NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

タイプ8の親への定位

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

  • 作者: ドン・リチャードリソ,ラスハドソン,Don Richard Riso,Russ Hudson,橋村令助
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 上記書籍を参照して要約しました。

 

幼い子供のとき、タイプ8は養育者像に愛憎半ばする感情を持った。養育者像とは発達の初期段階で子供の鏡となり、子供の世話をし、愛情と人としての価値観を与えた人物のことである。これは母親、あるいは、母親に代わる人物であることが多いが、家族によっては、父親や兄や姉が養育者像としての役を果たすこともある。タイプ8はこの養育者像と強く結びついたり一体化したりしたことがなく(タイプ3のように)、心理的にまったく切り離されていた(タイプ7のように)のでもなかった。その結果、養育者像とある種の結びつきを保ち、また、養育者像を補う役割を自分が果たすことで家族の仕組みに適応することを学んだ。養育者像は母性と関連した多くの性質を表して見せてくれた(したがって、母性を「持っていた」)。それは、温かさであり、親身の世話であり、養育、承認、優しさ、感受性であった。こういったことで、タイプ8は家長を補完する役割と一体化し、さらには、価値観、愛情、養育などを得るための最善の方法は「強い人間になること」であることを学んだ。それは、小さな保護者、特に危機に陥ったときには他者が力と導きを求める人物である。そこで、タイプ8は完全にその役割と一体化し、その役割を放棄することは自分の自己存在基盤を失うだけでなく、愛され世話を焼いてもらえる希望も失うことになると感じる。タイプ2もタイプ5も「愛憎半ば」するタイプであるが、タイプ8は、自分の幸せと生き残りは人生での役割を全うすることにかかっていると感じる。タイプ2は、常に無私無欲で他者を養育し、面倒を見なければならないと信じる。タイプ5は、自分には果たすべき役割は何もなく、何か役割を見つけなければならないと信じる。タイプ8は、大きな問題を扱うことができ、また、苦難と苦悩を問題にしない決断力と力のある人物でなければならないと信じる。すべてのタイプと同じように、これらの役割が健全に発露されれば、まわりにいる人々だけでなく世界にも非常に重要な貢献をすることになる。しかし、怖れと自信のなさが高じてくると、これらの役割はタイプ8を閉じこめ、その人間性を充分に発揮させないようにする牢獄になる。これまで見てきたように、タイプ8は怖れと傷つきやすさを抑え込んで、しなければならない挑戦はどんなものにでも応じられるように、強くあろうとするようになる。家族がきわめて機能不全であったり、非常 に危険な環境で幼児期を過ごしたりすると、こういった挑戦はかなりきついものであったかもしれず、そのためタイプ8はタフで攻撃的な人間になり、他者と親しくなったり、自分の傷を認める能力が限られた。たとえてみれば、攻撃的な自我の防衛という堅い貝殻を構築し、誰も二度と中にある柔らかで傷つきやすい人間に手が届かないようにしているようなものである。 タイプ8が幼児期にひどい虐待を受けていたとすれば、他者や世間に対する信頼は非常に傷つけられ、拒絶と背信を常に予期して生きることになる。タイプ6も同じように信頼に関わる問題を持ち、世界に対して攻撃的な防衛パターンを発達させるかもしれないが、タイプ6と異なるのは、タイプ8は、自分自身以外に人でも物でも信頼できるものが何かあるとは信じないことである。彼らは、自分の家族の中で、独立の人間として自分自身の権威を主張するべく懸命に努力する経験をした。自信を取り戻したり、導きを得るために頼れる人は誰もいなかったか、身の回りにいた権威者像両親、教師、年長の子供、警察とは、それ が誰であれ自分自身を戦う立場に置いていたか、どちらかであった。タイプ8は、自分の運命や意思決定が他の誰かの手に委ねられるのを許したくなかった(「私が仕事の全責任を取る」)。タイプ8がある程度温かさ、養育、支え合いなどがある環境で幼い時期を過ごしたとすれば、大人になったとき、特に自分が信頼し、身近にいる数少ない人たちとの間で、力強い保護者の役割を担う公算は充分にある。もし支えや養育があまり得られていないとすれば、「人はみな自分の安全だけを図る」態度を身につけて成人するだろう。そういった人は、まるで、自分は自力で生き残るために一所懸命に努力し、戦わなければならなかったように感じるし、他者がそうしようとしているとすれば、その人も自分自身の面倒は自分で見ることができた方がいいと感じる。自分の利益だけを求めることはかかりきりの仕事であって、他者のことを気にしすぎれば、生き残るための危険を招くことになる。このタイプを見ると、生まれつきの子供の性質がどのように家族の布置と結びついて、行為や態度に関す る特定のパターンを形づくるかがはっきりとわかる。タイプ8では、その性質は強いエネルギー、肉体的耐久力、意志の力であり、個人としての主体意識を決めている。以下で、段階を詳述するが、こういった生まれついての性質が前向きに勇気づけられ、表に出たときに、人というものをどれほど建設的にし、力づけるか、という点も見ていこう。そういう人はその死後に永遠の遺産を残していく。一方、その対極では、これらのエネルギーが虐待によってねじ曲げられ、歪められたときは、復讐と破壊性と別の種類の遺産が残されるのがわかる。


 

議論

以下、諸事情による議論です。

 

ENTJおじさんの本拠地であるタイプ8。ろくでもないタイプ8ばかり見かける気がするのは、やはり我々の社会的階層が原因だろうか。くっそ威張り散らしているステレオタイプなイメージが強い。模範的なタイプ8って殆ど見たこと無いな。

 

タイプ45が終わった時点で、このブログの読者の7割を占めているんだよな。基本的に読者が多いタイプから投稿しているので、段々と閲覧率が下がっていく。しゃーない。