NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

心理学雑記 WAISⅢとWAISⅣの違い

そもそもWAISって何だよ

⑤臨床・障害 ~知能検査~ - NT’sのblog

古い記事なんでめっちゃ言葉汚くてすまんな

 

WAISⅢの構造

言語理解+ワーキングメモリ=言語性IQ

知覚統合+処理速度=動作性IQ

 

言語性IQ+動作性IQ=IQ

WAISⅣの構造

言語理解+ワーキングメモリー+知覚推理+処理速度=IQ

 

要するに言語性IQと動作性IQの概念が廃止される。

WAISⅢで知覚統合に分類されていた内容の一部が変更。流動性推理の測定を強化し、名称を知覚推理に変更。

 

現在の日本では

WAISⅢは1997年、WAISⅣは2008年に(英語版が)完成している。日本で現在使用されているのはWAISⅢ。それ1997年に作られたテストだぞ。何で手間取っているのかは知らんが、未だに日本語版は臨床で使われていない。

 

WAISⅢを受けたい

精神科に搬送されるともれなく付いてくる。ロールシャッハ、バウムテスト辺りもセットのパターンもある。受けずに済むなら越したことはない。寧ろ普通に生きてるとIQを知る場面に出くわさない。

 

保険外で割高で諭吉と引き換えに受験させてくれる民間施設もあるような気がしたが多分気の所為。まともな施設もあるが、もし利用するなら電話で根掘り葉掘り聞いてからの方がいい。

 

しかし保険外の施設だと、カウンセラーとの縁がそれっきりになってしまったり、フィードバックが雑だったり、追加料金を求められたり、後々正式に病院にかかったときに厄介な事になったり、受験時の環境が悪かったり、病名の診断に使えない場合があったりとデメリットは多い。

 

個人的にはガチホワイトで純粋にIQが知りたいなら民間、少しでも疑いがあるなら病院、辺りが境目と思われる。自己責任でお願します。