NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

タイプ4の親への定位

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

  • 作者: ドン・リチャードリソ,ラスハドソン,Don Richard Riso,Russ Hudson,橋村令助
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 上記書籍を参照して要約しました。

 

タイプ4は両親との繋がりが断たれている。彼らは幼児期に、母親か父親のどちらかと一体化することがなかった。両親の夫婦間の問題、離婚、病気、あるいは、単 に家族内での性格のぶつかり合いなどで、不幸な幼児期や孤独な幼児期を過ごしたのだろう。場合によっては、比較的「正常で」当たり前の幼児期を過ごしたかもしれない。それにもかかわらず、優しく良い環境に恵まれていても、彼らは両親のどちらかの中に自分が映し返されているのを目にすることがなかった。彼らは、両親は自分をありのままには見てくれなかったか、何か見当違いのことを自分に伝えていたと感じた。 自分が得た忠告や反応は子供一般には当てはまっても、自分自身には当てはまらないように思えた。明確な役割モデルがなかったので、幼児としてのタイプ4は自分の内面に向かい、自らの感情や想像を自分自身に関する主要な情報源にし、そこから自分の主体意識を築くしかなかった。幼児のときからタイプ4は本質的に人生は孤独であると感じた。自分では理解できない理由のために、両親は自分を拒絶したように、あるいは、少なくとも自分にあまり関心を持っていないように思えた。そこで、 タイプ4は、自分には何か非常におかしな所があるにちがいない、子供にとって必要な養育上の配慮を両親がしてくれないのであるから、自分には何か欠陥がある、と感じた。その結果、彼らは自分自身に目を向けて、自分は何者なのかを見つけようとした。「自己認識」が最も重要な目標、少しでも自尊心を見出せる望みのある手段となった。タイプ4は、自分が何者なのかを見つけることができれば、今のような深い本質的な感じ方で、自分が他者と非常に違うと感じることはないだろうと思った。しかし、内省を通じて自分自身を創り出す代わりに、皮肉にも自己意識の罠にはまってしまった。彼らの自己意識は彼らを遠ざけ、傷つきやすいと感じさせ、自分自身に対しても、他者、特に両親に対しても、攻撃を呼び起こした。しかし、自分の攻撃を表現するにも、自分の境涯に対して何かをするにしても、自分は無力であるとも感じるので、両親からも他者からも引きこもり、攻撃をたいていは自分自身に向ける。発達期での両親との人間関係は主にある種の絶縁として形成されるので、タイプ4は、他者との「違い」 ということに基づいて自我の主体感覚を発達させるようになる。自分が関係を持った両親には資質は少ししかないので、自分について周囲の人たちとは違っている点を洗いざらい目録に記入し始めた。その結果、この相違の感覚が彼らの自己像の一部として強く発達し、防衛もされて、多くのタイプ4は他の誰とも同じ点がたくさんあるのに、それを見るのがむずかしくなる。「ふつう」であることが驚くべき光景となるのは、「独特である」という感覚が自分の主体意識を形づくる要素としてただ一つ安定したものと感じるからである。 皮肉なことに、タイプ4は自分の「特異性」にしがみつくが、もっとふつうの存在であることを楽しんでいるように見える人を羨み、その人に腹を立てる。「両親との繋がりが断たれたことで、「良い親」への強い願望が生まれる。良い親とは、自分を正しく自分として見てくれて、自分が築こうと努めている自己を認めてくれる人である。この願望はふつう、理想の配偶者とか相棒を求めることとして体験される。彼らはしばしば、その役割を新しい知り合いに投映し、その相手を理想化し、これから共に持つであろう素晴らしい人生を空想する。不幸なことに、タイプ4はその人物をよく知るようになると、空想は打ち破られていって、その人は自分をあらゆる問題から救い出してくれる完全な親ではないことに気づく。タイプ4はその人物が平凡な人にすぎないことを素早く見抜く。暫くすればその人物の「欠点」に注意が集中して、その人物への関心を失う。タイプ4が自分の探求と空想に戻るのにはあまり時間はかからないが、「自分の夢の」人を見つけることに次第に絶望していく。


 

感想

以下、諸事情による感想です。

 

家庭環境が強烈な人が多いとは思っていたが、マジだったのか。

 

機能不全家庭の正確な割合を出せ、というのは厳しいが「日本の約8割が機能不全家庭」という説があるらしい。そうすると不健全なタイプ4も増えますわ。

 

芸術なりで感情を昇華出来ないと、いよいよ感情の消化手段が無いんで段階が落ちやすいんだろうな。健全なタイプ4を見かけると、大体何かしらの表現手段を持っているような。

 

誰から聞いたから忘れてしまったが「感情を人に受け入れられる形で表出すること」が重要らしい。