NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

〈感情の三つ組〉の中でのタイプ2

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム

  • 作者: ドン・リチャードリソ,ラスハドソン,Don Richard Riso,Russ Hudson,橋村令助
  • 出版社/メーカー: 春秋社
  • 発売日: 2000/07
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

上記書籍を参考にしました。

 

 タイプ2は、他者に対して強い感情を抱いているが、自分の感情に潜在的な問題を持っている。他者に対していかに肯定的な感情を抱いているかを、大げさに表現する一方で、否定的な感情にはまったく目をつぶる傾向がある。彼らは、自分自身を情愛に満ち、人の面倒を見る人間であると見ているが、彼らが他者を愛するのは、ほとんどすべての場合、ただ単にお返しとして自分を愛させるように他者を操作するためである。彼らの「愛」は無償ではない。お返しの期待がくっついている。タイプ2は他者を本当に愛する能力が阻まれていることが多い。それは、彼らの自己像が、ある程度他者への肯定的な感情を抱くことだけを拠り所にしていて、他の「不愉快な」感情を持たないようにしているからである。

 しかし、健全なタイプ2はすべての性格タイプの中で最も思いやりがあり、真に情愛に満ちた人である。彼らは強い感情の持ち主であり、親身になって他者を気遣うので、わざわざ出て行って他者を助け、本当に良いことをし、本当の必要に応える。しかし、不健全になると、自分が感情面での必要を持つだけでなく攻撃的な感情があり、それがかなり広がりを持っていることについて自分自身を欺き、自分がどれほど人を操り、暴威を振るい得るかということを認めない。これから触れるように、不健全なタイプ2は、完全に無私無欲であると言いながら、実はきわめて利己的なので、すべての性格タイプの中で最も扱いにくい人である。彼らは、他者に対してひどい仕打ちができる一方で、自分は完璧なほどに善良であると信じている。

 問題の核心は、通常のタイプ2でさえも、自分自身をありのままに見ることがむずかしい点にある。彼らの本当の姿は、「さまざまな」動機と矛盾した感情、それに、自分として満たしたい個人的な必要を持つ人間である。そうなる原因は、自分が求めているものをそのままに追求すれば、自分は利己的になって罰せられることになると、彼らの超自我が彼らに語りかけるからである。そのために、タイプ2は、自分には欲求は何もなく、自分が他者にしていることには利己心はまったく絡んでいないと、自分自身に信じ込ませなばならない。彼らは自分自身を肯定的な側面だけで見て、自己欺瞞への下地にしなければならない。あまり健全でないタイプ2について、彼らがどれほど完璧に自分自身を欺くことができるかを理解するのはむずかしい。タイプ2の中で扱うのがむずかしいのは、彼らは自分の必要を満たすために遠回りの方法しかとらない点である。タイプ2が不健全になればなるほど他者にとってむずかしくなるのは、タイプ2が他者に対して抱く認識と、タイプ2がどんどん膨らませていっている、曲がったことはしないという自分自身への認識を一致させることである。彼らは常に自分自身を免罪し、他者にも彼らを免罪するように要求する実際に、ときには純然たる事実と反対ではあっても、自分の行動に対する彼らの解釈を受け入れるように他者に要求する。

 

ユングのタイプ論において

タイプ2は、ユングの性格類型論の外向型感情タイプに相当する。残念なことに、これは彼の説明の中ではそれほど洞察に富んだものではない。それでもやはり、次の特性は注目に値する。

 

自我と一瞬一瞬の感情との間に生じる解離の程度に応じて、自己統一の兆候がはっきり現れて来るのは、元々補償的な傾向を有する無意識の態度が完全に反対に変わってしまうからである。これは、まず最初に、度を超した感情表現、むやみに感傷的な話し方、しつこい忠告などの形でその姿を現すが、そのことごとくが空虚に響く「この婦人は主張が強すぎて、どこまで本当かわからない」。ある種の抵抗が過補償されていることがすぐに明らかとなり、人は、こういった感情表現はあまり別のものにはならないのではないかと思い始める。そして、じきにそれが明らかになる。状況がほんの少し変化しただけで、まったく同じ対象に対してすぐさま正反対の見解を引き出すことが必要とされる。(C・G・ユング『心理学的類型』三五七~三五八頁)。

 

 ユングが説明しているのは、タイプ2の感情の二重傾向他者に対する明らかに完全に肯定的と見える感情からきわめて否定的な感情へと変わることができる能力である。発達の諸段階に沿ってタイプ2の堕落を追っていくと、健全なタイプ2は他者を本当に心から愛していることがわかる。しかし、通常のタイプ2は入り交じった感情を抱いている。彼らの愛は、自分がそうありたいと願っているほどには純粋でも無私無欲でもない。そして、不健全なタイプ2では、愛と正反対のものが作用する。憎しみが他者への憤りを燃え盛らせながら育っていく。ユングが「状況がほんの少し変化しただけで、まったく同じ対象に対してすぐさま正反対の見解を引き出すことが必要とされる」と述べたのは正しくない。それは、憎しみとは、正真正銘の愛から見て、スペクトルの対極にあるものだからである。しかし確かなことは、タイプ2が段階に沿って一歩一歩神経症に向かって堕落していくにつれ、まさにこういうことが起こるということである。

 

感想

(不健全なタイプ2って心理職に結構多いんだぜ)