NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

タイプ9ー抑圧と攻撃をめぐる諸問題【解説版】

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

  • 作者: ドン・リチャードリソ,ラスハドソン,Don Richard Riso,Russ Hudson,橋村令助
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

上記書籍P443~444を参考に作成しました。

 

本能の三つ組のタイプ9

・心の働きの一部を抑圧することについて問題を持っている。

・他者に対して自分がより受容的でいられるように、自己を主張する能力を抑えつけてきたという問題を抱えている。

・自己感覚は非常に抑圧されて、独立した個人としてはほとんど機能しない。

・自分自身をまったく考慮に入れずに、誰か他の人を通じて生きる。

・もっと悪い場合は、ぼんやりした幻想の世界でしか生きない。

・遊離したようになる安らかでいるが、現実とは関わらない。

 

通常から不健全な段階

・あらゆる努力と葛藤を避けようとして、それが行きすぎる傾向がある。

・ときには 自分自身を主張することが必要であることがわからない。

・自分自身を主張すれば、それがそのまま他者との人間関係を脅かすことになるかのように、自己主張と攻撃とを同等視する。

・自分の攻撃的な衝動を完全に抑え込むので、結局は自分にそのような衝動があることに気づかない。

・しかし、攻撃的な感情自体は存在し、振る舞いに影響を与えることもある。

 

攻撃性の無視

・攻撃性の存在を無視することによって攻撃がもたらす問題を解決する。

・無意識のうちに攻撃的に振る舞っても、そうした行為をあっさり否定する。

・自らの安らぎを保ち続けるために自分自身を自分自身からそして現実から切り離してしまう。

・タイプ9は、自分が思っている以上に、遙かに攻撃的であり、その否認され抑圧された攻撃は、自分自身に対しても他者に対しても破壊的に働き得る。