NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

タイプ6の9段階

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

  • 作者: ドン・リチャードリソ,ラスハドソン,Don Richard Riso,Russ Hudson,橋村令助
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 上記書籍を参照して要約しました。

 

 

健全なタイプ6

段階1ー勇敢な英雄 

最高の状態では、非常に健全なタイプ6は、自分自身を信頼することを学ぶ。自分自身の内面の権威と接触していて、自分自身を信頼することができ、通常のタイプ6につきまとって悩ませる自己不信とは無縁である。したがって、他者と均衡の取れた関係を結ぶためのしっかりした基礎を持ち、逆説的ではあるが、自分自身ともしっかり結びつく。安全で、受け入れられていて、自分自身に気楽であると感じる。自己信頼は主観的なもので、自分自身の内面の強さ、自分自身の内面の理解との結びつきを保つ一つの作 用である。ひとたびこの結びつきが成立すると、タイプ6の頭は明晰になり、一瞬一瞬に自分が何をする必要があるかが正確にわかる。さらに、非常に健全なタイプ6はもともと、自分にとって人生で必要とするも のは何でも成し遂げる精神的強さと意志を感じ取っている。健全なタイプ6の自己信頼は、生きる基礎となり、また、人の魂の最も深いところにしか現れない支援の基礎となる真の特性である。怖れから攻撃的に反応として出て来たものとははっきりと異なったものである。非常に健全なタイプ6の自己信頼は、自分自身の外部、特に権威者像の中に存在する保護と安全を探すことを止め、自分自身の中に、また、人生の中に永続する信頼を見つけ出したことを示す。それは、信じるということではなく、深いところで感じ取った生きた体験である。非常に健全なタイプ6は、もう受け身ではなく、成熟した独立の人物である。

 

段階2ー人を引きつける友人 

比較的健全なタイプ6でも、いつも自分自身を信頼してはいない。それどころか、他者とまったく同等で あるとは感じない。何らかの理由で見捨てられて人生で独りぼっちでいることを怖れるので、自分自身の外に安全を探し求めるようになる。自分自身の内面の強さから来る支持と接触を失っていて、自力で生き残るだけの精神的能力が自分の中に欠けていると信じる。そのため、他者からの支持が必要で、自分の福利幸福 は確かな人間関係と枠組みを保ち続けることに依存していると感じる。それがあれば安全を高めてくれるだろうと考える。単純に言えば、自分自身への信頼を失い始めたので、信頼できる人か物を探し求めている。段階2では、 これはまだはっきりとはしていないが、段階1での自らへの信頼からははっきりと方向を転換している。環境を詳しく調べて、有力な協力者や援助者を見つけようとしたり、自分の安全や自信を高めてくれそうな状況を期待するようになる。世界に出て行って、他者と結びついたり企画物に取り組める手段を探す。その目的のために、健全なタイプ6は他者を感情面で引きつける能力を発達させる。健全なタイプ6は、人に慕われ、人好きのする性質を持っていて、それが知らず知らずに他者の心に訴える。この性質が何であり、どうしてそう簡単に人を引きつけられるのか、正確に説明することは甚だむずかしいことが多い。いずれにしても、健全なタイプ6は、どうすれば他者に感情面で強い反応を起こさせ、無意識のうちに他者の感情を引きつけられるかを知っている。

 

