NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

④社会・感情・性格 「酸っぱい葡萄」と「認知的不協和理論」

f:id:entpintp:20180818202935p:plain

1時間頑張ってKONOZAMA。葡萄がめっちゃマズそうに見える。

 

「酸っぱい葡萄」とは

 

 「イソップ物語」にみえる寓話(ぐうわ)の一。キツネがおいしそうなブドウを見つけるが、高いところにありどうしても手が届かない。しまいには「あのブドウはきっと酸っぱくてまずいに違いない」と言って去る。

酸っぱい葡萄(スッパイブドウ)とは - コトバンクより引用。

 

認知的不協和理論

認知的不協和理論(フェスティンガーが提唱)

 

キツネにとって

1.葡萄が食べたい。

2.葡萄が手に入らない。

この2つの都合の悪い矛盾する事実が「認知的な不協和」をもたらす。この認知的不協和を解消するには、1か2のどちらかを曲げる、もしくは「葡萄は体に悪い」といった新しい情報を加える必要がある。

 

このキツネは「実はあの葡萄は酸っぱい(だから手に入らなくても全く惜しくない)」というように、葡萄の価値を下げる事で認知的な不協和を解消した。この心の均衡を保とうとする心理作用を「認知的不協和理論」と呼ぶ。

 

ツルちゃんとすっぱいぶどう

f:id:entpintp:20180818204847p:plain

むかしむかしあるところに、全財産を『財●』に使い込んだ、頭が3色な「ツルちゃん」がいました。ツルちゃんは木に実ったお金を見つけて、欲しくて堪らなくなりました。

 

f:id:entpintp:20180818204910p:plain

しかしジャンプしても中々諭吉に手が届きません。

 

f:id:entpintp:20180818204936p:plain

ツルちゃんはいよいよ諦めて「ふん、あんなの偽札に違いない。しかもお金持ちは心が汚いから、自分は別にお金なんてほしくない。早く家に帰って題●●唱しよう」と捨て台詞を吐いて公営住宅へと帰って行きました。

 

真面目に解説書こうと思ったんだが、既にめっちゃ詳しいサイトがあるんで、この糞イラストを見て「認知的不協和理論」って言葉だけ覚えてくれ。