NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

タイプ9の9段階

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

  • 作者: ドン・リチャードリソ,ラスハドソン,Don Richard Riso,Russ Hudson,橋村令助
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 上記書籍を参照して要約しました。

 

 

健全なタイプ9

段階1ー沈着冷静な導き手 

最高の状態のとき、非常に健全なタイプ9は、完全に機能でき、独立した人間になっていられる。喪失と他者からの分離への怖れを克服して、沈着冷静で、真に自律的になる。絶対に切り離されることがない人物、 つまり、自分自身と結合しているので、非常に満たされていると感じ、深い心の安らぎと揺るぎない平静さを享受する。自分自身と本当に一つになっているので、常に求め続けている平和を実現する。彼らが成し遂げた全人性と内面の無欠性は、まさに現世では希有なもので、それが実現すれば、偉大なる美、真の創造性、そして、満腔の喜びの源泉となる。並外れて穏やかではあっても、逆説的ではあるが、彼らは生気に溢れ、活力に満ちてもいて、自分の思考、 感情、欲求と接触している。非常に健全なタイプ9は、自分の攻撃的な感情にも気づいていて、それに驚かされることがない。攻撃を持つことは、攻撃的に行動することや、他者に対して破壊的になることとは同じではないことを理解する。このように、沈着冷静であることで、タイプ9はこれまで以上に他者に対して自分自身の姿を見せることができ、さらにそれによって、人としての深みを身につけるので、人間関係はより満ち足りたものになる。自尊心があり、自己中心性や自己満悦の気配などはまったく伴わずに自分の本当の価値に気づくので、彼らは驚くべき矜持を持つ。彼らは独立した個人としてしっかりと存在する。しかも、本当の自分を見ることができるので、他者も本当の姿として見ることができる。

 

段階2ー受容性に富んだ人 

不幸なことに、健全なタイプ9でも必ずしもいつもこのように健全ということではない。冷静さを保ち続けることはむずかしく、環境や自分にとって大事な人々との間で感じる平衡感や調和を失うのではないかという怖れが、いつも心に暗い影を落としている。もしその怖れに屈するのなら、タイプ9は、自己を意識しなくなることによって、自分で心の平和を生み出したい。自分自身、他者、そして、いかなる瞬間にも、完全な気づきをもたらすのではなく、自分の印象の中にいつの間にかのめり込んで、自分は実際に今体験しているものの一部なのだということを忘れ始める。他者と調和の中で結合したいと望み、自分の中心を失うようになる。基本的には、安らぎの感覚を保つために、自分自身の気づきを拡散させるようになり、自分の感覚や本能の基盤との接触を失っていく。 タイプ9は、両親と一体化することによって自己感覚を発達させたので、自分の人生で中核的な人たちに肯定的な注意を向けて、他者と一体化することもできる。彼らは並外れて受容性に富み、他者とまったく完全に一体化することができるので、自意識過剰でも、自己不信でも、自己中心的でもない。

 

段階3ー協力的な調停者

他者との間に少しでも緊張があると心の安らぎが脅かされるので、健全なタイプ9は平和が確実に自分の人生すべてを支配するようにしておきたい。平和を達成し、維持することが動機になって、彼らは調停者に なり、親しい人たちの間の口論や争い事を仲裁する。自分が自分自身と平和でいるのと同じように、誰もが平和でいられるように他の人たちも互いに融和させたい。 他者の不満を真面目に聞いて上げるので、良き仲裁人でもある。人々の間にある争いの本質、つまり、なぜ他者は気が転倒していて、どんなことが頭にあってを何を気にしているのかを理解する。健全なタイプ9はまた、共通基盤がどこにあるかを見つけることができるし、不和でいるよりも協力することの方が得られるものはずっと大きいと感じるので、仲直りをさせることに努力する。彼らの肯定的な性質を書き出せば、長いリストができる。健全なタイプ9には和解をもたらすような感じがあって、争い事を丸く収めるように懸命に努力する。彼ら自身が非常に心穏やかなので、他者を落ち着かせる力がある。他者は、タイプ9がただそこにいるだけで不思議に心が安らぐことがわかる。タイプ9はまた、楽天的で、人を安心させるので、責任を持ってそうできるときはいつでも、物事の肯定面を強調する。それは、物事は否定的な面についてくよくよ考えるよりは、明るい面を見ることの方が好ましいと信じているからである。彼らは許すこと、そして、忘れることができ、争い事はまったく忘れ去り、人間関係をうまく維持し、責任を果たしていく。きわめて気がおけなく感じの良い人で、他者は彼らのことを自然にすてきだと思う。陽気な人物で、朗らかな性質、自然で素朴なユーモアの感覚、温かく屈託のない笑いを持っている。見栄を張らず、相手が王族であろうとタクシー運転手であろうと、誰に対しても同じように誠実率直に対応する。のんきで、履き慣れた靴のように違和感を感じない。健全なタイプ9を好かない人はまずいないにちがいない。