段階3ー約束に背かない勤勉家 

ひとたび健全なタイプ6が安全を探求し始めて、信頼できて安全であると思える人や考えや状況を見つけると、当然のことながら、そういったものとの結びつき、つまりは守られ属しているという感情を失うのではないかと怖れ始める。少なくとも誰かを引きつけるという行動を取れば、その試みが拒絶されたり、人間関係がうまくいかなくなる可能性を生じさせる。人を引きつけなければならないということは、健全なタイプ6においてすら、不安の影がちらつきだしたということに他ならない。他者の善意、他者に受け入れてもらうなど、自分自身の外に安全を求めるので、つまり、何かしら自信のなさを感じざるを得ないので、彼らはそのことを認めざるを得ない。そのため、彼らは、自分の安全が確実に保てるように、築き上げた友情、連携、安全の仕組みなどを強化したい。彼らがここで取る手段は、自分が関わってきた人や仕事や企画などに完全に専心することである。この目的のために、健全なタイプ6はきわめて実際的で責任感の強い人間になる。目的のために為すことのすべてには規律を持ってねばり強く取り組むだけでなく、細かいところや技巧にまで綿密な注意を払う。 自分の仕事に誇りを感じていたいし、自分が関わっている企画に自分が貢献していることを誇りにしたい。 大会社や小企業の長として、あるいは家計の責任者として、組織を動かしていくことにはきわめて有能である。いわば、勘定は確実に払う人、税金を払うお金をちゃんと用意している人である。倹約家で、勤勉で、 一所懸命努力し、どんな会社や組織にとっても大切な資産になる人である。

 

通常のタイプ6

段階4ー義務を忠実に果たす人 

タイプ6が人やグループと関わりを持ってしまうと、その安定した関係を危うくするようなことをしはし ないかと怖れ始める。「波風を立てる」ことを怖れ、安全を台無しにすることを怖れて方向も定めずに動き回るのではないかと怖れるようになる。一所懸命に努力して着実で堅実であると思える生き方をつくり上げたと感じていて、何をするにしても失敗するのではないかと心配するようになる。その結果、協力者や権威者 に受け入れられ認められるようにさらに努力することで、自分の「社会保障」の仕組みをさらに強化しようとする。そのため、通常のタイプ6は、さらに大きな約束や義務を背負い込み、それを最後までやり通すと言い張る。彼らには不安があるために、自分の地位は安全にしておきたいし、自分のまわりに努力して築いた枠組みなしに取り残されたくないので、責任だけはいっぱい抱え込んでしまうことになる。「万全の準備をし」たいし、あらゆる角度から考えて説明を受けておきたいし、将来起こりそうな問題にもすべて備えておきたい。 ボーイスカウトのモットー「備えよ常に」は通常のタイプ6にぴったりである。この段階ではいくつも の雇用の口を引き受けたり、自由な時間は全部、家の補修や家計の照合点検に費やすこともある。仕事の負荷と蒙っていそうな精神的重圧に腹が立たないのかと他者はいぶかるが、タイプ6は責任と義務を果たすことに熱心であるように見え、精神的重圧が軽くなればすぐに、自分からもっと仕事を見つけようとする。似たようなことであるが、通常のタイプ6は、将来もずっと自分を支え続けてくれそうな状況や制度に身を置いて、自分自身や能力やエネルギーを注ぐことに夢中になる。そのため、「実績」に欠ける仕事や組織や 団体などに関わることには関心を示さない。自分がかかるとなれば、医者、心理療法士、弁護士などの資格証を注意深く点検する。車や家を買う前には綿密に来歴を調べる。今日自分が関わりを持ったことは、予見 し得る将来にも関わり続けられるものかどうかを知りたい。ある種の用心深さが彼らの思考を染め始めていて、選択肢は限られてくる。 段階4では、より健全な段階にいるタイプ6に見られる自己への信頼は消え始めており、通常のタイ プ6は、特定の思考体系や信条体系に執着したり、それと一体化するようになる。

 

