NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

〈感情の三つ組〉の中でのタイプ4

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

  • 作者: ドン・リチャードリソ,ラスハドソン,Don Richard Riso,Russ Hudson,橋村令助
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

上記書籍を参考にしました。

 

 タイプ4は、創造性と自分主義で、内向性と自己陶酔で、自分を苦しめ憎悪することで、感情という主観 的世界を強調する性格タイプである。この性格タイプの中に、私たちは、創造的な芸術家、空想的な審美家、 引きこもった夢想家を多く見ることができる。彼らは強い感情を持っていて、自分自身を理解することを自己意識が妨げるために、人とは違っていると感じる。

 タイプ4は、すべての性格タイプの中で最も自己を意識する人であり、これが自分について最も肯定的でも否定的でもあることの基礎である。私たちの目には、タイプ4は絶え間ない葛藤の中にいるように見えるが、その葛藤は、自分自身を見つけられるように自分自身に気づく必要と、同時に、自己意識の罠にはまらないように自己認識を超えて動く必要との間に生まれる。自己意識と自己超越の間にある緊張は、創造行為の中で解消することができる。創造に当たっては、健全なタイプ4は、自分の情動に浸りきることなく、その情動を活用して美しいものを生み出すだけでなく、自分が何者かを発見する。霊感を受けるときは、逆説的ではあるが、最も自分自身であり、同時に、最も自分自身から解放されている。これが、なぜあらゆる形の創造性がタイプ4によって重んじられ、また、なぜ霊感を受けた状態では創造性を保持し続けることがむずかしいか、ということの理由である。タイプ4が霊感を受けるとすれば、初めて自分自身を超越したときだけであるが、それは自己像に大きな脅威を及ぼすことでもある。そこで、ある意味では、自分自身を探さないことを学ぶことによってだけ、自分自身を見つけ、その過程で自分自身を取り戻す。

 

健全な段階

 健全なタイプ4では、無意識の豊かな世界に近づけるようになり、それに形が与えられる。他のどの性格タイプよりも、健全なタイプ4は人間の持つ精神性と動物性との間の架け橋である。なぜなら、彼らには自分自身のこの二つの面がよくわかっているからである。人間が降りて行ける深淵だけでなく、登り得る高みも彼らは自分自身の中に感じ取る。他のどの性格タイプも、人間の潜在能力と苦境を生得のものとしてわかってはいない。人間は、存在の二つの理法の間に窮屈な場を占める精神的な動物である。タイプ4は、潜在的に相争う性質の両面を感じ取り、そのために深く苦しみ、あるいは、恍惚となる。健全なタイプ 4が最高の状態のときは、他者を深く感動させるものを創造するのは、これが理由である。それは自分自身の心の中を深く掘り下げることによって人間性の隠された深淵に触れることができていたからである。その ようにして彼らは自分自身を超越し、人間性に関する何か普遍的なものを発見することができて、個人的な葛藤と湧き出る感情を芸術の中に融合する。

 

通常の段階

 しかし、他の誰もと同様に、たいていのタイプ4は、潜在能力を最高に活用して生きているわけではない。 不安に反応して内向し、特に、自分自身の中に見つけた否定的なものに対して自意識過剰になる。否定的な感情を埋め合わせるために、想像力を生かして人生をより堪えられるものにしようとする。その結果、通常のタイプ4はふつうの生活から引き下がるようになる。自分のことに夢中になり、人との関わり方や実世界で生きていく方法を学ぼうとしない。彼らは局外者のように感じ、どうしたものか欠点があって他者とは違っていると感じ、世界との気楽な付き合いから自分を切り離している自己意識の壁を破ることができない。

 通常のタイプ4にとっての問題は、自分の感情を内省することによって自分自身を理解しようと試みることである。自己を求めて内面に動くにつれ、非常に鋭く自己を意識するようになるので、その個人的な感情の状態が彼らにとって支配的な現実になる。そして、通常のタイプ4ですらも自分の情動に絡み取られるので、ふつう、自分の感情を直接に表現することはせず、間接的に、しかも象徴的に相手に伝える。 したがって、彼らの性格は全体として内向し、自己陶酔を強める方向に向かう。それは、自分が他者とは異なっていると感じ、自分はなぜそのように感じるのかを知りたい、と思うからである。しかし、皮肉なことに、彼らは、自分の情動という迷路をたどって源を突き止められるように、人生から身を引くことによっ て人生における自分の場を見つけようとする。しかし、身を引いてしまったために、通常のタイプ4でさえ、 目立つような大きな困難を抱えて人生に立ち向かわなければならない。一方、不健全なタイプ4は、すべての性格タイプの中で最も厳しい感情的な困難を抱えることになる。

  タイプ4は、ある種の際立った方法で感情面でのさまざまな困難を混ぜ合わせる傾向がある。タイプ4は自分自身を感情と一体化させているので、どんな行動を取るときでも感情の深さを求めるようになる。何かについて深く感じれば感じるほど、その感情が真実のものとして感じられる。そのため、通常のタイプ4は想像を利用して感情の生命を「奮い立たせる」ようになる。誰かとほんの束の間でも出会いがあれば、何時間もその出会いの思い出に浸っていて、最後の一滴まで「感情のジュース」を絞り出す。問題は、そのまま他者と交わり続けたり、実際面での必要を気にとめていると、自分の気分や空想を保ち続けることがむずかしくなることである。感情の状態と自己像は現実が無縁になるほどにまで純化される。次第に人生や現実の人間関係、体験などから引きこもっていって、強い夢想や気分を他者に妨げさせないようにし、また、起きるかもしれない当惑や屈辱を避けようとする。結局は、自らの主体意識と感情面での必要を支えてくれるわずかな人々と交流を持つだけになる。しかし、カーテンを引いて世間から顔を背けるにつれ、感情の源泉からも創造性からも、つまり、世界との関わりから自分自身を切り離すことになる。

 

不健全な段階

 不健全なタイプ4であれば、他のどんな影響力からも自分自身を孤立させてしまっているため、自分の否定的な感情に蝕まれることになる。不健全なタイプ4は、他者から完全に遠ざかり、皮肉なことに自分自身からも遠ざかっているために、苦痛を与えている自己意識から抜け出す途を探すことにも絶望する。彼らは、 自己の探求が空しい空想と幻想の世界に自分を連れ込んでしまったことを知る。自分自身にしたことをあまりにもはっきりと理解し、もはや手遅れで何もできないのではないかと怖れて、不健全なタイプ4は自分自身を憎み、苦しめ、そのような状態になってしまった自分を破壊するために自分自身に襲いかかる。

 

感想

〈思考の三つ組〉の中でのタイプ5と比べて情報量多いなと思ったが、タイプ5の情報量がやたら少ないだけか。

 

この書籍見ているとタイプ4の記述がやたらと出来がいい。逆に筆者A曰く、タイプ7の説明が微妙らしい。