NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

タイプ7の親への定位

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

  • 作者: ドン・リチャードリソ,ラスハドソン,Don Richard Riso,Russ Hudson,橋村令助
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 上記書籍を参照して要約しました。

 

幼い子供のとき、タイプ7は養育者像との繋がりを断たれていた。養育者像とは、発達の初期段階で子供を鏡のように映して見せ、その面倒を見てくれ、愛情と個人としての価値観を与えてくれた人物のことである。これは、多くの場合、母親、あるいは、母親に代わる人物であるが、必ずしもそれに限らない。家族によっては、愛情を持って赤ん坊の世話をした父親、あるいは、姉や兄であることもある。いずれにしても、タイプ7は自分の養育者像に関して問題があると受け止めた。彼らはその人物と結びついていると感じたことも、その人物が安全で安定した世話をしてくれたと感じたこともなかった。理由はさまざまに考えられるが、タイプ7は自分の養育者像から欲求不満を感じ取った。つまり、自分が必要とするものを得るには、彼らは頼りにならないと感じた。その結果、何でも自分ですることで、自分がしてもらえなかったと感じる愛情に満ちた世話を埋め合わそうとする。ほとんどの場合、養育者像は、子供のタイプ7を失望させる気はなかっただろう。貧困、戦争、孤児になる、長患いといった幼児期の喪失体験が、人生の素晴らしさが自分に与えられるという期待を断ち切ったのだろう。重大な局面で養育者像が不在であったとか、自分が適切に支えられているという子供の信頼を揺さぶるような突発事故があったのかもしれない。あるいはまた、養育者像が与えることのできる限度以上の触れ合いや刺激を、タイプ7が生まれながらに必要としていたということもあり得る。このように、その原因はどうであれ、喪失への怖れが、この性格タイプの基本的な動機づけになる。この心理の裏を返せば、タイプ7は自分の欲求がすべて満たされるように要求し始める、ということである。自分を幸せにしてくれると考えるものは、どんなものでも持つことは、いつも自分の手の届かないところにあったと感じている世話と幸福感を持つことの象徴となる。


 

感想

以下、諸事情による感想です。

 

ゴミ屋敷問題とつながりが皆無ではなさそうな気がするな。特に若年者の場合は。タイプ7で体が弱いと結構きつそうだな。興味に体力がついていかない場合とか。

 

これ恵まれた環境だとタイプ7が出てきにくいんだろうか。正直地雷率は高いよな。

機能不全家族とタイプ147って多分関係あるよな?