段階5ー両価的な厭世家 

自分が引き受けた義務と関わりで無理をしすぎると、自分に課された精神的重圧や要求に応えられないのではないかと怖れ始める。しかし、協力関係や支援の仕組みの安全を損なうことも怖いので、それらを遠ざけたくはない。そのことが大きな問題を彼らにもたらす。自分が体験している精神的重圧とストレスを、関わりを持った人たちを失望させず、ましてや怒らせることなくどうすれば軽くすることができるだろうか? そうして、タイプ6は、協力者や権威者の期待と、これ以上の要求が自分の肩に掛かってくることに抵抗する必要との間にある細い道を、歩み始める。タイプ6はようやく、関わりを持ったすべての人にとって同等には存在し得ないことに気づく。明らかに、 何人かの人、いくつかの状況は自分の必要にとって他のものより重要であるが、「見捨てて」もいい人を決めざるを得なくなるため、その意思決定をすることは前以上に苦しくむずかしいものになる。そこで、本当に誰が自分の味方で、誰が本当に信頼できる支援者なのかを見分けたくなる。この段階では、タイプ6は他者を試して、他者は自分についてどう感じているのかを知ろうとする。自分自身が心配であるし、他者も心配で、ときには防衛的に、ときには言いなりに他者に反応する。両方を同時にやっているときもあるように思える。通常のタイプ6は自分自身の思考と感情と行動に強く反応するようになるので、この板挟み状態はひどくなる。これは、実態としてはタイプ6が段階4で示す後知恵批判がひどくなったものであるが、この段階では感情要素が強くなっていて、しかも、激しやすいものになっている。

 

段階6ー権威主義的な反抗者 

通常のタイプ6は、自分の疑いと不安を解消しようとはせず、それに反発して、もう一つ別の行為に反転させる。自分の両価性と優柔不断さのために、協力者や権威者の支援を失いつつあるのではないかと怖れるので、自分は不安でも優柔不断でも依存的でもないことを証明しようと努力するが、その努力を熱心すぎる上に攻撃的にすることで、その怖れを過補償する。自分は「あごで使われる」はずがなく、利用されることもないということを、他者に知らせたい。事実、彼らの怖れと不安は限界点に達しており、「自制心を取り戻し」て、大胆で力強い行動をすることで自分の怖れを統御しようと努める。自分の協力者だけでなく敵にまで自分の力と価値を証明しようとして、受動攻撃的な両価性の内、受動面を抑圧しながら、攻撃的な面を強く表に出す。この段階では、元々が恐怖症的であっても対抗恐怖的であっても、明らかに対抗恐怖的になっていて、 自分を刺激したと思えるものならどんなものとでも戦うことによって、増大していく不安を抑えようとする。 対抗恐怖は、怖れを抑える手段として、いろいろの人によって罪のない形でよく使われるたとえば、暗闇が怖い子供は、恐怖に打ち勝とうとしてわざと暗い部屋に行く。しかし、この段階では、通常のタイ プ6は罪のない状態とはほど遠い。対抗恐怖は彼らに過補償の行動を取らせる。自分を脅かすものはどんな ものでも非難し、がみがみと叱りつける。反抗的でけんか腰になっており、自分はあごで使われるはずがないことをいくら証明しようとしても、他者を悩ませ妨害するだけになる。この段階でのタイプ6は、自分自身についての疑念がいっぱいで、自分を強いと感じさせ、劣等感を追い払ってくれる地位や立場を確保しようと死に物狂いである。過補償としての攻撃は真の強さの証ではなく、何らかの方法で他者を失望させたり孤立させることで、自分が他者より優れていると感じようとする手段である。皮肉なことに、他者から切り離され、支援もなしに取り残されることを怖れていたタイプ6は、他者を孤立させ、他者の支援を絶つようになる。

 

