NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

9w8の解説ー「安楽を求める人」

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

  • 作者: ドン・リチャードリソ,ラスハドソン,Don Richard Riso,Russ Hudson,橋村令助
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 上記書籍を参照して要約しました。

 

8のウイングを持つタイプ9 「安楽を求める人」

 

タイプ9の特性とタイプ8の特性は衝突し合う。タイプ9は無気力で、他者との調和を願うのに対し、タイプ8は攻撃的で、自分自身を主張し、自己の利益を追い求める。タイプ9が性格の基本タイプなので、9w8は基本的に他者に順応しがちで、受容性に富み、自己を意識せず、人当たりが良いなどの傾向がある。しかし同時に、少なくとも時々は強く自己を主張する部分もある。彼らには「気のおけない」 社交性に富んだ性質がある。人付き合いが良く、冗談を言ったり作り話をしたりするのが好きで、友だちと一緒に時間を過ごす。9w8は、9w1より官能的、かつ、本能的で、より感情や直観に基づいた言動をする傾向がある。構成要素としての二つのタイプがまったく正反対なので、最も理解のむずかしい副次タイプの一つである。

 

9w8の著名人
●ロナルド・レーガン
●ドワイト・アイゼンハワー
●ジェラルド・フォード
●ケヴィン・コスナー
●ゲイリー・クーパー

 

健全時の9w8は、w8が性格の全体像に、大きく振る舞う情熱的な性質だけでなく、精神的な強さと意志力という要素を加える。タイプ9の肯定的で人を慰める性質と、タイプ8の忍耐力と力強さが結びついているので、力強くて優しい。 自己意識のなさがあるにもかかわらず、効果的に自分自身を主張することが できる。丁重さがあり他者への気遣いをするにもかかわらず、しかも強くて、力を振るうことができる。他者と共通の目的のために尽くす能力を持っていながら、しかも勇敢に独立していられる。物腰は鷹揚でありながら、手に負えないしたたかな気性を持ってもいる。しかし、そうした性質に頼ることは滅多にない。そのため、強さ、温厚さ、官能性、そして、力といった印象が感じられる。 9w8は、もう一つの9w1よりも世界の中で人々と物事に関わっていたい。人 と付き合うのが好きで、にこりともせずに素晴らしいユーモアを飛ばす感覚があり、驚くほど多芸多才であるが、自分自身を売り込もうとはしない傾向がある。自分の当面の必要や状況に関心を抱き、人々をありのままに受け入れる。援助的な職業、コンサルティング、販売、サービス業などに就く人が多く、また、事業の世界でも非常に有能で、特に商談とか人材開発などで力を出す。

 

通常時の9w8は、自分の感情を完全に区分化する。彼らの自己像は平和を好むことで変わらないものの、ときには非常に攻撃的になって、その限度がわからないことがある。人生の何かの領域で成功を収めることに無頓着で、怠惰でさえあることがある一方で、他者と極端に競争的になることもある。知的才能に恵まれていなければ、少し血の巡りが悪い。気立てはいいが愚鈍なように見えるかもしれない。それは、タイプ9もタイプ8 も特に知的、あるいは、考えるという部分を代表してはいないからである。この人たちは、心理的にも性的にも相手と結びつきたいという基本的欲求を、生まれながらに強く持つ。彼らの利己心は物質的な快適さと 堅く結びついている。9w1よりも片意地で、防衛的になることがあり、ふつうはのんきで感じがいいのに、意地悪にもなることがある。何が引き金になってそうなるのか、他者は予想することができないが、たいていの場合、彼らの怒りが大きくなりつつあることはわかる。9w8の人に 特徴的なことは、彼らの幸せに暮らしているという感覚や心の平和に他者が干渉したり、それを遮ったりすると腹を立てることである。木で鼻をくくったようで激しやすくなることがあるが、また急に「ふつうの」 穏やかな自己に戻ったりもする。防衛本能が呼び覚まされるとき、他者を傷つけてでも自分自身や自分の財産を守りたいとは思わない。他者に対して喧嘩腰で対決的になることがあるが、個人的に敵意が長く尾を引くことはない。彼らが最も激しく怒るのは、自分の家族、自分の信念、あるいは、自分の生き方を攻撃する人間に対してである。しかし、その危機が過ぎ去ってしまえば、すぐに平和を願い、かつての敵と手を結ぶ傾向もある。

 

不健全時の9w8は、不健全なタイプ4のように見えることが多い。たいていは抑鬱的で、ほとんどエネルギーを失っている。タイプ4と異なり、全体として活気がなく、主情的な情動に欠け ていて、ときたま涙いっぱいで身体を振るわせたり、不安でおののいたりする。w8が持つ統御されることへの怖れが、タイプ9の持つ援助に対する抵抗に加わる。自分の行動がどういう結果になるのか、 ほとんど気遣いもせずに暴力を振るうことができる。攻撃とイドからの衝動が強く、 感情面で不安定であると、自我にはそれらの力を統制する強さがほとんど残されていない。彼らの攻撃は、 特に配偶者への性的な嫉妬によって引き起こされることがある。愛情移転によって愛する者から引き離され ることは、タイプ9の自己感覚にとっては破滅的なことであり、誇りを傷つけられたことによって引き起こされたタイプ8の激しい怒りを燃え上がらせる。その結果、物理的にも危険になり、衝動的に激しく殴りかかる。