NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

〈思考の三つ組〉の中でのタイプ5

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

  • 作者: ドン・リチャードリソ,ラスハドソン,Don Richard Riso,Russ Hudson,橋村令助
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

上記書籍を参考にしました。

 

 タイプ5は、思考の三つ組の一員である。彼らが抱える潜在的な問題は、行動よりも考えることを重要視し、自分の思考に深く没頭することから生じる。タイプ5はあまりにも多くのことを考えるため、その頭脳の世界はそれだけで占められ、実質的に他のすべてを排除する。これは、タイプ5がまったく行動しないと言おうとしているのでなく、独立して展望の利く地点から世の中を見る方が、行動の世界にいるよりは頭の中がずっと安らぐのである。 

 思考の三つ組のタイプ5・6・7は、自分自身の外の世界に関心を集中させる。このことは、タイプ5が自分の思考に没頭しているという記述に矛盾しているように見えるかもしれないが、実際には矛盾はしていない。タイプ5は、さまざまな理由によって外の世界に関心を集中させるが、中でも最も重要な理由の一つは、彼らが考えをめぐらす素材は、彼らの感覚認識を通じて来ることにある。彼らにとっては自分自身の外にあるものは確かなものではないので、その認識の正確さにはまったく確信が持てない。彼らがただ一つ確実に知っているものは、自分自身の思考である。このことから、彼らの注意の焦点は外の環境にありながら、他方では環境についての自分の思考と同一化する。彼らが抱える多くの問題でその源となるのは、自分が現実の中で行動できるようにそして、確信を持って物事を「行なえる」ように、世界に対する自分の認識を現実と調和させる方法を発見する必要である。

 

感想

この本の別の箇所でも指摘されていたが、ユングのタイプ論における内向思考と説明がドンピシャ。

 

9段階を下の方に下っていくにつれて行動力がどんどんダウンしていく。タイプ8に統合すると行動力がアップし、タイプ7に退行すると思考すら残念な事になってくる。