NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

自分のMBTIタイプを考える(MBTI簡易診断)

MBTIタイプ入門(第6版)

MBTIタイプ入門(第6版)

 

P9~P10よりアンダーライン部分引用。 

 

MBTIタイプの模索

ブリッグスとマイヤーズにならって、4つ指標(内向外向・感覚直観・思考感情・判断知覚)から、自分のMBTIタイプを模索する方のための解説ページです。下記を読みながら当てはまる項目にチェックを入れ、自分の指標を探すことができます。点数が拮抗している場合には、両方のタイプの説明を読みながら探す方法もあります。

 

※本来MBTIタイプは有資格者のフィードバックを受けながら探すものです。このサイトで判明するMBTIタイプは正式なものではありません。

 

①外向(E)か内向(I)か

 

外向(E)を指向する人の特徴

 自分の周囲に起きていることに注意を払う
 話すことによるコミュニケーションをより好む
 話しながら考え、まとめる
 実際に行動したり、人とのかかわりを通じて学ぶ
 興味を広げる
 人との交流を好み、自分を表現することが多い
 すすんで周囲の人や出来事に関わっていく

 

内向(I)を指向する人の特徴

 自分の内面で起きていることに注意を払う
 書くことによるコミュニケーションをより好む
 考えを内省することでまとめる
 内省したり、内的体験を通じて学ぶ
 興味を掘り下げる
 ひとりでいることを好み、自分を表現することが少ない
 状況や問題が自分にとって重要なときに、率先して関わっていく

 
 

 

②感覚(S)か直観(N)か

 

感覚(S)を指向する人の特徴

 現実や事実に目を向ける
 事実や具体的なことに焦点があう
 実際に起きていることに着目する
 注意深く一つひとつ積み上げて結論に達する
 アイデアや理論は実際的な応用を通じて理解する
 経験から得られた情報を信用する

 

直観(N)を指向する人の特徴

 これからの可能性に目を向ける
 想像をめぐらせ、独特な表現方法を用いる
 データの背景のパターンや意味に着目する
 ものごとにパターンがある場合、その関連詳細を記憶する
 直観に従い、結論に達する
 実践する前にアイデアや理論を明確にする

 
 

 

③思考(T)か感情(F)か

 

思考(T)を指向する人の特徴

 分析的視点を重視して考える
 原因と結果から考える
 真実における客観的基準を見出すために奮闘する
 合理的に筋道が通ることを大切にする
 毅然とした印象を与える
 公平であること、特に人に関しては、人々が公平に扱われるのを望む

 

感情(F)を指向する人の特徴

 共感する
 自分の思いが伴った価値基準から考える
 結論が人々にどう影響するか考慮する
 調和や肯定的な人間関係を追求する
 気持ちを大切にする
 親しみやすい印象を与える

 
 

 

④判断(J)か知覚(P)か

 

判断(J)を指向する人の特徴

 スケジュールにそって行動する
 規定内で、整理された生活を好む
 規律正しい
 どちらかというと几帳面な
 短期的もしくは長期的な計画をたてる
 決着をつけることを好む
 最後にあわててやることを避ける

 

知覚(P)を指向する人の特徴

 状況に応じて行動する
 どちらかというと柔軟な
 格式ばらない
 制約にとらわれない
 まずは状況をみながら進め方を変える
 結論や結果に変更の余地を残しておくことを好む
 最後に一気にやるときにドライブがかかる

 
 

 

指標からみるMBTIタイプ

①~④で判明した指標を、下記のチャートに当てはめていくと自分のMBTIタイプの候補が判明します。もしリンク先の説明が自分に当てはまらないと感じた場合、点数の拮抗していた指標を入れ替えた先のタイプが本当の貴方のタイプかもしれません。

 

①が外向(E)

  ②が感覚(S)

    ③が思考(T)

      ④が判断(J)

       →ESTJとは

        ESTJの心理機能

      ④が知覚(P)

       →ESTPとは

        ESTPの心理機能

    ③が感情(F)

      ④が判断(J)

       →ESFJとは

        ESFJの心理機能

      ④が知覚(P)

       →ESFPとは

        ESFPの心理機能


  ②が直観(N)

    ③が思考(T)

      ④が判断(J)

       →ENTJとは

        ENTJの心理機能

      ④が知覚(P)

       →ENTPとは

        ENTPの心理機能

    ③が感情(F)

      ④が判断(J)

       →ENFJとは

        ENFJの心理機能

      ④が知覚(P)

       →ENFPとは

        ENFPの心理機能


①が内向(I)

  ②が感覚(S)

    ③が思考(T)

      ④が判断(J)

       →ISTJとは

        ISTJの心理機能

      ④が知覚(P)

       →ISTPとは

        ISTPの心理機能

    ③が感情(F)

      ④が判断(J)

       →ISFJとは

        ISFJの心理機能

      ④が知覚(P)

       →ISFPとは

        ISFPの心理機能


  ②が直観(N)

    ③が思考(T)

      ④が判断(J)

       →INTJとは

        INTJの心理機能

      ④が知覚(P)

       →INTPとは

        INTPの心理機能

    ③が感情(F)

      ④が判断(J)

       →INFJとは

        INFJの心理機能

      ④が知覚(P)

       →INFPとは

        INFPの心理機能