NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

タイプ9ー抑圧と攻撃をめぐる諸問題

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

  • 作者: ドン・リチャードリソ,ラスハドソン,Don Richard Riso,Russ Hudson,橋村令助
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

上記書籍を参考にしました。

 

本能の三つ組のタイプ9

 タイプ8やタイプ1と同じように、タイプ9は心の働きの一部を抑圧することについて問題を持っている。この三つの性格タイプはどれも、一つの未発達な分野を別のもので過剰に埋め合わせる。本能に関しては、タイプ9は、他者に対して自分がより受容的でいられるように、自己を主張する能力を抑えつけてきたという問題を抱えている。その結果、彼らの自己感覚は非常に抑圧されて、独立した個人としてはほとんど機能せず、そのため、自分自身をまったく考慮に入れずに、誰か他の人を通じて生きる。もっと悪い場合は、ぼんやりした幻想の世界でしか生きない。自分自身を抑えつけることで、自分自身への意識、他者への意識、そして、世界に対する意識は次第に差がなくなっていき、何ものも自分を悩ませないようにする。彼らは遊離したようになる安らかでいるが、現実とは関わらない。

 

通常から不健全な段階

 安らかでいたいということは、確かに何も悪いことはないが、問題なのは、通常から不健全までのタイプ9はあらゆる努力と葛藤を避けようとして、それが行きすぎる傾向があることである。彼らには、ときには 自分自身を主張することが必要であることがわからない。それは、自分自身を主張すれば、それがそのまま他者との人間関係を脅かすことになるかのように、自己主張と攻撃とを同等視するからである。実のところ、彼らは自分自身を主張することを怖がってもいるが、それは、そんなことをすれば、強い感情が自分の中に燃え上がるがままにさせることになるし、強い感情は安らかな状態を保つのには役立たないからである。その結果、タイプ9は自分の攻撃的な衝動を完全に抑え込むので、結局は自分にそのような衝動があることに気づかない。しかし、自分の攻撃に気づかないからといって、そうした感情が存在しないとか、そのような衝動が彼らの振る舞いに影響を与えない、ということではない。

 

攻撃性の無視

 タイプ9の特色は、攻撃性の存在を無視することによって攻撃がもたらす問題を「解決する」ことにある。タイプ9は無意識のうちに攻撃的に振る舞っても、そうした行為をあっさり否定するだけである。したがって、ある程度までは、通常から不健全までのタイプ9の平和は、何らかの幻想、一種の意識的な盲目、自己欺瞞の一種であるにすぎない。自らの安らぎを保ち続けるために自分自身を自分自身からそして現実から切り離してしまったことが、彼らにはわからない。しかし、皮肉なことには、彼らの受動性と否認、他者に対する無関心、次第に進む環境からの遊離などは、すべて攻撃の消極的形態受け身の抵抗であり、現実からの攻撃的な自己抑制である。タイプ9は、自分が思っている以上に、遙かに攻撃的であり、その否認され抑圧された攻撃は、自分自身に対しても他者に対しても破壊的に働き得る。

 

感想

タイプ9の特色は、攻撃性の存在を無視することによって攻撃がもたらす問題を「解決する」ことにある。

 

その発想はなかった。タイプ9の知人を思い返してみると、そういうことか。