NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

タイプ3ー敵意と自己中心主義をめぐる諸問題

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

  • 作者: ドン・リチャードリソ,ラスハドソン,Don Richard Riso,Russ Hudson,橋村令助
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

上記書籍を参考にしました。

 

 この三つ組に属する他の性格タイプと同様に、タイプ3は敵意をめぐる問題を抱えており、あまり健全ではないタイプ3においては、自分の自己像を脅かすと信じる人なら誰に対しても、執念深い悪意としてその敵意を表に出す。タイプ2とタイプ4は間接的に敵意を表すが、通常から不健全までのタイプ3はもっとあからさまに敵意を表す。そのやり方は、尊大に他者から距離を取ることから、他者を種にした嫌みなユ ーモア、当てこすりでくさす言葉、人を妨害したり裏切ることなどまで、実にさまざまである。敵意はタイプ3にとって二つの点で役に立つ。すなわち、第一に自分が力不足であるという感情を補う点で、第二に、どういうわけか彼らの脆い自尊心を揺るがす人を遠ざけておく点で。特に後者の点では、健全さを欠いたタイプ3は、自分が賞讃したり、魅力を感じて引きつけられる人に対してすら、敵意を持つことがある。

 通常のタイプ3は、すべての性格タイプの中で最も自愛的な人である。健全なタイプ3は高い自尊心をしっかり持っているのに、通常のタイプ3は膨張を続ける利己心を中心に自らの主体意識を築く。彼らは完全に自分自身に惚れ込んでいるように見える。しかし、もっと正確に言えば、本当の自己というよりも、自分の膨張したイメージに惚れ込んでいる。自分の限界を現実として受け入れることも含めて、本来の自分として自分自身を愛するのではなく、その裏に隠れた未発達の人間とはほとんど似ても似つかぬ偽りの外見を愛する。

 タイプ3は、自分自身を証明するために他者の欲求と期待に自分自身を順応させるので、実際には自分がどういう人物で、人生で何を求めるのかについて、はっきりした感覚を失うことがある。通常から不健全までのタイプ3にあっては、自分自身が認められたい動因が非常に大きくなるので、他にも持って当然の必要を押し流してしまう。加えて、真正の自己に対する感覚が次第に遮断されるので、通常のタイプ3は、自分がなろうと努力している傑出した人物に自分がもうなっていると自分自身に思い込ませようとして、内面での「激励演説」に夢中になる。 

 自己愛の人はもっぱら自分自身を気遣う。他者に対しては、自分を考えてくれる程度に応じてしか気遣いをしない。彼らは、他の誰かの感情や必要を重要視する能力が限られていて、きわめて自己中心的のままである。通常のタイプ3がいったん自愛的になってしまうと愛を受容する力をほとんど持たず、互いに満足できる人間関係を長続きさせることがほとんどできないのは、これが理由である。どちらの側も同じ人間、すなわちタイプ3に惚れ込んでいるため、人間関係は偏ったものになる。

 もちろん、彼らの自己愛は彼らを他者との絶え間ない葛藤の中に置く。自分の優越性をあまりにも強く信じるため、通常のタイプ3は賞讃を受けたいと思っている当の相手と競争する。あたかも他者は、自分の一挙手一投足にいつでも限りない喝采を送る信奉者にすぎないとでもいうように、これ見よがしに振る舞う。 他者が喝采しなければ、タイプ3は相手に「反抗的な態度」を取るか排斥するかする。さらに悪いことには、 自己愛に陥ったタイプ3は、自分が賞讃を得たい相手を軽蔑しているときでさえ、その相手が自分を賞讃することを要求して、侮辱を加え、傷つける。

 問題は、自己愛は真の自尊心と同じものではないことである。通常のタイプ3は冷静で、控え目に落ち着いているように見えるが、自分自身に本当には安心していない。なぜなら、彼らの自尊心は自らが開発した真の力量に基づいてはいずに、他者の注目を集める手腕に基づいているからである。タイプ3は自分に対する他者の反応に巧みに調子を合わせるし、ちょうどその時に必要などんなイメージでも投映することで対応することができる。しかし、イメージの持ち駒はそれに見合うだけの実体を持たないために、何をやるにしても、それは確認を求めるだけのものでしかないし、また、表現しようとしていることが何であれ(「政治的に正しく」ても)、それに個人として約束していたり、深く関わっているという理由からするのでもない。

 皮肉なことに、外見の裏には他者に対する深い依存性が隠れているが、自己愛を求めているためにその依存性を認めることができない。ひとたび自己愛が優勢になれば、タイプ3は他者と一緒に暮らすことができず、かといって、他者がいなくては暮らせない。なぜなら、彼らは自分が依存している相手に対して敵意を 持ち、しかも、他者に注目されなければ「取るに足らない者」と感じるからである。

 

感想

この本とは別に、ナランホの本では「虚栄、ごまかし」だの割とボロクソ言われているタイプ3。日本語訳でごまかしって言葉を選ぶあたりにセンスを感じる。

 

エニア知ってると「こいつはこういう人間」で済むんだが、知るまではピーにしか見えんかった。