NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

ESTPのコミュニケーションスタイル

論理的なレスポンダー

(すばやく対処し、反応する人)

~行動を起こし,適応していく~

f:id:entpintp:20180827212539p:plain

"許可をもらって動くよりも、後で頭を下げるほうが早い"

 

ESTPの心理機能

主機能:Se
外界では、目の前の事実や細かいことに働きかけていく

補助機能:Ti

自分の内面では、自分の経験に基づいて情報を論理的に解釈する

第3機能 :F

発達していくにつれ、行動の個人的な面への影響を考慮に入れていく

劣等機能:Ni

発達上の課題は、ビジョンや長期的な見通しをもつこと

 

 

コミュニケーションで重視すること

説得、客観性、直接的な表現、率直さ、シンプルにそのままものごとを受け入れる態度

周囲に合わせる方法で、臨機応変に現場での問題解決をし、行動に移す

調整、説得、障害を回避し、もっとも効率的な行動方針を選択する

過去の経験と関連づけて、データを調査検討する

活発に、愛矯よく、挑戦しながら、リスクを率先して背負う行動をあえてし、競争を重じる

 

第一印象

相手から少し距離を置いているとか、無関心などの印象を与えることがある

目の前にある事実や細かいことに意識を向け、現実にたえず目を向けている

たくさんの選択肢を考慮に入れ、制約に縛られず、柔軟に考える

分析的、実践的で、ものごとがどうやって、なぜ動くのかを理解しようとする

実際の問題を解決し、いま、ここで起こっていることや、毎日の活動に専念する

 

他者から聴きたいこと

ポイントを押さえた実践的な情報

楽しくて刺激の得られるやりとり

長期的な意味合いが少ないこと。仕事のペースを落とし、計画をつくることに苛立ちを覚える

最低限の指示。規則や構造は、得意とする即興的な動きを制限する

抽象的なことや理論があまり入らないこと。知的にかたよるような議論(机上論)には納得しない

 

自己表現のしかた

意見が違う場合には、躊躇せずに対決する

肯定的なフィードバックよりも、修正的なフィードバックを与えることが多く、単刀直入に、遠慮せず相手に伝える

独立心があり、ものごとを進めながら確認を取ることをあまり求めない

人からのフィードバックを求めるよりも、自分で評価することが多い

人間関係面での自己啓発を重視したり、ニーズを感じたりすることはあまりない

 

フィードバックのやりとりの方法

人の心の動きを読むことに長け、この力を使って交渉する

人とのやりとりを勝ち負けのゲームや試合のようなものととらえ、関係を築くよりも勝つことを重視する

やりとりのなかの微妙な合図を見逃して、人の気持ちや考えを正確に把握できないことがある

常に相手に共感したり、要求を考慮にいれたりするとは限らない

人間関係の問題の経緯をたどったり、原因を考えたりすることはあまり好まない

 

人間関係で重視すること

最初は個人的なことを持ち込まない。 人あたりがよく、おおらかで、寛大で、気さくな態度で接する

権力や構造を上手に扱う。自分の利益になるように、状況に手際よく対処する

話すよりも行動する。長い時間腰を落ち着けて話し合うことはあまりない

素早く行動することを好み、自分の行動について説明することで、仕事のペースを落とすことを好まない

自分の意図を伝えずに、規則に縛られることを回避する行動を取ることがある

 

ESTPとよいコミュニケーションをはかるために

○していいこと

論理的に筋道を通し、率直に、客観的に伝えること

目標の設定の交渉、説得、譲歩を依頼すること

実際に起こっている問題を示し、現実に即した解決をひとりで考える機会を与えること

いろいろな質問をし、いますぐ応用できることを探すよう期待すること

リスクを負ったり、挑戦したり、競争することを可能とする基盤を与えること

対話を笑いや楽しさのある、興味を引くものにすること

色、質感、香り、味のような五感に訴えかけること

具体的でわかりやすい行動に意識を向け、不明瞭なことは避けること

活動的に関わる。歩きながら、食べながら、ほかのことをしながらコミュニケーションを取ること

会議は短く、ポイントを押さえたものにすること

 

☓してはいけないこと

論理的でない情報や、人の気持ちや個人的な考え方についての情報を示すこと

厳しい規則、制約、手順に従うことを課すこと

長時間の会議や広範囲にわたる話し合いを必要としたり、賛成したりすることを求めること

抽象的なアイデアや長期的な目標についての話し合いに時間を取ることを求めること

厳密に管理し、ものごとのやりかたを細かく指示すること

冗長に、理論的、抽象的に話し、今後予想される成り行きに意識を向けて伝えること

裏付けのための細かな情報や具体的な活用事例なしに、大まかな概要やアイデアだけを伝えること

遠回しな言い方や、間接的に伝えたりすること

柔軟でない、しっかりと組み立てられたスケジュールを課すこと

質問や批評したことを個人的に受け取ること

 

ESTPのためのヒント

多くの人が調和や、職場で一緒に仕事をしている人との人間関係を求めていることを念頭に置いておく。人が個人的なことを伝えてきたときには忍耐強く接し、ぶっきらぼうで、相手から距離を置いた、個人的なことを持ち込まないような態度は取らない。

個人の置かれた状況を論理的で、一般的な視点から分析せずに、理解しようと努めてみる。自分の実践的、課題中心に動く面と、その場にいる人の要求や置かれた状況に配慮する面とのバランスを取る。

時間を取って、職場内の対立に対応したり、個人の問題に取り組んだりしてみる。その場で意見するだけではなく、問題をたどって考える。

課題に対する興味を失ったり、やり遂げずに済ましたりすることがある。課題達成を確保できるような計画を前もって立て、間に合わせの対応をすることは避ける。

相手を認めていることを示し、肯定的なフィードバックや励ましを与えてみる。修正を求めるフィードバックをするときには、相手がどのように感じているのか確認してみる。相手が感情タイプである場合は特に、修正を求めるフィードバックと肯定的なフィードバックのバランスを取る。

独自路線をいくやり方を、上への挑戦として、または、規則の軽視としてとらえる人もいる。ペースを落としなぜ、どうやって、その方法を考えついたのかを周囲に伝えてみる。

即興で動くことや、急ぐことは、慎重に考えて、バランスを取りながら動こうとする人にとってはストレスになりやすい。実践的に目の前の問題を処理する動きに、もう少し長期的な視野を取り入れてみる。そうすることによって、長い目から見ると、より効果的に問題解決が図れることになるだろう。

 

参考書籍

MBTIタイプ入門 コミュニケーション編

MBTIタイプ入門 コミュニケーション編

 

下線部分、上記書籍より引用 

 

考察

不動産関係だとESTPしかいないような印象がある。ジャリンジャリン稼ぐ事が第一の分野向きよな。

 

MBTIタイプの鑑別

体験セッション - 日本MBTI協会認定オンラインMBTI

公式協会のセッションで自身のベストフィットタイプを把握した上での知識の利用をお願いします。