考えていたとしても、それよりずっと価値があり役に立つと思われる「包装」 を提供する決心をしている。皮肉なことに、その結果、通常のタイプ3は本当の人間としては一層好もしくなくなり、市販の一般商品 としては一層好ましくなる。通常のタイプ3は自分自身を一般市販商品として体験しているので、他者にどういう印象を与えるかに固執する。自分がどういう印象をつくり出しているか気に病み、人々が自分について何を考えているのかと絶 えず気に病んでいる。充分に成功し、充分に能力があり、充分に魅力的であるということは、いつでも心の 中で再生されている課題である。

 

段階6ー自己中心主義で自分を売り込む人

他者に認められ受け入れられるように「新しい、進歩した」自己を入念につくり上げてしまうと、タイプ 3には、他者は自分を見透かして、実際には、自分が投映しようと努めてきた夢物語の「完全な」イメージ とは別物であることを発見するのではないかと怖れる。この段階では、自分が理想化したイメージほど ではないことが露呈すれば、徹底した屈辱を浴びることになるので、タイプ3は「賭け金をつり上げ」、自己増進に増速駆動のギアを入れて他者に印象づけようとする。彼らは、他者から賞讃されたく、うらやんで欲しく、あらゆる点で断然傑出していて、何でもわかっていて、まさに完璧であると思われたい。しかし、最も重要なのは、タイプ3は内面の自己がさらに欲しがりになっていくのを忘れたがっていることである。自 分を恥ずかしいとも苦しいとも思わせ続けているのは、その内面の自己である。彼らは自分のイメージに似つかわしいものになりたい。価値がないという怖れが増大していくのを埋め合わせようとして、彼らの自己像は異様なほどに膨張し、 大げさになってしまっている。彼らは自分自身を執拗に宣伝し始め、自分の達成結果を自慢し、重要そうに 聞こえる名前を口にし、自分の業績を「誇大に言い立て」たり、大きな成功を収めようとしているところだ と他者に教えようとし、自分が信じがたいほど素晴らしく見えるようにし、自分のすることは何でも他者の することより良く見える。それも実際以上に良くようにするようになる。この段階では、通常のタイプ3は自分自身を猛烈に売り込んでいて、これは自分の業績であると異常なほどに主張する。自己愛が独りでに膨張を続け、実際の自己には貧困さも限界もすべてあるのに、その自己からある程度解離していることがはっきりする。実際には存在しない栄誉に満ちた自己について宣伝文句 を並べ立てることもする。彼らの売り口上にはいつも実に説得力があるので、このタイプ3を見てもまだそれに気づきにくいが、ここで実際に目に映るものがないわけではない。それなのに、必死になって自分自身 にも他者にも自分が傑出していると信じ込ませようとするが、ここまで来ると、他者は立派すぎて本物とは 思えないと感じ始める。自分自身について言っていることの多くは、辻褄が合わない。 この段階で彼らがすることは、すべてが他者に注目させ賞讃させるための見せびらかしである。彼らの自己誇示はすべて、「私を見て!」という含意を持っている。彼らは恥知らずなほら吹きになり、自分の文化、教育、地位、肉体、知性、経歴、配偶者、口説き落とした性の相手、才知などを見せびらかす。それら はどれも賞讃を得られると信じているものばかりである。彼らの会話でただ一つの話題は自分自身であり、 他者はあたかも自分の言葉や行ないにすっかり魅了されてでもいるように、あるいはそうあるべきであるとでもいうように振る舞う。これは当然、他者を退屈させる効果しか発揮しない。

 

