NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

タイプ3の9段階

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

  • 作者: ドン・リチャードリソ,ラスハドソン,Don Richard Riso,Russ Hudson,橋村令助
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 上記書籍P130~158を参照して作成しました。

 

 

健全なタイプ3

段階1ー嘘偽りのない人

・他者から認められたいという欲求を超越し、あるがままに自分自身を受け入れる。

・内面志向で自己生成的になる。

・あからさまな外向けの顕示行為ではなく、自分自身の価値を発見する。自己表現は率直で、まったく嘘偽りがない。

・真の内面志向ということは、自分自身の心の真実に従うことであり、真実の心に基づいて行動し語ることである。

・他者を感動させ、より高次の目標を追求するように他者を動機づける。

 

段階2ー自信を持った人

・他者が何を評価するのかを見つけ出そうとして、自分自身の外に目を向け始める。

・重視される性質に自分自身を合わせる。

・他者から証明と承認を求める。

・他者の肯定的な関心を探す。

・自分の人生にとって重要な人々からの賞讃と承認を得ることによってしか、自分自身の価値感を持つことができない、と感じる。

 

段階3ー優れた模範

・良い気分になりたいので、自尊心を高めてくれるような建設的な活動に携わる。

・他者が自分を受け入れないのではないか、自分は他者を失望させるのではないかと怖れ始める。

・どんな分野に進んでも成績は優秀であり、しばしば模範的な人物になる。

・自らを向上させるように他者を動機づけることもできる。

・大衆に対して組織を代表することが多い。

 

通常のタイプ3

段階4ー競争心の強い地位狙い

・他者の中で自分自身を目立たせたいと願い始める。注目されていたい。

・他者があげた成果によって影が薄くなることを怖れて、自分自身と他者を比較し始める。

・自分自身にも仲間にも自分は並外れて優れた人物であることを見せつけたい。

・他者の上に立てば自尊心は強められ、自分が一層望ましく、注目と賞讃に一層値すると一時的にも感じさせてくれる。

 

・成功が非常に重要であり、他者と競争するようになっているので、自分自身をもっと好もしく見せる方法を勉強し、外交術を身につける。

 

段階5ーイメージ意識の強い実利主義者

・他者からの前向きの関心を失うことを怖れて、自分自身の好もしい印象を生み出すことに専念し始める。

・主な関心は、自分のイメージを高めることになる。

・他者にどういう印象を与えるかに固執する。

・実際にはそうではなくても、誠実で、友好的で、控え目で、親切で、後悔していて、高潔で、正直であるように見える。

・外見は淀みなく洗練されているが、その下には個性もなければ、情熱もないように見える。

・人なつこさは、多くの場合、ご都合主義から来ていることに、他者は気づき始める。

 

段階6ー自己中心主義で自分を売り込む人

・自分が理想化したイメージほどではないことが露呈すれば、徹底した屈辱を浴びることになる。

・他者から賞讃されたく、うらやんで欲しく、あらゆる点で断然傑出していて、何でもわかっていて、まさに完璧であると思われたい。

・自分自身を執拗に宣伝し始め、自分の達成結果を自慢する。

・自分自身を猛烈に売り込んでいて、これは自分の業績であると異常なほどに主張する。

 

不健全なタイプ3

段階7ー不正直なご都合主義者

・失敗と、それによって受ける屈辱への怖れがあるので不誠実になる。

・どんなことをしてでも自分がまだ特別な人物であるということを他者に信じ込ませようとする。

・履歴書に嘘を書いたり、作品などを盗作・盗用したり、手を抜いたり、他者の仕事を自分の手柄にして誉められようとする。

・すぐに裏切り、嘘をつき、トップに立つために他者を利用する。

・膨れ上がった自己像を維持するために、ある種の売り込みをしなければならない。

 

段階8ー悪意のだまし屋

・完全に他者を欺くようになる。

・病的な嘘つきである。

・捕らえられ罰せられることへの怖れが増大して、極端に危険な状態になる。

・正体を見破られ、自分のしたことの説明を求められることはほとんど避けられないことになる。

・そういう状態を避けるために、悪意と狂気の中に完全に落ち込む。

 

段階9ー執念深い精神病者

・不実さと空虚さ悪事は言うまでもなくが露わになるのを怖れる。

・他者は現に自分より優れているし、きっと将来においても優れているように思える。

・惨めさを思い出させるものはすべて徹底的にやっつけることが、偏執狂のような強迫観念になる。

 

・この段階に至るには、子供のとき、信じられないほどの虐待を経験したという場合がきわめて多い。

・激しい怒りは、精神病質者に元々の苦痛を少しでも思い起こさせる身代わりの人物にぶつけられる。