NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

1w2の解説ー「擁護する人」

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

  • 作者: ドン・リチャードリソ,ラスハドソン,Don Richard Riso,Russ Hudson,橋村令助
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 上記書籍を参照して要約しました。

 

2のウイングを持つタイプ1「擁護する人」

 

タイプ1の特性とタイプ2の特性はさまざまなやり方で互いに支え合う。タイプ1もタイプ2も超自我の 命令内在化した価値観に照らして「善」であることに従おうと努力する。タイプ1は道義に適って いて、調和が取れていたい。タイプ2は無私無欲で、あらゆる面で愛情深くありたい。その反面、タイプ1 は理性的で、人間味がなく、タイプ2は情緒的で、人に関わる。心の温かさと人間関係への関心の深さには注目に値するものがあり、それがタイプ1の持つ感情の抑制を埋め合わせる。

 

1w2の著名人
●教皇ヨハネ・パウロ1世
●マハトマ・ガンディー
●マリオ・クオモ
●ジョン・ブラッドショウ
●ジャンヌ・ダルク

 

健全時の1w2は、世話好きで、 個人的であろうと努める。個々人の必要を考慮に入れられるように、自分の理想の厳しさを和らげようとする。寛容と思いやり、人としての無欠性と他者への関心、客観性と共感を混ぜ合わせて持つ。彼らは寛容で、人を助け、親切で、どちらかというと快活であり、タイプ1の柔軟性のない態度を大きく埋め合わせる。自分が望む変化をもたらすために自ら進んで困難な状況に立ち向かい、 人を助ける職業(教職、聖職、医療など)に就く人を多く見かける。それは、彼らの理想主義が人間関係に焦点が合ったときは、非常に効果的だからである。

 

通常時の1w2は、善意であり、理想主義的な義務感と他者に個人としての影響を及ぼしたい欲求とが相まって、他者を教育しようとする。彼らは自分が正しいだけでなく、悪気がないと確信している。 他者の幸福に対する個人としての責任感から、理想主義的な公共目的や何らかの改革に携わることが多い。完璧主義、厳格な良心、自分自身の善良さに対する自己満足、そして、自己を過大評価する傾向を持つ可能性がある。1w9よりも不満をやかましく言い立てる傾向があるのは、注目の焦点が抽象概念よりも他の人々に置かれているからである。他者が自分の「忠告」 に従わないと、怒ったり、憤慨したりしがちである。しかし、彼らには批判に敏感な傾向があって、自分の理想や動機や生き方に疑問を持たれるのを好まない。

 

不健全時の1w2は、自分と意見が異なる人に不寛容であり、見下した態度を取るか もしれない。自分自身の動機について自己を欺き、自分の動機や行動が問 題にされると独善的になる傾向がある。性的な行動表出をしたり、薬物やアルコールに耽ったりしやすい。 どれをとっても、自分が表明している価値観とは完全に矛盾している。自己欺瞞と自分には権利が与えられているという感情があるので、彼らの防衛は破るのを特にむずかしくさせる。タイプ1の抑圧された攻撃と、タイプ2の間接的な攻撃の両面が働くので、途方もなく大量の攻撃が隠れている。