不健全なタイプ3

段階7ー不正直なご都合主義者 

タイプ3にとって、失敗は予測できる事態の中で最も屈辱的なものの一つである。無理をしすぎて自分の 要求が成就できなければ、他者を欺くことによって自分がまだ「勝者」であるという印象を保たせるように 努めようとする。失敗と、それによって受ける屈辱への怖れがあるので、不健全なタイプ3は、少なくとも優越性の幻想だけは保持するのに必要なものを得るために、これ以上はないというほどに自分から不誠実になる。すでに説明したように、彼らは実利主義者である。段階7では、タイプ3は生き残る決心をしているが、自分のイメージと完全に一体化しているので、そのことはイメージを確実に生き残らせる手段でもある。その結果、不健全なタイプ3は自分の核となるものを切り離して、その時に自分のために機能するものだけに向かう。彼らの実利主義は節操のない方便に変質してしまっており、どんなことをしてでも自分がまだ特別な人物であるということを他者に信じ込ませようとする。しかし、現実には厳しい精神的な障害を起こしているので、そのようなことをすれば、まず間違いなく自分の状況についての真実を歪めてしまう。履歴書に嘘を書いたり、作品などを盗作・盗用したり、手を抜いたり、他者の仕事を自分の手柄にして誉められようとしたり、自分自身を実際以上に傑出しているように見せることには決してならないような実績を数え上げたりする。 不健全なタイプ3は、誰が自分の成功の代償を払わなければならなくなるとしても、自分は敗者にはなるまいと心に決めている。彼らはすぐに裏切り、嘘をつき、「忠誠」の相手を変え、トップに立つために他者を利用する。良心も真実を見分ける能力もほとんど完全に切り捨てているので、自分自身についての真実がわからないように見えるし、他者を欺くことに罪悪感を感じないようにも見える。彼らの未発達で傷つきやすい内面の自己は、たった一つの課題性格構造そのものを膨らませて生き残る―しか持たない性格構造の下に姿を消す。すべてのエネルギーが、自己像に一致させる必要があるものを獲得することに向けられる。今や不健全なタイプ3は、膨れ上がった自己像を維持するために、ある種の売り込みをしなければならない。

 

段階8ー悪意のだまし屋

自分自身について自分が主張していることの真実を大きく歪め、病状も隠してしまったので、不健全なタイプ3は自分が取り押さえられて、ごまかしが暴露されてしまうのではないかと次第に怖れるようになる。 しかし、精神面で大きな問題を抱えていて、助けを求めなければならないという事実に直面しようとはせずに、タイプ3は、それよりも堕落への歩みをもう一歩進めて、自分の偽りの主張を支えるのに必要と考えるものはどんなことでもしようとする。その結果、自分がしたという形跡を隠しながら、ひどく破壊的な行動にさらにのめり込み、自分の本当の動機と行動は可能な限り隠す。通常のタイプ3で見たイメージを投映する能力が、今までにないほど絶望的なまでに当てにされる。不健全なタイプ3は、今や完全に他者を欺くようになる。それは、自分が没頭してきたかもしれない悪行や欺瞞は、何であれすべて隠す必要があるからである。彼らがここで投映するイメージは相変わらずもっともらしいが、その裏では極端に不安定で、そうとは見えないが不誠実になっている。他者は必ずと言っていいほど、ひどい目に遭わされてしまってからやっと、タイプ3がどれほどひどく神経症的になっているかがわかる。言うまでもなく、神経症的なタイプ3は病的な嘘つきである。重大なことが関係していなくても嘘をつくのは止められないようである。

 

