NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

タイプ5ー超脱と病的恐怖をめぐる諸問題

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

  • 作者: ドン・リチャードリソ,ラスハドソン,Don Richard Riso,Russ Hudson,橋村令助
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

上記書籍を参考にしました。

 

 タイプ5が健全なときは、周囲の世界に完全に加わっても安全で自信を持っていられると感じるので、環境から自分自身を切り離す必要がない。環境と交流しているので、その観察は正確で均衡が取れている。しかし、不健全に向かって、発達の諸段階を堕落していくにつれ、彼らの知覚は環境内にあって脅威で危険であると思えるものに、より強く焦点を絞るようになる。怖ろしくて暗いとわかった物事に心を奪われる結果、頭の中は不安でいっぱいになる。しかし、皮肉なことに、怖ろしくなればなるほど、自分を怖れさせる当のものを無理にでも精査するよう仕向けられていると感じる。

 自分を脅かしているものに常に焦点を合わせるため、最後には、タイプ5は自分の恐怖を自分にとって「唯一の」現実に投映し、そうすることで頭を自分自身の敵に回して、文字通り、自分の頭で自分自身を怖がらせる。環境に対して完全に無防備となり、環境はこの上なく危険であることを知る。自分の頭がそのように仕向けたのであるから、それは当然である。彼らは病的恐怖に陥る。しかも自分が有能であるという感覚は非常に脆くなるので、人として機能することや、誰かに助けを求めることは著しく困難である。しかも、堕落しつつあるタイプ5は誰かと接触することができなければ、現実に触れるところに立ち戻る方法はほとんどない。

 このような状態に長くいると、彼らの思考作用は非常に妄想的で人を怖れさせるものになるので、彼らは、単に世界からだけでなく、自分自身の思考からも自分自身を引き離さなければならない。神経症的なタイプ5は分裂病的になり、生き続けることができるように、豊かな頭の世界から無意識のうちに自分自身を切り離す。ここに至れば、彼らにとって現実は地獄のようなものである。暗く、苦しく、希望はない。恐怖にひるんで、虚脱状態に逃げ込む。そして、さらなる恐怖に襲われる。

 

感想

お、おう。自分も一応タイプ5なんだがあまり理解出来ん。しっくりこない理由として、2段落目の内容で「段階8~9」に飛んでしまっているからだと思われる。参考:タイプ5の9段階 修正版 - NT’sのblog。通常時の話はどうしたんだ、と思うが、超脱と病的恐怖がいよいよ出てくるのは「不健全な段階」だからいいのか。

 

堕落しつつあるタイプ5は誰かと接触することができなければ、現実に触れるところに立ち戻る方法はほとんどない。

エビデンス皆無な事言うと、タイプ5ってダントツでボッチ率高いと思うんだが難易度高すぎ問題。比較的健全な時に人間関係作っておけということか。