NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

9w1の解説ー「夢見る人」

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

  • 作者: ドン・リチャードリソ,ラスハドソン,Don Richard Riso,Russ Hudson,橋村令助
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 上記書籍を参照して要約しました。

 

 

1のウイングを持つタイプ9「夢見る人」

 

タイプ9の特性とタイプ1の特性は互いに強め合う傾向がある。タイプ9は自分の平和を保つために情動 を抑え込むのに対し、タイプ1は自己統御を保つために情動を抑え込む。思索的着想、象徴、概念などにより関心を抱く傾向がある。9w8よりも感情面での抑制が利いていて、ずっと冷静であるが、 怒りや倫理面での憤りをより見せる。タイプ9の副次タイプは、どちらも哲学や霊性に関する疑問に引きつけられるが、9w1では、その信念にはっきりとした理想性がある。

 

9w1の著名人
●エイブラハム・リンカーン
●エリザベス1世女王
●ローズ・ケネディ
●カール・ユング
●ウォルト・ディズニー

 

健全時の9w1は、人としての誠実さをしっかりと持ち、きわめて節操が高い。非常に常識が 豊かなので、彼らの判断は賢明であり、特に人に対する判断に優れる。何かをしたり、状況を判断すること を求められたときは、公正さと客観性という点に警戒を怠らない。さまざまな流派の思想を総合したり、それらに共通する要素を整理することには、素晴らしい力がある。非常に想像力が豊かで、創造性があること があり、自分が理想とする世界の姿を表現し、それを他と分かち合おうと努める。自分が知っていることは他者と分かち合うことに関心を抱き、他者の着想や発見を高く評価する。朗らか で、人なつこく、人を安心させる傾向があるが、彼らの理想にはある種の厳めしさがある。人に教えること が好きで、倫理面での指導者になることがあり、そのときには自分自身が模範となって最高の教育効果を上 げる。他者に対する気取りのなさと悪意のなさが生まれ、自分自身に対しては心の安らぎと節度が生まれる。

 

通常時の9w1は、ある種の擁護運動者になるかもしれない。なぜなら、理想主義的な傾向を 持っているために、自分でできることならどんな方法を使ってでも世界を良くしたいという願いを持つから である。彼らは自分の意見には自信があって、自分の基本的な信念に関係するものなら何にでも、確固とした観念を持っているのがふつうである。彼らはまだ能動的で、エネルギッシュであるが、 ある程度の孤立と無関心さが出て来ていて、将来の目標に向かう進路をたどり続ける力は阻まれる。あまり冒険を好まず、9w8よりも、おそらく思慮深く、打ち解けな い。のうのうとしていて、何事にも関わらず、個人的な争い事や反目はすべて避けたいが、怒りっぽさととげとげしさがあるので、すぐに怒りが出て来る。9w8よりは怒りの表現が抑制されていることが多いが、ずっと憤慨しやすく、歯を食いしばって鬱積した感情をくすぶらせる。しかし、特に人前では、声を張り上げたり、大騒ぎをしたりはしない。そういう場合は、遠回しで、 嫌みで、口やかましくなることがある。礼儀の正しさや立派な態度ということに関心が向いていて、しばしば他者(社会階層や文化や生活様式などの異なった)よりも倫理的に優れていると感じる。自分の行為や意見を合理化し、道徳を論じ、 自分の論理を支えるために政治的イデオロギーや宗教的イデオロギーに訴えるかもしれない。

 

不健全時の9w1は、多くの場合、極端に引きこもっていて、不健全なタイプ5のように見えることがある。彼らには解離した分裂病的な性質があって、ほとんど感情を持たない。極端に腹を 立てることがあるが、互いにほとんど脈絡なく区分化された形で、まったく出し抜けにというように衝動的に行動する。9w8より怒りっぽく、悪事や不正にいらいらし、他者の悪事を罰したり非難したりするのは自分の義務であると感じるかもしれない。彼らが行動を起こせば、非常に専横的になり、正常なときの振る舞いとは大きく矛盾する。