段階9ー執念深い精神病者

この段階では、 彼らは欺瞞を通り越して純然たる復讐に移り、実際にも「どんなことをしてでもお前に打ち勝って見せる!」 と言う。そして、失うものが何もなければ、神経症的なタイプ3はどんなことでもやりかねない。今では他者の気持ちになって上げる能力を完全に欠いているので、彼らが他者をひどく傷つけるのを抑えられるもの は何もない。確かに、人でも物でも、自分では払い除けようとまだ努力している惨めさを思い出させるもの はすべて徹底的にやっつけることが、偏執狂のような強迫観念になる。それまでの人生で、時に応じて敵意が沸き起こったであろうが、その敵意は今や悪意のために理性を欠く までに大きくなり、どんなものでも自分が欲しいものを持っている人なら誰に対しても、極端に嫉妬を感じるまでになっている。軽蔑は外の人たちに向かっているが、神経症的なタイプ3は内心で他者をひどく嫉妬 している。なぜならば、他者は自愛的な幻想を追い求めることはせずに、価値ある目標を達成しているから である。そのため、信頼できる人であったり、感情能力があったり、愛し愛されている人なら誰もが要するに正常な人なら誰もが、彼らの粉々になった自尊心にとっては脅威であり、悪意の対象である。心気症のタイプ3は他者を破滅させて自分が勝者になることに固執するようになるので、悪意は危険なまでに高まる。これは自分自身の暗い隠された側面であって、他者にはもちろん、自分自身にすら見せることができない。ときにはタイプ3のそういった状態に気づく人もいるが、その人たちはそのことで彼らと対決するのを怖がるのがふつうである。他者は報復を怖れるので、タイプ3の行為について敢えてものを言おうとしないことや、何をしようともしないことを、不健全なタイプ3は計算に入れている。彼らは完全に抑制を欠いているので、他者はタイプ3から身を守ることがほとんど不可能に近い。なぜなら、不健全なタイプ3は堕ち出したら止まろうとしないことを感じ取るからである。この段階では、タイプ3は完全に精神病状態にあり、行為は正常の限度を超え、最も残酷な復讐の幻想を行動に表す。自らの行為に対する精神的な歯止めを持っていないため、怒りが消え去るか、他者が破滅するか、誰かが止めに入るまでは、やれることなら何でもやる。しかし、精神は完全に解離してしまっているので、敵意を込めて人に衝突した後で、自分のしたことをはっきり記憶していることは、まずない。それは、最後まで残っていたわずかな正気を利用して、深い憎悪と激しい怒りが自分自身に向かわないようにしている、と言ってもよい。そして当然、自分が犯しているかもしれない罪の恐怖も避けようとする。精神病疾患のタイプ3は、暴行、放火、破壊行為などの犯罪に加えて、殺人さえ犯すことができる。彼らは、正常な人がハエを殺すときのように、良心のとがめなどまったくなしに人殺しをすることができる。手当たり次第に暴力に及ぶので、その精神病的行為には何の動機もないように見える。たとえて言えば、狙撃者が町の通りを歩いている人たちをビルの上から狙い撃ちするようなものである。しかし、精神病の視点からすれば、そうした犯罪は、他者を破滅させることで優位を取り戻そうという絶え間ない必要によって動機づけられている。

 

また、特筆に値するのは、男性の精神病者の犠牲になるのは、多くの場合、女性であることである。タイ プ3は多くの場合母親と一体化しているため、これは図式にかなっている。段階9に至るには、子供のとき、信じられないほどの虐待を経験したという場合がきわめて多いようである。どんなことをしても、どんなにあり様を工夫しても、養育者像から愛情も肯定的な関心もまったく得ることはできなかった。しかし、タイ プ3は養育者像からの承認を得ることに依存するし、小さな子供には意図的に両親を憎んで精神的に生き残ることはできないことなので、激しい怒りは、精神病質者に元々の苦痛を少しでも思い起こさせる身代わり の人物にぶつけられる。毀損行為などは、よく見られる結果である。精神病疾患のタイプ3は、裏表のある二重性と狡猾さを持っているのに、自分自身の足をすくうことがある。なぜなら、復讐心を満たす勝利の必要はその一部に、自分に苦痛を与えた人物を知るために犠牲者を求める願いを含むからである。注目と確認を必要とすることは、段階ごとにさまざまな形として見てきた が、段階9のタイプ3にとっては達成できないものになる。しかし、精神病疾患のタイプ3はそんなことは 意に介さない。世間での非難と悪名の高さは、彼らが渇望する注目を与えてくれる。怖れられ、忌み嫌われることは、自分がまだ「ひとかどの人物」として存在することが認められたことである。