不健全なタイプ6

段階7ー過剰反応する依存者

あまりにも攻撃的に振る舞ったり、公然たる反抗や威しを無分別に繰り返していると、支持者、協力者、 権威者などとの関係を損なって、自分の安全を危うくしてしまったのではないかと怖れるようになる。さらに、自分の言動が強力な敵をつくり出し、そのことで何か厳しい罰を受けるであろうことに気がつく。少なくとも、自分が頼っていたすべての人から見捨てられることは充分に考えられる。実際には支持者の不興を 買ってはいないかもしれないのに、買ってしまったのではないかと怖れる。その結果、強い不安の虜となって、自分が過去にしてしまったことが何であるにせよ、協力者や権威者との関係がまだ前の通り変わっていないという再保証を求める。かつてはこけ威しのように強情さを見せつけ、ときには他者の支持はもう必要ないとまで感じた通常のタイプ6が、突然変わってしまう。涙をため、こびへつらうだけでなく、強さを失ってしまったために自分の両足で立ち、自分の身を守り、自立していることもできないことで、自分自身にむかつく。攻撃的な態度を 取り続けようと努力しなかったわけではないが、それができなかったために、臆病者であると感じる。 タイプ6が不健全になったときに表す自己軽視や甚だしい自信のなさで動きが取れなくなり、劣等感や無力感はさらに強まっている。これは、通常のタイプ6に見られた優柔不断さや回避性からさらに大きく堕落 したことを示す。不健全なタイプ6は、自分が無能で、自分自身では何もすることができないと思いこむ。 不安はどんどん高まり、協力者や権威者像にべったりと依存する。あるいは、友人や保護者が見捨ててしまっていれば、自分を受け入れてくれる人なら誰にでも見境なく依存する。健全なときには自らを委ねた人に示した忠誠は、その人への依存に堕落してしまっている。不健全なタイプ6は良い一生を送ることは実質上できない。果断で建設的な行動を独力で取ることは自分には不可能であると感じる。どんなものであれ、自分が利用できる支援の仕組みに可能な限り頼る。配偶者、友人、あるいは可能ならば家族に大きく依存して、誰かが偶然現れて自分を導いてくれるのを待つ。わずかに残っている権威者が愛想尽かしをして自分を見捨てることになってはいけないので、誤りを犯すことがとても怖い。その結果、自分から何かをすることがほとんどできず、どんな責任でも自分から取ることを避ける。しかし、責任逃れをしている間は、通常のタイプ6は不安をあまり感じないでいられるが、自立したいという自分自身の望みを危険に曝すことになる。なぜなら、自らの人生で重要な決定を下すとき、誰かに頼るようになるからである。

 

段階8ー被害妄想でヒステリーの人 

心が二つの極の間で揺れ動くという性質が再び影響力を発揮する。不健全なタイプ6は、自己軽視から転して、過剰反応を示し、不安でヒステリーのような状態になる。前の段階では、自分自身を軽視し、劣等感を感じたので不安であった。神経症的なタイプ6は、今やそれに加えて、自分の不安を統御する能力 を失ってしまったので、不安に駆り立てられる。自分自身について考えると理性を失って慌てふためき、他者のことを考えるとヒステリックで被害妄想のようになる。自信のなさが異常なほどに高まって浮動性不安の状態にまでなっているので、神経症的なタイプ6は理性を失ったように現実を誤認し、すべてを危機に転じさせる。無意識のうちに自分自身の攻撃を他者に投映し、 その攻撃を目にして被害妄想になる。これは、堕落へのもう一つの「反転」である。なぜなら、神経症的なタイプ6は自分自身の劣等感を主要な問題としては見なくなっていて、他者が明らかに彼らに向けている敵意が問題であると見るからである。言い方を変えれば、自分自身を怖れることから、他者を怖れることに変わっている。ある意味では、神経症になったために、通常のタイプ6の怖れがより強烈な形で再演される。通常のタイ プ6は他者が自分をどう思っているのかを知るために他者を試したい。神経症的なタイプ6にとっては、評決は黒であることに疑問の余地はなく、他者は自分を捕らえようとしていると確信する。上司がつっけんどんなら、神経症的なタイプ6は理性を失って過剰に反応し、自分は誠になるものだと思い込む。家主と争いになれば、立ち退きを食うか、雇われた殺し屋が報復に来ると思い込む。彼らにとっては、あらゆるところ に陰謀が企まれているように見える。あらゆる人に迫害されると感じるが、特に権威者像は自分の失敗を罰しようとしていると思い込む。実際に、神経症的なタイプ6は、権威者ととりわけ怖ろしい葛藤の中にいる。 非常に不安なので、それまで以上に権威者像からの再確認を必要とする。しかも、被害妄想になっているの で、権威者は自分を抹殺したがっていると信じる。 この段階では、自分を見捨てたり、裏切ったり、傷つけたりすると思っていた人に対して激怒する。 激しい怒りと憎しみで煮えくり返っているが、あまりにも不安でいっぱいになっているため、怖ろしいという自分の感情はその人が源であるということに気づかない。その代わりに、常に危険に備えて過剰なほどの 警戒感に満ちた注意を絶えず外に向けているので、そういった怒りや不安などを他者に投映する。

