NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

タイプ1の親への定位

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

  • 作者: ドン・リチャードリソ,ラスハドソン,Don Richard Riso,Russ Hudson,橋村令助
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 上記書籍を参照して要約しました。

 

タイプ1は己のままに成長する。なぜなら、彼らは幼いとき、保護者像との結びつきを断っていたからである。保護者像とは幼児期でも初期に出会った大人で、必要に応じて子供に限度を設け、指針を与え、規律を守らせる責任を負った人物である。これは家族の中で伝統的な家父長の役割を担う人物である。保護者像は父親であることが多いが、必ずしもすべてとは限らない。母親が保護者像である家族も多いし、祖父母や兄姉が子供の発達期にこの役割を演じたかもしれない家族もある。保護者像とその人物が象徴するものとの繋がりを断っていることは、超自我の発達にとって最も重要なことであった。その子供たちは、生まれ落ちた家族によって与えられた社会構造や指針を信頼することができないと感じた。家族の中のルールを専横的で不公正なものとして体験したかもしれないし、厳しすぎたり、不規則でぐらついたものとして体験したかもしれない。細かい違いはどうであれタイプ1は、保護者像から受け取った社会構造や指針に不満であったし、失望もした。また、自分自身の指針をつくり上げなければならないと感じた。自分に期待されているものよりも遙かに厳格な倫理規範を生み出すことによって、生まれた家族のルールを超えようとした。こうしてタイプ1は、常に非のうちどころがないようにしていれば、非難を避けることができると信じるに至った。これによって、タイプ1の中にはひどく厳格な超自我の構造がつくり出された。その超自我は常に「今のままのお前では受け入れられない。お前はもっと良くならなければならない。良くなり続けなければならない」という託宣を出す。家族の仕組みがもっと権威主義的であったり、無秩序であったりすれば、超自我の託宣は過酷で柔軟性のないものになっていただろう。そのような場合には、自分自身の願望や感情が容認されることなど、あったとしても稀なことであった。それどころか、その子供たちは、批判されたり非難されたりしないように規則を常にきちんと守らなければならないと感じた。その結果、彼らの情動もその他の衝動も、罰を与える内面化された父親に象徴される力で抑えつけられた(フロイト派の人は、用便のしつけを、タイプ1に相当する強迫衝動タイプが持つ肛門愛性格の特性を学んだ場であると考える。フロイト派が肛門愛性格の特性として考える規律正しさ、けちくささ、頑固さはタイプ1、それも特に1w9に見られるが、この性格タイプの原点を理解するのに、問題を用便だけに限定する必要はない)。幼い子供としてタイプ1は、多くの理由によって保護者像との繋がりを断つようになったのだろう。保護者像は家族の中に存在しなかったのかもしれないし、子供を虐待したり、不公正に扱ったのかもしれない。 あるいはまた、倫理や宗教の面から手厳しいしつけを受け、永遠の罰への恐れを抱く結果、子供は父なる神を怒らせ、責められることを怖れたこともあろう。衝動的であったり、楽しみを求めたり、利己的であったりしたため、あるいは、子供としては自然な振る舞いでしかなかったのに、いろいろなことをしたために地獄に落とされることが怖かったのかもしれない。別の場合では、非常に平和で正常な子供時代を送ったのに、何かもっと努力しなければならないもの自分の家族や子供仲間での価値観であった何かより高次の理想があると感じた、ということがあるかもしれない。多くの場合、タイプ1は子供であることに心が安まらず、子供として振る舞うことが許されないと感じたために、まだその時でもないのに小さな大人になろうと悪戦苦闘した。タイプ1は、何らかの理由で、導きも社会構造も規律も自分自身に頼るしかないと決心した。自分自身が親でなければならなかったのだろうし、その役は保護者像以上に上手にやらなければならなかったのだろう。彼らが自分自身への非難に反発しなかったことは、注目する価値がある。むしろ、彼らは、自らの逸脱に罪悪感を感じて、良心の中に統御という機能を組み込んだ。それなのに、完璧さという重荷が自分に課せられたことに怒りを覚える。そして、自分の感情や衝動を同じように統御していない人を見ると、さらに怒りを覚える。他者が自由であること(タイプ1にとっては、他者がその人自身に与えた免許)に彼らは敵意を抱き、自分自身には禁令という重荷があるのでいらだつ。


感想

以下、諸事情による感想です。

 

微妙に闇が深かった。お前いつもキレてんな。

 

個人的にタイプ1の人間と相性がスーパー悪いんで、恐らく今までの友人に1人もいない。人にあれこれ言われるの嫌いだしな。