 

通常のタイプ9

段階4ー人に合わせて役割演技する人 

一見したところ、通常のタイプ9は健全なタイプ9とあまり変わらない。しかし、変化は起きていて、その変化は行動よりも態度の方に大きく現れる。健全なタイプ9と通常のタイプ9の違いは、健全なタイプ9 は自分自身にも他者にも接触しているのに対し、通常のタイプ9は自分自身や他者との接触を失い始めていることである。彼らはその代わりに役割や社会的慣習を優先する。彼らはあまり目立ちたくはなく、自分は表立たないようにして自分の環境を乱さないようにする。健全な段階にいるときは、タイプ9は躍動的な人物として肯定的で調和ある環境を生み出そうと努力す る。しかし、そのように努めていると、自分自身や自分の欲求を主張すれば他者との間に葛藤が生まれ、それによって自分の平和が損なわれるのではないかと怖れるようになる。他者との争いになることを怖れるようになることは、タイプ9が、通常の段階に押し流されて行きつつあることである。皮肉なことに、この戦略は、タイプ9が他者との間で持つことになるさまざまな争い事の発端になる。

 

段階5ー表面だけで関わる人 

信条と理想化という内面世界を維持することで感情の安定を保っているため、この段階での通常のタイプ9は変化を怖れる。自分を混乱させるようなことは一切したくないし、可能な限り現状を維持していた い。深い本質的なことで一所懸命に努力するよりも、自分は介入したり反応したりはしないで、すべてをそれ自体の流れのままにさせておく。皮肉なことに、通常のタイプ9は自分が何もしないでいるために、実際には何かをしなければならない。 自分の平和にとって脅威になると思われるものがどんなものでも環境の中にあれば、そのことから自分自身を切り離さなければならない。健全なときの自己意識のなさが、一種の無思慮な断絶、つまり、まわりの世 界のさまざまな様相について気づきが欠けた状態になってしまっている。現実とは仲の良い関係を保ち続けているが、奴隷のようにそうしているのではない。自己満足からの怠惰、活気のない知性、感情の鈍さが始まる。彼らは無気力になる。人生が通常のタイプ9に降りかかり始める。

 

段階6ー諦観した宿命論者

何もしないことがうまくいかず、問題や他者との争い事に直面しなければならなくなると、この段階での通常のタイプ9は、それらの重要性を軽視しようとする。自分の受動性がどれほど深刻な結果を生むことになるか、それを過小評価し、さらに、自分が対処することを拒んだ問題を正すことは、他の人にとってはどれほど大変なことなのか、ということも過小評価する。実際、彼らは、そもそも何かをすることの必要性を過小評価する。この段階に来るまでには、人生で本物の問題をたくさん抱えていることは充分あり得るが、何が起ころうともそれに耐え抜く力があることには自負を持っている。問題に興味を示さないで切り抜けることができることを知っている。したがって、一所懸命に努力するよりも、宿命論的になり、物事を変えたくても何 もできないと感じる。また、どんなことがあっても、物事がどんなものであろうとも、結局は大した問題ではないとも感じる。健全なときは受容性豊かであったものが諦観に、熟慮して手放すことが諦めに堕落してしまっている。これは楽観主義ではなく利己主義である。

 

 

不健全なタイプ9

段階7ー要求に応じない弱者 

不健全なタイプ9は断固として争い事や問題に立ち向かわなくなる。自分の問題に目を向けることに積極的に抵抗する。そうすれば、感情面での痛みや不安から身を守り、自分が抱いている幻想との関係を保っていられる。その結果、不健全なタイプ9は頑固で、投げやりであり、変化への圧力をまったく受け付けない。問題に対して最も明白で比較的容易な解決策があり得たとしても、不健全なタイプ9は自分では何もしないし、「何もしたくない」。彼らは全エネルギーを注いで、何ものにも悩まされることがないように、現実に対処することへの防衛を維持する。この防衛は抑圧抵抗として知られているが、不健全なタイプ9にとっては、まともに対応するのはとてつもなく気がくじけることであるし、通り抜けることはほとんど不可能である。それはまるで、心のどこかの扉にかんぬきをかけて、誰も自分に近づけないようにしているようなものである。皮肉なことに、かつてはあれほど心を開いて人を受け入れていた人物が、まったく人を受けつけなくなってしまっている。 自分に何かを無理にさせようとするから不安が呼び覚まされた、と言って他者にひどく腹を立てる。

