NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

タイプ7ー不安と自信のなさをめぐる諸問題

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

  • 作者: ドン・リチャードリソ,ラスハドソン,Don Richard Riso,Russ Hudson,橋村令助
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

上記書籍を参考にしました。

 

思考の三つ組のタイプ7

 この三つ組に属するタイプ5やタイプ6と同じように、タイプ7は不安をめぐる問題を持っており、不安に対する防衛として、一定の思考と行動の様式を発達させる。前述のように、タイプ5は外界に対処する能力について怖れと不安を持っているので、外界から引きこもる。タイプ7はほとんどその正反対である。 彼らは自分の「内面の」世界悲嘆と喪失と不安に対処する自分の能力について怖れと不安を持つ。その結果、彼らは外の世界に逃げ込み、それと充分に交流することを求めることによって、内面での感情の痛みに対処するのを避ける。

 

不安の抑圧と外向性

 タイプ7は、自分を興奮させる着想や可能性に自分の注意を引きつけておくことによって、不安の程度を制御しようとする。彼らは、期待できる活動、つまり、楽しめるとわかっている積極的な体験で自分の頭を満たしておく。不安が頭をもたげるたびに、新しい冒険、新しい書物、参加を目論んでいたワークショップ、刺激を呼ぶような新しい人間関係などで対応する。前向きの期待に注意が引きつけられている限り、痛みと不安をくい止めておくことができる。自分の不安に関わり合っていたくないし、その原因を自分の人生の中で探りたくもない。そんなことをすれば、内面に引き入れられ、さらに不安になるばかりである。もう一つの理由は、その外向性が外の世界にタイプ7を引きずり出し、少なくとも一時的には不安を抑えつけてくれるからである。不安が意識の中に昇って来そうになれば、自分が活動することで得られる気晴らしが、不安を抑えつけてくれることがわかる。しかし、内面の痛みを避けて安全でいるためには、興奮を呼び起こす活動を求め続ける必要があることもわかる。そのため、彼らはもっともっとと体験に打ち込んで、不安に直面したり、不幸せを感じないですむようにする。

 

体験と可能性

 そこで問題が起きる。タイプ7がこれから得られるであろう楽しみの期待で頭を満たせば満たすほど、現在体験しつつあるすべてのこととの接触を失っていく。その結果、今体験しつつあることが彼らに実際の影響を与えることができず、彼らを本当に満足させることもできない。これを、エジプトでピラミッドを見たいと思い続けていた人にたとえてみよう。つまり、ピラミッドの前に立ったときには、その人は、その日の晩にカイロで素晴らしい夕食をする期待に燃え、あるいは、家に帰ってからその旅で撮った写真を友人に見せることを考えたりして、ピラミッドを実際に「見る」ことは「し損なう」。その人の注意は、今しつつある体験の上にはなく、どこかよそに行ってしまっている。その結果当然のこととして、体験の喜びは減じ、タイプ7は飢えたままにさらに多くを求める。

 

通常から不健全な段階

 楽しみが減じていくと、通常のタイプ7は不安で自信がないと感じ、それだけますます過度に行動するようになる。しかし、過度に行動的になると、通常から不健全までのタイプ7は、自分のしていることが楽しめないだけでなく、もっと不安にさえなって、さらにいっそう自分自身を浪費する誘惑に駆られる。行動することが病みつきになってしまうと、この悪循環から逃れるのは次第にむずかしくなることが、彼らにはわからない。

 その上、不安になればなるほど、また、痛みを抑えつければ抑えつけるほど、頭はそれだけ「活性化」し、しかも、さらに大きな面倒を起こすような体験によって、満足を得ることがそれだけできなくなっていく。これは、あたかも頭が身体の二〜三歩先を歩いているようなものである。不安に駆られれば駆られるほど、これからへの期待でさらに心を紛らわせるようになり、しかも、体験が不安を鎮める役にはそれだけ立たなくなる。タイプ7は、怖れから逃れようとし、自分の内面で傷つくので、外の体験の世界に逃げ続ける。しかし、逃げれば逃げるほどさらに大きなスリルが必要になり、それを維持しようとますます一所懸命になる。

 このパターンでの欠陥は、通常から不健全までのタイプ7が行動すればするほど、また、自分の心を紛らわせて痛みを感じないですむようにすればするほど、自分の体験がそれだけ満足を与えてくれなくなる点にある。彼らは、自分の幸せがあやふやなもので、失われやすいことに気づかない。それは、彼らが自分の体験を内面化することがないし、自分の欲望を制御することもないからである。結局のところ、自分から進んで自分の体験に身を入れることがなければ、タイプ7は自分の行為によって満たされることはできない。恐慌状態が高まっていけば、何ものも彼らを幸せにはできないことを悟る。そうすれば、人生は彼らから幸せを残酷にも奪い取ってしまったように思えて、激しい怒りを覚え、恐怖に駆られるようになる。

 

感想

タイプ7というと外でヒャッハーやってる印象が先行するが、内向的なタイプ7でも、可能性に目が行き過ぎる、つまり「今の体験をものにできない」点で共通するようだ。