NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

タイプ9の親への定位

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

  • 作者: ドン・リチャードリソ,ラスハドソン,Don Richard Riso,Russ Hudson,橋村令助
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 上記書籍を参照して要約しました。

 

タイプ9は両親と結びついているが、それは、養育者像と保護者像の両方が持つ課題や問題を強く一体化させ、自分のものとして心の中に組み入れている、という意味においてである。したがって、彼らの精神的エネルギーと感情的エネルギーの多くは、自分の内面で、同一化したものすべてにある種の調和を保たせておくように用いられなければならない。要するに、養育者像との一体化、保護者像との一体化、さらに、望むらくは自分自身の必要をもいくらかは受け入れようとするので、彼らの内面世界はおおむね綱渡り状態にある。健全なタイプ9は自らの環境に並外れて敏感であり、無防備である。また、幼いとき、まわりの人たち、主として自分の両親から非常に多くのものを吸収した。彼らが平和で睦まじい家庭の出なら、彼らが組み入れた教訓と感情は比較的扱いやすいものであり、自分の世界に効果的に対処するのに利用できるだけの充分な注意を得た。幼児期としても初期に不和や家庭としての機能障害で苦しめられたとすれば、抱え込んだ感情と教訓はすべて苦痛に満ち、衝突し合って、ほとんど耐えがたいものであった。そのため、通常から不健全までのタイプ9は解離すること自分が吸収した内面の混乱が自分を途方に暮れさせないように、起きた自分の感情と思考から即時に立ち退くことを学び取った、同時に、外部の環境にある葛藤や苦悩には注意を払わないことも学び取った。これは多くの子供にとってありふれた戦略である。これは喩えて言えば、少年が、隣の部屋で両親が争っている音が聞こえないように、大きな声で歌を歌ったり、楽しいときのことを思い出したりしているようなものである。少なくとも健全から通常までのタイプ9には、両親と結びついていることが、支えられているという感覚と主体意識を与える。なぜなら、彼らの主体意識は多かれ少なかれ「与えられる」ものだからである。しかし、精神的にも霊的にも発達する過程で、タイプ9は、自分が想定していた主体意識は自分の真の姿ではなく (タイプ3のように)、しかも、自分自身の外にある何かにしばしば頼って支えてもらっている(タイプ6のように)ことがわかってくる。しかも、彼らの心が両親の持つ問題を受け入れようとしているとすれば、彼ら にはどのような空間が残されるのだろうか? それは、タイプ9は、初めは両親の問題によって、そしてそれに続いて人生で出会う重要な人たちが持つ問題によって、自分自身の自己から押し退けられてきた、と言っても良いような状態である。何かの形で独立と自律を見つけようと努めること、言い換えれば、人生のある部分は自分自身だけのものであると主張することが、非常に重要になる。タイプ9が自分自身でするものであるとして何かを選び出したとして、それが他者の目にはつまらないものにしか見えなかったとしても、タイプ9は厳としてその行動を防衛しようとするだろう。自分の内面にある適応という性質を理解してしまえば、タイプ9は、それらの習慣や作法をいくらかは放棄することができる。なぜなら、人生のもっと中心となる領域で自分自身の必要を主張しても安全であると感じるからである。結論的に言えば、タイプ9にはこういった定位があるので、人生で出会う人たちとの間だけでなく、その人たちの間にも、調和の取れた人間関係を何としても保とうとする。幼いとき、両親と結びつき一体化することで自己感覚を発達させたので、両親の不和や離別を予想することは恐ろしい。幼いタイプ9にとって、 それは自分自身の中に不和と争い事を持つことと同じである。両親の不和と離別は、タイプ9の内面の安定を大きく乱す。元来、タイプ9は、自分が一体視した人たちが円満で善良なら、自分も円満で善良であると感じる。タイプ9が健全なときは、自分のさまざまな賜物を生かして、他者が健康と幸福を保つのを助ける。あまり健全でないときは、実際にはそうでない場合でも、他者が健康で円満であると想像する。こういう状態になってしまうと、皮肉なことにタイプ9は、結びついていたい当の人物を失い始めたことになる。


 

感想

以下、諸事情による感想です。

 

ヒヨリミン。こうして見ていくと、369が親の影響をダイレクトに受けるのかな。毎日揉めてる系家族に生まれるとツムツム度が高い。

 

本題からは逸れるが、昔INFJ9w8の友達がいた事を思い出した。そういや彼女、タイプ3の事ものすんごい嫌ってたな。当時は「複雑な気性ってか何考えているのかわからねえ」と思っていたが、9w8だったのか。日和見主義者だが戦う時は戦う。何だかんだ良くしてもらってたわ。大体庇ってくれるのINFJだわ。NP(エゴクラム)低い方の。

 

タイプ9って「あー多分今日家で良い事(嫌なこと)あったんだろうな」というのが比較的わかりやすい。例えるならスポンジみたいな人だろうか。