 

段階8ー解離した自動人形 

現実からの精神的重圧と他者からの敵意が非常に強くなると、自分がしてしまったことへの自覚と向かい合わないですむように身を守るために、神経症的なタイプ9はすべてのことから完全に自分自身を切り離す。 現実と接触を持たず、現実も彼らと接触を持たないように、自分から意識を断ち切る。不安に対する怖れは非常に強いので、神経症的なタイプ9は自分自身を現実から解離して、没個性的になる。まるで親の子宮に戻りたがっているかのように、赤ん坊のような状態に退行する。彼らはひどい遮断状態になるので、まるで記憶喪失になったように感情が麻痺して情感に欠けた状態に引きこもり、自己から完全に解離する。神経症的なタイプ9は自動人形に似ている。何も感じないし、何に対しても反応しない。自己が肉体から切り離されてしまって、肉体が自力で機能しているように見える。彼らが現実をどこまで拒否するか、それは愕然とするほどである。彼らが腕か脚を一本失ったとしよう。しかし、彼らはその事実を否定するか、それが再生してくると考えるか、どちらかである。本当は解雇されたのではないとか、離婚や死が実際には起きていなかったのだと考えるかもしれない。

 

段階9ー捨て鉢の亡霊

 もし何かが限界以上に神経症的なタイプ9を追い込めば、彼らは現実との精神的な断絶ばかりか、精神内部での分裂病的な断絶も起こしてもおかしくない。彼らは人格として分裂し、本来の自分から最も解離した状態になる。これまで見てきたように、人生に受容的な心で臨んでいるので、自己認識からの逃避が促進されている。ここまで来ると、自分自身から完全に逃れ、 自閉症に似た状態に引き下がる。幼いときに長期にわたって極端な虐待を受けていたとすれば、多重人格障害になる傾向が特にあってもおかしくない。ただし、多重人格の症例はすべてがタイプ9であるというのではなく、すべての不健全なタイプ9が多重人格を発達させるというのでもない。しかし、これら二つの条件にはある程度の重複があるように思える。そのような重複がある場合は、人が非常に対立する感情要素を受け入れようとしながら、しかも、そこから自分の主体意識を築こうとすることによって、多重人格がどのようにして生まれるのかを見ること ができる。たいていの場合、神経症的なタイプ9は、人間性を備えた一個の人間としての自分自身を無意識のうちに捨て去って、自分自身をさまざまな部分に細分化し、そこに意識を注ぎ直す。細分化された部分の一つひとつは、抑圧され、否定され、未発達のままにされてきた自己の側面を代表するのかもしれない。記憶、夢のような恍惚、情動面の反応などが、手当たり次第に現れてはすぐ消える。それはまるで、まさに性格構造が 「崩壊してバラバラに」なり、構造の各部分だけが別々に環境と交流し続けているみたいなものである。自己意識を持つ存在としての自分自身を捨て去って、性格を解離させ、それを細分化した状態に完全に引きこもるのは、ある種の「解決策」である。なぜなら、そのようにすれば、生きているのは現実の自分ではなく、自分がその人を通して生きることができる誰か他の人になるからである。通常のタイプ9は他者を通じて生きる傾向があることを見てきた。この段階で私たちが目にするのは、彼らはもう一つの自己、つまり、自己の断片を通じて生きていることである。それらの断片は、一体化していたものが切り離されたものであり、タイプ9が昔から持っていた大切な人との人間関係がバラバラにされたものに他ならない。核となる自己は精神的外傷を強く受けてきたので、夢を見る人がいないのに夢の中にいるようなものである。これでは、生きているとはほとんど言えない。さらに、分裂した性格の一つが他の人たちやそれ自体に害をなすこともあり得るので、これは安全な生き方でもなければ、本当に適応できる生き方でもない。 しかし、性格要素に断片化することは、皮肉なことながら、神経症的なタイプ9にとっては妥当な結末である。なぜなら、彼らは、独立した個人としての自分自身にそれほど関心を示したことがなかったからである。今や、彼らはまさしく個人ではない。彼らは多くの異なった「人々」である。そして、誰でもない。 さらに、タイプ9は、あれほど他者を失うのを怖れ、他者と交わりを断つのを怖れていたのに、心理面でそのようにしてしまったばかりでなく、自分自身との交わりも断ち、自分自身を失ってもしまった。