NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

タイプ2ー敵意と主体意識をめぐる諸問題

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

  • 作者: ドン・リチャードリソ,ラスハドソン,Don Richard Riso,Russ Hudson,橋村令助
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

上記書籍を参考にしました。

 

感情センターと敵意

 タイプ2・3・4は、表し方はそれぞれ異なるが、敵意をめぐる共通の問題を抱えている。タイプ2は、自分がどんなものであれ敵対的感情を抱いていることを否定し、他者ばかりか自分自身からも自分の攻撃を隠す。他のすべての人と同じように、タイプ2は攻撃的感情を持つが、その存在と広がりを自分で認めないようにしている。なぜなら、自分の自己像が敵意をむき出しにすることを差し止めるからである。彼らは、自らの攻撃は絶対に私利のためではなく、誰か他者のためであると自分自身に信じ込ませることができる場合にだけ、攻撃的に行動する。通常から不健全までのタイプ2は、あからさまに利己的もしくは攻撃的であったとすれば、否定的な行為が有徳という自己像と矛盾するばかりでなく、他者を追いやってしまうことを怖れる。そのため、彼らは、どんなものであれ利己的もしくは攻撃的な動機を持っていることを自分自身に対して(そして他者に対しても)否定する。しかしその一方で、自分自身を肯定的に見ることが許されるように実際の行動を解釈する。結局はこれに非常に熟練するので、自分が表に出した動機と実際の行為との間の矛盾に関して、自分自身を完全に欺く。不健全なタイプ2は、きわめて利己的に、しかも、きわめて攻撃的に振る舞うことができるようになるが、自分の頭の中では、利己的でも攻撃的でもないつもりでいる。

 

愛されたい欲求

 彼らの動機づけの源は、愛される必要である。しかし、タイプ2は常に、愛されたい欲求が他者を支配したい欲求に堕落するままにさせてしまう危険を抱えている。他者を徐々に自分に依存させることによって、通常のタイプ2は必然的に自分に対する憤を呼び起こす一方で、自分がいかに有徳かということを他者が 確信することを要求する。他者を支配しようとするために、人間関係の葛藤が起きざるを得ないのに、それ が起きてしまうと、通常から不健全までのタイプ2は決まって「罪を犯したというより犯されている」と感じる。彼らは自分自身を、無私無欲に自己を犠牲にしながら少しも感謝されない殉教者であると考える。彼らの抑圧された攻撃的感情と憎悪は、最終的にはひどい心身症的な病気と肉体的疾患としてその姿を現し、 他者に無理矢理自分の面倒を見させることになる。

 

通常から不健全な段階

 タイプ2にとって、他者の愛を獲得することが重要なのは、ただ自分自身であるというだけでは愛されないと怖れるからである。彼らは、常に善良であることで、また、いつも他者のために自分自身を犠牲にすることで他者の愛を獲得できるときだけ、自分は愛されていると感じる。つまり、「自分を愛するように仕向けない限り」他者は自分を愛さないのではないかと怖れる(簡単に特徴づけるとすれば、タイプ2は、自分が愛されない存在であることを怖れて、他者に自分を愛させるように努力して一生を終わる人である)。当然ながら、これは深いところに隠された攻撃の源をつくり出し、通常から不健全までのタイプ2は、他者が自分の望み通りに反応しなければ次第に憎悪を深めていく。しかし、意識の上では自分の攻撃的感情を認めることができないので、彼らはそれを間接的に、自分が否認する人を操る行為として表す。非常に不健全なタイプ2が、自分の行動をすべて正当化しつつ、他者に対してはひどい行ないをするのには驚かされる。しかし、その行ないがどれほど破壊的であろうと、不健全なタイプ2は愛と最も純粋な心からの善意だけしか持っていないことを自分自身に確信させなければならない。

 すべてのタイプ2にとって大きな皮肉の一つは、健全なときを除いては、彼らの注意の焦点はどうしても自分自身になるのにもかかわらず、自己中心的という印象を他者に与えないし、自分自身についてもそう思っていないことである。これとは逆に、はっきりしていることは、通常のタイプ2にとってさえ、他者の幸福は最重要事ではないことである。むしろ、自分自身に対する肯定的な感情他者の肯定的な反応によって強化されるのでーが自分にとって重要であり、常に得られるように仕向けているものである。

 現実にも、タイプ2は他者からの情愛に満ちた反応に頼って、善良で、無私無欲で、情愛に満ちた人間であるという自己像を確認する。問題は、タイプ2が他者に焦点を合わせて自分自身の価値と愛される資格の印を見つけようとする限り、自分自身の感情全体に気づくことはないし、自分自身に内在する愛すべき性質を認識することができないことである。タイプ2が堕落していくと、愛しているという他者からの反応すらも認識することができなくなるので、状況はもっと悪くなる。通常から不健全までのタイプ2は、自分に対する他者の愛情を確認するのに、特別な信号を見つけようとし始め、それ以外の印は一切受け入れなくなる。 そのため、タイプ2は、自分がどんな人物になる必要があるか、愛と「見なす」ことのできる特別の反応を他者から誘い出すには何をしなければならないか、考え出さなければならない。

 

主体意識をめぐる問題

 これが、タイプ2がタイプ3・4と共通する第二の問題、すなわち、自分自身の主体意識をめぐる問題を抱える原因である。他者はタイプ2を本来の姿では見ておらず、さらに重要なことに、タイプ2も自分で自分自身を本来の姿で見ていない。情愛に満ちた自己像と現実には欲しがり屋であることとの間の、また、無私無欲の大きな度量を持つという主張と他者の愛を基にして振る舞っているという主張との間の隔たりは、かつてないほどに広がっている。  

 現実にも、タイプ2は、自分自身も自分の正当な必要も、ともに受け入れないことを学び取っている。それは、自分がつくり出し理想化させた自己像、無私無欲で人を助ける人であり、友人であるの方が自分本来の感情や反応よりも受け入れられやすいと信じるからである。しかも、彼らの主体意識は、他者が彼らの善良さを認め評価することに依存するので、自分をますます欲求不満にさせ、他者をますます遠ざける行為にはまり込んでしまう。タイプ2にとって、この罠から抜け出すためには、自分の必要だけでなく、深い苦悩や恥を知る心をどの程度まで自分自身が無視しているか、その程度を認識する必要がある。それができれば、人を育てるという他に優れた才能を、自分を必死になって求めている他の誰か、つまり、自分自身のために用いることができる。

 

感想

めっちゃよくいる奴ですやん。子育て系の掲示板でも偶にエンカウントするのが闇深。