NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

〈感情の三つ組〉の中でのタイプ3

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

  • 作者: ドン・リチャードリソ,ラスハドソン,Don Richard Riso,Russ Hudson,橋村令助
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

上記書籍を参考にしました。

 

 タイプ3は、感情の三つ組における性格の根源的タイプであり、自分の感情面での生活と最も接触を失っている。これは、自分がもっと効果的に機能するために、自分自身の感情と本当の欲求を脇に置いてしまうことを学び取ったからである。タイプ3は、自分のすることだけで評価されると信じていて、うまく成し遂げること、「仕事をやり遂げること」、「成功」がどう定義づけされようとも自分の努力で成功することに、自分のエネルギーを注ぐ。さらに、タイプ3は他者から肯定的な反応が欲しいので、良い印象を生み出すと自分が信じたやり方で行動することを学び取る。これは、一定の状況下では有用な方向づけになり得るとしても、生き方の習癖にもなってしまう。つまり、そんな行為が不適切であったり、あるいは、少なくとも制限されているような状況下でも、そのように振る舞ってしまう。自分自身の本当の感情を処理するのを、いつまでも引き延ばしていれば、そのうち時間切れとなって、その感情に触れることがむずかしくなる。外見と実体、他者に投映しているイメージとその裏にある現実の姿との間に深い亀裂が広がる。そのため、そのイメージだけが現実のものとして残る。彼らは自分自身の感情と必要から遠くに引き離されてしまうので、 もはや自分が何者かがわからない。イメージだけが自分の持つすべてであると信じる。ここまで来ると、自分の得ている確認が何であれ、それはすべて自分自身にではなくイメージに反応したものなので、どれほど賞讃を浴びようと、成果を達成しようと、自分が向上したと感じさせてはくれない。この性格タイプの人にとっては、内面志向になること、つまり、自分の本当の感情と自分自身の本当の価値に従って自分自身を人間として成長させることは、大きな挑戦である。タイプ3にあっては、ほとんどの人がどこまで自分自身を捨て去っていたか、その程度に気づいていない。まして、自分が執拗に追い求めてきた夢が自分自身の夢ではないとわかったときに、その現実を認めることは非常にむずかしい。

 

健全な段階

 健全なタイプ3は他者から愛され、賞讃され、盲目的に崇拝されさえもする。それは、そのための性質と技能を身につけるために努力を重ね、ほとんど理想的な高さにまでそれらを備えたからである。しかし、皮肉なことに、健全なタイプ3が自分には価値があり役に立つと感じるのは、他者からの証明があるからではなく、自分自身の心に触れていて、その心に導かれているからである。もちろん、他者からの注目と賞讃は得られれば素晴らしいが、健全なタイプ3はそれに左右されることはない。賞讃されることがなくても、彼らは自分の目標を追い求めていくであろう。健全なタイプ3が抗いがたいほど肯定的な自尊心を持っているのは事実であり、であるからこそ他者の意見に影響されることはない。彼らは生き方が自由で断固としているので、彼らを非常に尊敬している人々は強く引きつけられる。健全なタイプ3は自分の感情とより完全に統合してもいるので、私的生活の上でも仕事の上でも、心温かく、偽りがない。健全なタイプ3は傑出した人物で、人間性の花形である。 

 

通常の段階

 通常のタイプ3は自尊心を感じない。彼らは、自分が目標を成就したときだけ、あるいは、クラスで一番になるなど、大きな成功を収めてスターになったときだけ、自分自身に対して「よし」と感じることができると信じている。そのため、どんなものでも成功と名声の名のつくもののために他者と猛烈に競争するようになる。そうしないと、自分に価値があるという感覚を持てないと信じ込んでいるからである。自分には価値がないという感情を抑え込んでいればいるほど、タイプ3は「勝者」になろうと懸命になるようである。不幸なことに、勝者が持たなければならない資質を自分自身の外で決めてもらうことを期待してもいる。自分自身を成長させる代わりに、好もしい印象を与えると思えるイメージを投映するという手段に訴える。実利的で計算高く、欲するものを手に入れるために自分のイメージを変えることができる。絶望的になり空虚さがつのるにつれて、もっと賞讃を得ようと自分自身を誇示し、見せかけを良くしようとし始める。 しかし、本当の自分をありのままに見せていないので、世界中の注目を集めたとしても、彼らの心を動かすことはできない。

 

不健全な段階

 不健全なタイプ3は、自分がまだ勝っている、まだ上位の人物という幻想を持ち続けることができるように、自分自身も他者も欺く。自分がさらけ出され、恥をかかせられる危険に瀕すれば、極端に婿になる。深い精神的な問題を抱えた人はどのタイプでも不健全なタイプ3と同じであり、人として機能することがむずかしい。しかもタイプ3にとっては、あるいはこの段階では、機能することが最も肝心なことである。たとい人目には機能していると見えるだけでもよい。誰かが自分の機能障害に気づきはしないかと恐怖に駆られる。今や自分が完全に同一化しているイメージが崩れるかもしれないと怖れ、そういう怖れを与えると思える人は誰でも抹殺しようとするので、きわめて危険な存在になり得る。

 

感想

この性格タイプの人にとっては、内面志向になること、つまり、自分の本当の感情と自分自身の本当の価値に従って自分自身を人間として成長させることは、大きな挑戦である。

 

タイプ3って自分のタイプ誤認起きやすそうだな。どこだか忘れたが、自分をタイプ6だと誤認したタイプ3の話があった。どのタイプと誤認してもおかしくはないのか。