NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

タイプ8ー攻撃と抑圧をめぐる諸問題【解説版】

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

  • 作者: ドン・リチャードリソ,ラスハドソン,Don Richard Riso,Russ Hudson,橋村令助
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

上記書籍P390~392を参考に作成しました。

 

本能の三つ組でのタイプ8

攻撃的な衝動

本能の三つ組のタイプはどれも攻撃的な衝動を持っている。

・タイプ9…完全に抑圧される

・タイプ1…理想的な仕事に昇華される

・タイプ8…力尽くで表に出される

 

環境への対応

本能の三つ組のタイプは、どれも自己のある側面を抑圧している。どのタイプも、自分に悪いところがあるとは考えていない。本能の三つ組のタイプは、重大な問 題はすべて、自分自身の外部の環境の中に存在すると考える。

 

・タイプ8は環境を支配しようとする。

・タイプ9は無視する。

・タイプ1は改善しようとする。

 

・抑圧のお陰で、自分たちの行動がもたらす結果について不安を感じない。

・感情面での葛藤や自己不信に比較的邪魔されることなく、自分の生き方を通す事ができる。

・こうした性向は、本人の問題は単純化するが、他者にとっては扱いが難しくなる。

 

タイプ8の抑圧

・一見、タイプ8の抑圧はわかりにくい。

・タイプ8は、他者に支配され、傷つけられ、統御されるという怖れに駆り立てられている。

・人生の厳しい現実に対して、自分自身をたくましく鍛えなければならないと信じる。

・自分自身の優しさと傷つきやすさを抑え込む。

 

タイプ8の子供時代

・タイプ8は、ほとんどの人が子供時代に大きな危機を体験した記憶を持っている。

・タイプ8は自分自身をたくましく鍛える決心を固め、自分の傷つきやすさ、柔らかさ、愛への欲求、助けを求める能力などはすべて抑え込んでおかなければならないと感じた。

・内面では他の誰とも同じように怖れているが、タイプ8は、自分の怖れができるだけ意識に刻み込まれないようにすることを学び取っている。

・怖れが意識に刻みつけられでもすれば、その怖れと直接対決できるようなことにわざと挑戦しようとする。

 

人との結びつき

・自分の傷つきやすさを抑え込むことで、他者との結びつきが犠牲になる。

・怖れに屈服していくのにつれて、他者を自分の側に置いておくだけの余裕は持てないと信じるようになる。

・人を信頼することが難しく、自分には他者は必要ないと信じ込む。

・他者が自分のまわりにいるのは、その人たちが何か必要とするものを自分が持っているからであると思う。

・自分がどれだけ他者を求め、他者を愛しているかを認めることを恐れる。