NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

タイプ1ー怒りと完璧さをめぐる諸問題

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

  • 作者: ドン・リチャードリソ,ラスハドソン,Don Richard Riso,Russ Hudson,橋村令助
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

上記書籍を参考にしました。

 

 皮肉なことに、タイプ1は、もともと自分自身が完璧でないことに腹を立てているときに、最も不公正なことに他者に怒りのはけ口を求める。通常から不健全までのタイプ1は、自分自身の混乱した感情を解消するのではなく、他の至るところに欠点を見つける。自分の独善的な怒りがタイプ1を攻撃的にする。しかし、タイプ1は性格自体として攻撃的な性格タイプではない。実際にはタイプ1は自分の理想、つまり、自分の超自我に盲従する。それは、理想は、自分自身も含めて、あらゆるものを測る物差しだからである。彼らの性格にある攻撃は、理想に完全に従わないことに対して、自分自身と他者に向けた怒りとして表現される。 

 さらに、彼らの怒りは、自分自身にも他者にも非常に重い荷を負わせるという事実の表れである。完璧さとは、人には耐えられない重荷である。タイプ1にとって受け入れがたいのは、人として当然の状態である肉体と精神の相互依存である。自分自身の非理性的な部分は、理性的な部分と同じやり方では、完璧なものにすることも統御することもできない。にもかかわらず、非理性的な自己を統御しようとし、理想に合わせるために自分自身の中にある基本となるものすべて、すなわち、人間的なものすべてを否定する。最後には、人間であることに罪悪感を感じる。自分は天使ではないとして非難されるのが怖い。

 しかし、健全なときは、人生に客観的に向き合うので、自分自身も含め、人としての現実にしっかり接触を保っている。すべての性格タイプの中で、最も明敏で、道徳的で、合理的であり、他者にも自分自身にも寛容である。自分の理想をあらゆる状況下ですべての人に同じようには適用させられないことを認識する。 しかし、不健全なときは、その人間性が歪んでしまっているので、彼らの振る舞いは美徳をひねくった戯画になる。不健全なタイプ1は、自分がより大きな罪を犯しても自分自身を赦すのに、他者の失敗はどんなに小さくても罰を加える。彼らは人間性との接触を失ってしまったので、完全に無慈悲になる。理想が人間の役に立たないのなら、彼らは何の目的に奉仕すればいいのだろう?

 

感想

平成18年版 文部科学白書 第2部 第1章 第1節 1.生涯学習の意義−文部科学省

大分関係のない話で申し訳ないが、「生涯学習」の理念が頭をよぎった。あれも結構な理想論といえば理想論。

 

あくまで理想を追及することに伴う怒り&攻撃な点がポイント。具体的な事は伏せるが、よりよい状態(理想)を追及する→よくない状態の物が目につく→ムカ着火ファイヤー、という事件が存在したような気がするが多分気の所為。

 

この例から学ぶと、理想を追及しすぎると、それに則らないのではなく「則れない」人間がダイレクトに被害を被る場合があると思われる。