 

段階9ー自滅的な被虐症者

怖れに対する過剰反応として、実際に何か無謀な行動を取ったり、怖れや敵意を他者に投映することが止められなかったりすれば、自己破壊的な転落は速度を増して、他者からのある種の注目、あるいは、他者とのある種の結びつきを引き起こす。その上さらに、不健全なタイプ6は、自分の権威者像からの懲罰を避けることができないと確信して、少しでも罪があればそれを贖うため、また、権威者の懲罰から逃げたり、少なくとも軽くするため、自分自身を罰する。彼らは自滅的になるが、これはもう一つの反転である。不安にさいなまれ続けるのではなく、何かとんでもなく怖ろしいことが身に降りかかるのではないかと怖れて生きるようになり、手始めに自分自身を罰することで、環境から来る脅威を弱めようとする。わざと失敗して自分から評価を落とす。皮肉なことに、以前には他者を犠牲の子羊にして迫害していたのが、今度は自分自身に攻撃を向けて、同じ憎悪と復讐欲をたぎらす。神経症的なタイプ6は、何かしらの災厄を自分自身にもたらす。それは、権威者像との関係を終わらせるためではなく、保護者像を再建するためである。自分から敗北することで、少なくとも他者から敗北させられないですむ。自分自身に対して何をするにしても、つらく屈辱的であるが、そうすることで罪悪感を和らげ、自殺にも追い込みかねない自己責の危険を軽減する。ある意味では、より過酷な運命から救われようとして、自ら敗北し屈辱を担う。これはいつも有効に機能するわけではない。この段階まで機能不全が進むと、理性的などと言えるものではなく、自分自身を罰するためにとる手段は、ひどい衰弱か死ぐらいのものしかない。彼らは逃避を決め込み、浮浪者にまで身を落としてドヤ街暮らしをし、心も身体も回復不可能なところまで堕落するままにさせることもある。中には、アルコールや薬物の過剰摂取で自分自身を罰し、文字通り死をもてあそぶ者もいる。さらに、自分が計画した以上に有効に働く自殺方法を実行することもある。神経症的なタイプ6が嗜虐的なのは、苦しみを苦しみとして喜びを感じるからではなく、苦しむことで自分を助けようとする人を自分の側に引き寄せたいと望むからであって、そのことを理解することも重要である。嗜虐的な苦しみはもう一つ別の苦しみとの結びつきを求めるもので、まるで「私が悪かったのだから、 私を罰して! そうすれば、また私を愛せるでしょう」と言うかのようである。誰かから処罰されることに成功したとしても、神経症的なタイプ6はまだ統御の要素を失わないでいる。したがって、自尊心が完全に消え去っているのではない。彼らは処罰を引き出し、完全に見捨てられたので はないという再確認を得た。結びつきは苦しいものであるとはいえ、まだ誰かと結びついている。神経症的なタイプ6にとっては、権威に処罰されることは、まだ愛されていることである。誰かがまだ気にかけてくれている。そうすると悲しいことに、保護者像からぶたれたり虐待されている幼児のことが頭に浮かぶ。その二人の関係は怖ろしいものかもしれないが、小さな子供なら、たとい怖ろしい両親であっても、切り離されて導き手もなく一人にされることよりは、いてくれた方がいい。このように、嗜虐症は、拒絶され見捨てられるという、より怖ろしい問題を回避させてくれ、神経症的なタイプ6にある程度の安心感を与える。それすらも消え去るときが来れば、頼みの綱はほとんど見つからず、生命を断つしかない。