NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

タイプ6の親への定位

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

  • 作者: ドン・リチャードリソ,ラスハドソン,Don Richard Riso,Russ Hudson,橋村令助
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 上記書籍を参照して要約しました。

 

発育過程でさまざまな体験をした結果、タイプ6は保護者像と結びついた。保護者像とは、幼児初期にまわりにいて、導き、枠組み、時々は規律を与えた大人のことである。家族の中で伝統的な家長としての地位を占めていた人で、ほとんどの場合は、父親、あるいは、祖父や教師など、父親の代わりをした人であるが、 母親や兄姉など、実質的に保護者像を務めた人であることも多い。タイプ6は、幼児として、保護者像からの承認という安全を求め、それが得られないときには不安に感じた。大きくなるにつれ、保護者像との結びつきは、その人物に代わるものとの一体化に移った。それは行政機関や信条体系など、自分が安全を得られるものである。深層心理の観点からすると、保護者像の役割は、幼児として独立して機能できるように、母親からの分離を助けることである。無意識のことながら、タイプ6は、自分がもっと独立していられるように助けてくれる人や枠組みを求め続ける。皮肉なことに、自分自身に確信が持てなければ持てないほど、自立できるように助けてくれる人や仕組みを求めて、さらにそれらに依存するようになる。タイプ6は保護者像に結びついているので、その人との関係を強烈に自己の一部として取り入れるが、それは、情愛に満ちて人を支える人としてか、扱いにくく破壊的な人としてかのどちらかである。彼らは、自分の幼児初期に権威を持っていた人との関係を、自分の人生の中で演じ続ける。タイプ6が幼児のときに、自分の保護者像が善意に満ちていて、導きや励ましを与える人として信頼できると感じ取れば、大人になっても、他者から同じような指導と支援を期待し続ける。それは配偶者でもいいし、仕事や心理療法士や庇護者であってもいい。彼らは、その人やグループを喜ばせるために全力を尽くし、与えられた規則や指針を忠実に守る。しかし、その場合でも、その人や状況が自分の信頼を裏切ったり、支援への期待に応え損なったりすれば、極端に失望し裏切られたと感じる。他方、口汚く、不公正で、人を支配しようとする人として保護者像を体験すれば、その権威者との関係を内在化させて、自分に力を及ぼすと信じる人といつも反目し合っていると感じる。「面倒を抱え」て不当に罰 せられることを怖れながら人生を歩み、さまざまな人間関係の中に自分が投映する残酷な保護者像から身を守ろうと、防衛的で反抗的な態度を取る。幼児期の境遇が極端に機能不全であったときは、タイプ6は保護者像から価値を認めてもらえなかったり、不当に扱われたりしていたので、無意識のうちにではあるが保護者像について持った否定的なイメージそのままに、自己破壊的で破滅的な人生を送ることになる。 「さらに加えて、タイプ3が養育者像にもっと受け入れてもらえるようになろうと、いろいろとやってみるのと同じように、タイプ6は保護者像からの支援を得ることに懸命になる。充分な支援を得れば、自立できると彼らは信じる。そのように懸命にならなければ、タイプ6は内面の導き、つまり、自信を持って世界で前進していく自分自身の能力から切り離されると感じるからである。彼らは、恐怖症的で依存的な生き方をして直接的にそれを行動表出するか、強引で対抗恐怖的な言動を取ってそれに反抗するかする。どちらを取るにせよ、自分自身の内に秘めた能力や力を本当には体験しておらず、いつも自分自身の外に、人生に上首尾で関わる能力を再確認し、支援し、証明するものを探し求めなければならない。しかし、タイプ6は堕落していくにつれ、協力者や権威者への依存か、その人たちへのヒステリックな反応のどちらかが高まって、遂には、本当に自分自身の安全を損ねてしまう。自分自身の内なる導きを信頼しないように教わってきたので、タイプ6は内心では自分の言動に疑問を投げかけ、保護者像自分の超自我が内在化させた基準に合っているかどうかを確かめる。タイプ1と同じように、タイプ6はしばしば「正しい」行動方針を立てようとする。しかも、彼らはそれを、いろいろの庇護者、協力者、権威者像が自分の選択にどう反応するかを考えることで立てようとする。タイプ6は、その決定が重要なものであれば、何日間もこのプロセスで堂々めぐりをするが、それは支援者をすべて遠ざけてしまうのではないかと怖れるからである。それはまるで、自分が一体化したさまざまな人たちに「名前を届けて」想像の中で定期的に委員会を開かなければならないようなものである。極度に対抗恐怖的なタイプ6は、自分が不公正であると考える権威者像に怒鳴り散らすことがあるが、その人たちの支援ネットワークを必要としてもいて、それを危険に曝すような行動は取りたくない。もちろん、あまり健全でないタイプ 6は、反応度合いがヒステリックで被害妄想的なため、支援の仕組みを崩してしまうことがあるが、別の安全源と結びつき直すためにはどんな苦労も惜しまない。タイプ6ならば誰にとっても、他者からの再確認と承認を得ることで人生の方向付けをするというパターンは、自分の性質の中に深く染み込んだものである。


 

感想

以下、諸事情による感想です。

 

ジャップランドの代表的なタイプとも言われるタイプ6。東●●済とかでツンツン指摘されているジャップランドの弱点とよく似ている。(確か"ハチ公体質"だと表現されたこともある)

 

各タイプの短所ってどうしようもないと言えばどうしようもないし、どないしろと、と思わなくはない。