NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

ゴーストイレイザー考察2 ENFP3w2段階9について 

f:id:entpintp:20180331013749j:plain

我々は一体何と戦っているんだろうか。

 

ゴーストイレイザー考察 ENFP3w2段階9について - NT’sのblog

の続き

 

独り相撲タイム

筆者Aの都合が悪いので、先に筆者Bのみでちょっと整理してみます。

 

今回の内容(予定&未定)

・ENFPとENTPの違い

・本当にENFPなのか?

 

ENTPとは

ENFPとは

ENTPの心理機能

ENFPの心理機能

外向直観(Ne)を持つタイプ

ENFPとENTPが、心理機能の第一機能と第四機能が同じタイプ同士の中で、一番ややこしいかもしれない。この2つのタイプの説明文を入れ替えても、ギリギリ通じてしまうところはある。

 

最終的に、NT(理性的な人)か、NF(理想主義者)かで判断するのも手じゃないかと思った。サボテンか、サンセベリアか。

 

ENTPは可能性を生み出すとは言っても、やはり分析や問題解決といった、NT的な要素が色濃く出る。自分で発見した可能性を、自分のために使う。

 

ENFPの方は、生み出した可能性を他者に示す。自分がワクワクしたものを他者にも好きになって貰おうとする。

 

あと、ENTPの示す可能性は、理論上いけるもの。ENFPの示す可能性は、自分がワクワクしたもの。この辺りが、人望というのか、キラキラオーラの有無に繋がるんじゃないだろうか。

 

最近まで、ENTPは第三機能がFeだから、ENTPの方が人に受け入れて貰いたがるんじゃないかと思っていたが、ENFPの方が、人からの同意を求める傾向があるように思う。

 

ENTPの可能性は理論だが、ENFPの可能性には、ENFP自身の感情が入っている。つまりボロクソ否定されるとダイレクトにダメージが入る。

 

(仮に、ロマンとか感じない?と聞かれた時に、全く感じないぞ、と返すと多分超傷つく)

 

ENTPだと、マジか、残念だわーとかで多分終わる。ENFPだとガチでしょげてる。NF全般、批判に弱い、というよりも、他者から応援されない事に傷つきやすいような気がする。

 

(以前書いたエセ心理機能書き直さないとダメだ。FeとFiからくる承認がごっちゃになってる)

 

NT「理性的な人」

NF「理想主義者」

追加で作成した、気質とタイプの解説。

 

このキャラクター、NT的な、『上手くいくかな?』ではなく、NF的な、『絶対出来る!ワクワク!』といった心理で行動していると思われる。悪く言えば、失敗を考慮に入れていない。上手くいくと信じている。

 

NTは割とTRY &ERROR式。失敗しては改良し、より良いものに取っ替えていく。悪く言えば目標が乗り換え式。達成したら次に移る。

 

このキャラクターはやはりNFだと思われる。以前Neが弱いと書いたが訂正。公式のENFPのNeの定義と照らし合わせると、Neは物凄く強い。恐らくENFP-A。うわ早死にしそうだ。いや、早死にしたのか…。

 

第二機能のFiも生きているが、人々へ可能性を提供するのではなく、人を唆して協力させる為に使っている(カットしてしまった部分)

 

悪い意味で機転がきくところからも、第三機能の選択肢の検討は出来ている。第四機能は恐らくほぼ未発達。(キャラクターにとっての)現実を生きる力が非常に弱い。

 

恐らくNeの使い方がENFP判定の決定打。ENTPのNeの、選択肢や新しい考えを求めている、というよりも、ENFPのNeの、熱心さの方が目立つ。(第四機能のSiに関しては未発達の為判断不能。しかし、Fに関しては、他者の要望を考慮に入れる方向のFではなく、人々への援助のFを選択していると思われる)

 

結論:ENFP3w2

 

筆者A合流

 

※心理学にわかの為、トンチンカンなことを言っている可能性があります。

筆者B「ENFP判定までは証明?してみた。あと面白いサイトみつけた。アニマ・アニムスの話。このサイトが非常によくまとまっている。元々これもユングの論だから、MBTIと相性が悪くないはず。《内なる異性Vol.3》恋するって何?ーアニマ・アニムスの投影 | Rinko Yamasaki

筆者A「傍目から見てもENFPENTPって非常に区別がつきにくいという自覚は有る。概ね上記の説明で納得はしている。リンク先のアニマ・アニムスの話に同意出来たらNF要素が高いと思われる」

筆者B「5w4バフでNFグループに島流し食らってる気がする。非常にユングらしいと思う。悪く言えば一歩間違えたら精神病院送り。さて、この『アーカム』ってキャラクターになぜ執着してるって、5w4・4w5から見て、『無意識としての影』と言われて、あながち外れてはいないキャラクターなんじゃないかと思うんだ」

※ここでの影は、他の元型の影ではない

筆者A「あっちが立っている、故にこっちが立っている、かね。頭の中にシーソーみたいなのが浮かんでいるんだが、非常に夢がないよな」

筆者B「合ってるが非常に現実的だな。そこは天秤の対極とでも言ってくれ。繋がっている反対側だね。このユング臭」

筆者A「そもそも現実主義者だから非常に遠いんだよな。価値観はわかるが論証は出来ない」

筆者B「向いてない科目の教科書開いてる時の現象。感覚的にはわかるんで、こっちが主に喋るわ。7w8にわかりやすく言うと、目の前にぶら下がってる人参を追ってる時の原動力が、一歩先を歩いている影を追っている時の原動力と似ている」

