NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

タイプ9ー意識性と個性をめぐる諸問題

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

  • 作者: ドン・リチャードリソ,ラスハドソン,Don Richard Riso,Russ Hudson,橋村令助
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

上記書籍を参考にしました。

 

 彼らがそれを認めたいか認めたくないかは別にして、タイプ9は独立した個人であり、他者に対して影響力を持つ。自分自身を無視することはできないし、自分の潜在能力を深刻な代償を払わずに未発達のままにさせておくこともできない。夢を見ているような半意識の状態で生きている限りは、彼らは他者との間で調和を見出すどころか、間違いなく調和を失う。半意識下では、彼らの人間関係は、理想化された幻想も同然である。

 

ユングのタイプ論において

 タイプ9は、ユングの内向型感覚タイプに相当する。ユングが記述している内容は、私たちが通常から不健全までのタイプ9と考えているものと同じである。彼らは自らの安らぎと他者との結びつきを、あるがままの他者にではなく、理想化した他者の姿を通じて保つ。ユングも言っているが、当の相手は、次の理由から、「価値が下げられた」と感じるかもしれない。

 

 彼はその穏やかさと受動性、あるいは、理性的な自制心で際立っているかもしれない、特に9w1であれば。この特徴は、表面だけ見ると判断をしばしば誤らせることになるが、実際は、対象に関わりを持たないことに由来する。常態では、対象は意識的に価値を下げられる ことはまったくなく、対象の持つ刺激が対象から切り離され、主観的な反応が直ちにそれに取って代わる。その反応は、対象の実体とはもう何の関わりも持っていない。これは、当然、価値の切り下げと同じ効果をもたらす。こうしたタイプは、そもそもなぜ人は存在するのか、という質問を簡単に口にすることができる.........。

 これを外から見ると、対象の影響が主体にはまったく浸透しなかったように見える。主観の内容というものは、実際に、無意識から干渉して対象の影響を遮断するのであるから、この印象は正しい。無意識からの干渉は非常に急に来るかもしれないので、人は、対象の影響力がどんなものでも直接には及ばないように、自分自身を隠そうとしているように見える......。もし対象が人間なら、その人は完全に価値が引き下げられたと感じる。しかし、主体の方は幻想のような現実認識を持っていて、その人が病的な場合は、その認識が大いに働くので、もはや現実の対象と主観的認識とを区別することができない。.........そうした行動は、客観的現実とは無関係で人を惑わす特徴を持っており、人を極端にまごつかせる。 その行動は、このタイプの主観が現実から遊離していることを即座に明らかにする。しかし、対象の持つ影響力が完全に現れないときは、善意から出たどっちつかずの状態に出会い、共感を表して見せることはほとんどないものの、絶えず落ち着きをもたらし、順応しようと努める。低すぎるものは少し引き上げられ、高すぎるものは低められる。熱狂には水がかけられ、行きすぎは抑制される。そして、ふつうの状態から外れたものはすべて正しい基準に戻される。これらはすべて、対象の影響力を必要な限 度内にとどめるためである。このようにして、このタイプは自分の環境にとっての厄介者になる。なぜなら、彼がまったく無毒無害であることは、まったく疑いの余地がないということではないからである。そういう状況になると、彼はたやすく他者からの攻撃と傲慢さの犠牲になる。こうした人は、最初は侮辱されるがままになっているが、やがて最も不適切なときに、はっきりとは感じ取れずひねくれた形で、相手に倍加する報復を加える。(C・G・ユング心理学的類型』三九六~三九七頁)

 

段階の低い状態において

 発達段階の下の方では、タイプ9も、他の誰もと同じように、独自の形で利己心を持っているので、「自分の環境にとっての厄介者」である。しかし、タイプ9の場合は見事に他者に合わせているので、他のタイプに比べると、利己心を読み取ることがむずかしい。彼らの利己心には独特の形があって、非常に多くの価値を犠牲に、ある意味では、現実のすべてを犠牲にしてもかまわないと思っている。そうすれば、内面の平穏を保っていられる。自分の感情に気づくことに慣れていないので、不安になったり、感情面で刺激を受けたりすることは、通常から不健全までのタイプ9にとっては、異常なほどに脅威を感じることである。実際に、感情面の反応がどんなものであっても、その反応は自分が保ってきた抑圧の完全さを粉砕する。その反応は、不安であれ、攻撃であれ、何か他のものによってであれ、何によって引き起こされてもかまわない。その結果、通常のタイプ9はいかなる犠牲を払ってでも安らぎを求めるが、その代償は不本意に払うものであり、自分自身も含めてすべての人と物との結びつきを失うことになる。

 「現実に目をつむる」ことで安らぎに必死にしがみついていると、結局は何事にも対処することができなくなる。問題をやり過ごそうと急ぐあまり、何事にもまともに直面せず、問題は決して解決されない。彼らは見当識を失って、まるで夢遊病に罹って人生を歩んでいるようになる。お粗末な判断をして、ときには悲劇的な結果を招く。さらに、怠慢と遊離がもたらす結果を、少なくとも他者は、永久には見過ごしてくれない。不健全なタイプ9は、どんな代償を払っても避けようとしていたのに、自分のしたことに嫌でも正面からまともに取り組むように強制されることがあるかもしれない。彼らは、世界を元通りに正すような、自分には不可能と思える努力をするよりも、現実に対しては完全に背を向けていたい。

 

健全なタイプ9

 しかし、健全なタイプ9は想像できる限り最も満ち足りて感じの良い人物になり得る。彼らは並外れて受容性に富み、人々にはあるがままに自分を受け入れてくれていると感じさせる。彼らが持つ平和は非常に円熟しているので、葛藤と別離、成長と個性を自分の人生に受け入れることができる。彼らは自分自身でいら れ、しかも、自分自身をありのままに見せることに喜びを覚える。

 

通常のタイプ9

しかし、ひとたび心の平和の追求が適切さを欠くようになると、通常のタイプ9は表に立たず、のうのうとして、変化を怖れるようになる。彼らは現実、自分自身の現実にしろ、他者の現実にしろに対処したくない。

 

不健全なタイプ9

そして、不健全なタイプ9は、自分に介入してくるものには何であれ、すべて抵抗する。彼らは非現実の世界に生きていて、自分の世界が崩壊しても、必死になって幻想にしがみつく。

 

感想

こちらもタイプ6と同じく、対応する機能をFiで解釈してしまったが、こうしてみるとSiと言われても納得する。結局タイプ369に対応する心理機能は空欄の方が無難な表記かもしれない。