NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

タイプ7ー欲望と攻撃をめぐる諸問題

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

  • 作者: ドン・リチャードリソ,ラスハドソン,Don Richard Riso,Russ Hudson,橋村令助
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

上記書籍を参考にしました。

 

通常の段階

 通常のタイプ7は即座の満足を求める。自分自身に限界を設けることはほとんどないし、自分自身に対してはどんなものも拒絶したくない。何か欲しいものが目に留まれば、それを手に入れなければならない。何かすることを思いつけば、直ちにそれをしなければならない。何かが楽しみを与えてくれれば、それがすぐにもっと欲しくなる。彼らの欲望は強く、それを充足させることに長い間こだわることから、タイプ7は攻撃的性格であると特徴づけられる。しかし、彼らは自信がないこともあって、その実像は複雑である。彼らは自分の不安と自信のなさを追い払おうと、攻撃的衝動の助けを借りる。

 

通常から不健全な段階

 タイプ7はまた、他者と葛藤を起こす典型的なタイプである。というのは、彼らは自分自身に限界を設けることはせずに、他者が自らに限界を設けざるを得ない立場に他者を追い込むからである。通常から不健全までのタイプ7が何であれ自制ということをするとすれば、それはすべて自分自身の外部から来なければな らない。それは、彼らに否と言うように強いられた人たち、あるいは、彼らを欲求不満にさせてもおかしくない現実そのもののどちらでもよい。欲求が充足されなければ、現実のものであったにせよ、想像の産物であったにせよ、幼児期における喪失の記憶が無意識のうちに蘇って、激しい怒りを覚える。通常から不健全までのタイプ7を失望させる人たちは、自分が引き起こした彼らの怒り、あるいは、タイプ7が無意識に示す欲求の深さを忘れるということは、ありそうにない。

 

健全な段階

 しかし、タイプ7が健全なときは、あらゆる欲望の充足ではなく、真の必要を満たそうと思う。彼らは生産的で、世の中をただ消費するのではなく、世の中のプラスになる。素晴らしい人物になって、自分自身のためにも他者のためにも環境にさらなる豊かさをもたらす。彼らは自分の体験を真に吸収して、自分の感情にも自分自身にも接触することができるので、格別に幸せな人たちでもある。

 

不健全な段階

 しかし、不健全な状態に向かって堕落するにつれ、タイプ7は欲望が暴れ狂うままに任せ、がつがつして、利己的で、他者の必要に鈍感になる。自分自身の満足しか気にかけない。恐ろしく皮肉なことであるが、不健全なタイプ7は何事も内面化しないので、彼らを満足させられるものは何もない。彼らは、自分の気分を人為的に高め続けるために、どんどん「麻薬」の量を増やしていく薬物常用者に似ている。最後には、不健全なタイプ7は、その幸福追求があまりにも手当たり次第になって、自分の行動も、かつてないほどに高まっている不安を抑えつける能力も、まったく統御することができない。自分自身を繋ぎ止めておくべき確かなものを何も内面には持たないため、恐慌状態に陥る。健全なときにはあれほど完全に人生を肯定するタイ プが、不健全になると、生きる条件そのものに最も恐怖を覚えるタイプになる。

 

感想

(こうして見比べるとナランホ超毒舌だな)ナランホ版でも書いたが、やはりタイプ7はエニアでそこまで語られる事はないようだ。実際タイプ45辺りと比べると、教科書的とは言える。しかしタイプ7の最終的考察は充実してたし、著者の気分によるところも多少ありそうだ。