NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

INTJのコミュニケーションスタイル

論理的なビジョナリー

(ビジョンを描き、洞察する人)

~意味を解釈し、実行に導く~

f:id:entpintp:20180827212650p:plain

"1枚の絵は、幾千ものことばに匹敵する"

 

INTJの心理機能

主機能:Ni
自分の内面では考えやひらめきを統合することと、システム全体を最適に改善することに意識を向ける

補助機能:Te

外界では、論理的に毅然とした態度で対応し、課題達成に意識を向ける

第3機能:F

発達していくにつれ、状況をより個人的な観点から検討していく

劣等機能:Se

発達上の課題は、いま、ここの現実に基づいて行動を起こすこと

 

 

コミュニケーションで重視すること

落ち着いて、毅然とした態度で対応し、意志が強く、課題を遂行させることに力をつくし、効率的で効果的なこと

今後起こり得ることや、アイデアに意識を向ける。幅広いシステム思考によるアプローチ

論理による分析を信頼して用い、頭の中で見取り図を作成したり、計画を立てたりする

ビジョンを示し、改革の可能性や、広範囲にわたる影響力をもつ解決法を考える

自主的で独立心がある。最初のうちは、考えや洞察を自分の内にとどめておく

 

第一印象

静か、控えめ、相手から少し距離を置く。じっくり考えるために、ひとりの時間を必要とする

批判的に分析し、質問し、厳密に調べてから受け入れる。

人に指示することはいとわないが、直接監督することにはあまり興味を示さない

選択肢の探索よりも、アドバイスや解決法を提供する

自分の課題について時間を取って人に説明するよりも、ひとりで課題をやり遂げようとする

 

他者から聴きたいこと

有能で知識が豊富と判断した人とだけ、考えを共有する

ものごとがどのように、なぜそう動くのかについての、徹底した説明

長期的な意味合いや、戦略的計画

複雑な体系をもち、理論に基づいた抽象的な考え

計画の作成段階での、情報提供

 

自己表現のしかた

毅然とした態度で、課題と目標に意識を向けながら、ポイントを押さえて伝える

考えを述べたり、質問したりする

いま起こっている、または繰り返し起こっている問題を解決するために、新しいアイデアや戦略を探していく

自分の起こした行動について説明しない、または、人が知らない間に課題を済ますことがある

相手が自分のイメージや洞察をすぐに理解しないと、苛立ちを覚える

 

フィードバックのやりとりの方法

独立心があり、人に批判的であるだけでなく、自分に対しても厳しい

率直で、ありのままを、ポイントを押さえて述べる

不備を指摘し、肯定的なフィードバックよりも修正を求めるフィードバックを多く与える

自分にも他者にも、期待するレベルが高い

自分でものごとを考え抜いた後は特に、フィードバックを受け入れないことがある

 

人間関係で重視すること

自分が念入りにつくったモデルを人に説明することに退屈し、苛立ちを覚える

他者の要求や置かれている状況を察知していても、外に示さないことが多い

人よりも課題に目を向ける。共感や好意的評価を示すにも論理的な理由を求める

人との関係づくりをすることにはあまり興味がない。ちょっとしたおしゃべりや、社交的な気遣いを退屈に感じる

個人的問題や対立に対処することを避ける

 

INTJとよいコミュニケーションをはかるために

○していいこと

率直に、かつ、単刀直入に、結果や能力に意識を向けて伝えること

ひとりでいられる空間や、ひとりで仕事をする機会を与えること

ハウツーを示すよりも、数字で評価できる目標や基準を伝えること

意見や決定を求める前に、情報と、それについて考える時間を与えること

提示した情報に対して批評されたり、質問されたりすることを予期しておくこと

情報を論理的、客観的に示すこと

複雑な挑戦の機会を与える。抽象的に、これまでにない観点から考えるきっかけとなること

成果をほめ、能力や洞察を好意的に評価すること

組織的、システマチックな方法で、広範囲に渡る、将来に焦点を当てた概観を共有すること

プロジェクトに取り組んだり、計画を立てたりしているときには、できるだけ早くフィードバックを与えること

 

☓してはいけないこと

職場で気持ちや、個人的なことを伝えることに意識を向けること

素早く決断を変えたり、いますぐに意見を述べたりすることを求めること

概観や論理的根拠の説明なしに驚かせたり、変化を取り入れたりすること

部分的な情報しか共有しなかったり、何かに素早く目を通したりすることを求めること

計画をつくりあげた後で、または、実際に実行に移しているときに、フィードバックを与えること

重要でない細かなことや、定型化していることに意識を向けること

何かをすることの具体的な手順や細かなことを伝えること

短期的な、目の前の状況に意識を向けること

ものごとの概観や概念的枠組みなしに、細かな情報を共有すること

彼らの質問や批評を個人的に受け取ること

 

INTJのためのヒント

自分の考えを人と共有し、フィードバックを考慮に入れてみる。このことを自分の思考プロセスの早めの段階でやるほど、そうしやすくなる。

自分のアイデアを現実に起こっていることに結び付けて考え、事実や詳細を補足し、目の前の状況に活用できる方法やその影響を考えることにより、自分のアイデアの価値を高めてみる。このことについて、人から情報をもらうとよい。

自分の考えを説明するとき、具体的で実際的なつながりを示し、ことばの意味や抽象的なことを冗長に話すことを避ける。

相手がどのように感じているのか、特にフィードバックを与えるときには確認してみる。相手が感情タイプである場合は特に、修正を求めるフィードバックと肯定的なフィードバックのバランスを取る。

人が個人的なことを伝えてきたときには忍耐強く接してみる。個人的な反応に注意を向け、受け入れようとし、ぶっきらぼうで、相手から距離を置いた、個人的なことを持ち込まないような態度は取らない。

解決法を言わずに共感的に耳を傾けてみる。個人の置かれた状況を抽象的概念から分析するより、理解しようと努めてみる。

時間を取って、職場内の対立に対応したり、個人の問題に取り組んだりしてみる。積極的に自分の気持ちを表現し、意見を伝えてみる。

 

参考書籍

MBTIタイプ入門 コミュニケーション編

MBTIタイプ入門 コミュニケーション編

 

下線部分、上記書籍より引用 

 

考察

一般企業にも意外と居るINTJ。ISTJと注意点が微妙に似ているためか、ISTJ亜種でやり過ごせるんだろう。

 

MBTIタイプの鑑別

体験セッション - 日本MBTI協会認定オンラインMBTI

公式協会のセッションで自身のベストフィットタイプを把握した上での知識の利用をお願いします。