NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

タイプ9ー意識性と個性をめぐる諸問題【解説版】

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

  • 作者: ドン・リチャードリソ,ラスハドソン,Don Richard Riso,Russ Hudson,橋村令助
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

上記書籍を参考にしました。

 

・タイプ9は独立した個人であり、他者に対して影響力を持つ。

・自分自身を無視することはできないし、自分の潜在能力を未発達のままにさせておくこともできない。

・夢を見ているような半意識の状態で生きている限りは、間違いなく調和を失う。

 

ユングのタイプ論において

タイプ9は、ユングの内向型感覚タイプに相当する。タイプ9は自らの安らぎと他者との結びつきを、あるがままの他者にではなく、理想化した他者の姿を通じて保つ。

 

段階の低い状態において

・タイプ9の場合は見事に他者に合わせているので、他のタイプに比べると、利己心を読み取ることがむずかしい。

・タイプ9の利己心には独特の形がある。非常に多くの価値を犠牲に、ある意味では、現実のすべてを犠牲にしてもかまわないと思っている。そうすれば、内面の平穏を保っていられる。

・自分の感情に気づくことに慣れていないので、不安になったり、感情面で刺激を受けたりすることは、異常なほどに脅威を感じる。

・結局は何事にも対処することができなくなる。

・お粗末な判断をして、ときには悲劇的な結果を招く。

・自分のしたことに嫌でも正面からまともに取り組むように強制されることがある。

・自分には不可能と思える努力をするよりも、現実に対しては完全に背を向けていたい。

 

健全~不健全において

健全なタイプ9

・最も満ち足りて感じの良い人物になり得る。

・並外れて受容性に富み、人々にはあるがままに自分を受け入れてくれていると感じさせる。

・葛藤と別離、成長と個性を自分の人生に受け入れることができる。

・自分自身でいられ、しかも、自分自身をありのままに見せることに喜びを覚える。

 

通常のタイプ9

・表に立たず、のうのうとして、変化を怖れるようになる。

・現実に対処したくない。

 

不健全なタイプ9

・自分に介入してくるものには何であれ、すべて抵抗する。

・非現実の世界に生きていて、必死になって幻想にしがみつく。