筆者A「その走っている馬が自分と」

筆者B「『人参』に手が届かない上に、形が微妙に変わっていくんだよ」

筆者A「」

筆者B「その人参として、NFが登場しやすいんじゃないかと。上の説明文を見ると、理想の男性像がENFJ、中性的な異性としての理想像がENFP・INFP・INFJって感じがしないか?※筆者Bの独自陰謀論です。ユングの元の理論及びMBTIとは一切関係ありません

筆者A「女性のENFJキャラクター見ないのってそういうことか。理想の異性像の投影の対象になりにくい」

筆者B「NFの中でENFJだけ『男性枠』ガシッなんだよな。NFはENFJ男ばっかじゃないか!ってのは、この理論と結びつけて、そういう風に解釈できるような」

筆者A「ENFJだけやたら対象が明確というか。逆に他3タイプは幅があるよな」

筆者B「NFキャラクターって全体的に、『元型』としての要素を強く持っていると思うんだ。元型の種類は知識がカスなんでちょっとggってもらいたんだが、このキャラクター、元型的な要素を数多く持ち合わせていると思うんだ。だから壊れかけてなお魅力的に見える」

筆者A「もう壊れているようにしか見えないんだが」

筆者B「逆に言えば、壊れているおかげで、元型としての要素のみが残り、複数を併せ持った状態が明らかとなっているとも言える。個人的に異常に魅力的を感じるのはそういうことじゃないかと。好みの問題と言われたらそれまで」

筆者A「キャラクターの内面から出る、円熟した一個人としての魅力は皆無。それこそ、本能的な振る舞いに対して魅力を感じているんだよな」

筆者B「尺の都合上、1キャラクターとしての出来は他には遠く及ばない。何というのか、もっと根源的な、神話的な要素に惹かれている気がする」

筆者A「神話的な要素…^^;」

 

休憩

筆者B「物凄いぶっとんだ事言っている自覚はある。しかし妙な確信がある時ってあるんだ」

筆者A「5w4的陰謀論。もしくは、人間として何かが欠けているのか」

筆者B「タイプ分類対象外にぶち込まないでくれ。昔同じようなこと言ってたら病院送りになった。それ以降リアルじゃ言えないんだよ」

筆者A「遊離タイプは伊達じゃないわ。お察しの通り、7w8だから自我が凄い強いのよ。言ってることはわかるが、普通に都合のいい異性を想像してた。そういう風な原型的な云々ではなくて」

筆者B「俗に言う俺嫁ではなく、概念なんだ、実態のない。救急車呼ぶなら全部終わってからにしてくれ」

筆者A「間違いなくNTなんだろうけど、本当にNTなのかな。かといって分類対象外ではない。何なんだ」

筆者B「ガイガイ。間違いなくTiNeなんだが、5w4的な勘の良さから、思考より先に勘を信じる事がある。これが変に見える原因じゃないか?あとw4がかなり重いしな」

筆者A「最初筆者B、4w5だと勘違いしてたな。どこがボヘミアンだ」

 

筆者A合流

筆者A「こいつ確か作中で天才云々言ってたが、こいつ本当に天才なのか?もう少し具体的に言うと、IQ130以上あるのか?」

筆者B「眼の前の人間が言語性IQしか見ていないように、彼も魔術の才能以外ガン無視なんだろう。あとIQ130以上でも使い物にならないのが居るってのはよく知ってるだろ」

筆者A「恐らく関連性を見出す能力が高いんだろうな」

筆者B「これ多分、魔術も直観でなんとかなったんじゃないかな。これ努力家って感じはしないんだよな。高校で一気に成績が下がるタイプ」

筆者A「今目の前にいるな」

筆者B「やめろ。一応家庭環境もあるぞ。解説すると、中途半端に勘がいいと、あまり勉強しなくても、中学まで何とかなっちゃうんだ。その結果、勉強習慣が身につかない。でも高校以降って、暗記が重要になってくるだろ?その結果、元々の中途半端な才能に縋り付くはめになるんだ。あーつらい」

筆者A「やっぱ境遇被ってるぞ。もう多分本能的ななにかだと思うんだが。このキャラクター絶対大人しく勉強しないだろう」

筆者B「環境似ると立ち振舞もやっぱ似るよな。最も原動力が全く違うが。5w4だと不利だと見るやいなや、こういう得意なことに鞍替えすると思う。5w4は自分を変えられない分、自分の特性を理解して、自分の得意な場所に行くしか無い。3w2だと、その辺引けないんじゃないか。正確に言うと、自分の能力の限界を理解出来ない。これがタイプ3のかなりの弱点だと思う。だから同じ場所でずっと喚き散らすと」

筆者A「凄くリアリティのある3だな」

筆者B「5w4からすると、一旦引いて、影でこそこそ魔術の研究なりやってればいいのに、堂々と『これから●●します!悪いことするから皆見ててね!』て辺りが凄いタイプ3的。率直に言うとバカかと」

筆者A「今度、このキャラクターのもっと詳しい考察をやりますが、かなり不謹慎な内容が入ってくるので、有料記事でやります。おそらく後日公開もなし」

筆者B「アドセンスが一番怖いからな。心理学って深い所いくとどうしても性的な話が出てくるし」

 

-----ここでこの記事は終わり-----

 

 

有料版では、こういう世界観持ってそうだよな的な話をします。下記に1枚白黒版ですがサンプルを置いています。有料記事内で使う画像はよりエキセントリックな物です。閲覧注意。これ見てショックを少しでも受けた場合、購入しないことを強くオススメします。カラー版は筆者Aが見た瞬間奇声を上げるレベルです。

 

見た後の苦情は一切受け付けません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:entpintp:20180331024429p:plain

作:筆者B

なんかイメージして描いてみた