NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

ENTPのコミュニケーションスタイル

論理的なエクスプローラー

(探索し、検討する人)

~斬新的なアイデアを取り入れ、始める~

f:id:entpintp:20180827212642p:plain

"可能性の追求に終わりはない"

 

ENTPの心理機能

主機能:Ne
外界では、全体の最適さを考慮した仕組みの向上のためにさまざまな可能性に意識を向ける

補助機能:Ti

自分の内面では、考えたことやアイデアを分析的、客観的に検討する

第3機能:F

発達していくにつれ、状況をより個人的な観点から検討していく

劣等機能:Si

発達上の課題は、現実を考慮に入れること

 

 

コミュニケーションで重視すること

説得によって相手を納得させて、考えを推進する

今後起こりうることに意識を向け、変化を追求するためにシステム思考し、新しいモデルやアイデアを創り出す

問題点を機会としてとらえ、素早くつながりを見出し、考えを統合する

複雑な体系をもつ問題の原因に焦点を当て、論理的に分析する

意欲や熱意を示し、変化を推進し、最初の行動を起こす

 

第一印象

懐疑的、分析的で、相手から距離を置いている印象を与えやすいが、おおらかで、寛容かつ気さくな態度で接する

制約に縛られず探索する。さまざまなところから情報を取り入れ、統合する

いままでにないことを考え、まったく新しい、やってみたことのない解決法を思いつく

意欲的で、使命感があり、自分のビジョンを実現するためのプロジェクトに力を尽くす

 

他者から聴きたいこと

より大きなビジョンに合わせて努力していく上で、自由と独立を望む

ものごとがどのように、なぜ動くのかに対する質問

自分の意見への質問や知的な議論

自分の考え方を磨く機会や、能力を試せる機会をもたらす言語的な挑戦

直接指示を受けたり、具体的な指示を与えたりしないこと

自分の興味を引き出し、没頭できるような可能性、アイデア、理論、モデル

 

自己表現のしかた

的確な表現を使う。ことばや考えの意味や、言外の意味合いについて議論する

論理的、分析的な表現を用い、抽象的な問題、システム、アイデアについて説明する

正反対の立場からの解決案について話し合い、さまざまな面から考えてみる

説得や明確な説明によって、自分の考えを提唱し、周囲を啓蒙し、交渉しようとする

一度言ったことを繰り返すことは好まず、細かなことの説明にあまり時間をかけない

 

フィードバックのやりとりの方法

一様に受け入れる態度を取るが、効果に欠け、標準以下のレベルの意見である場合は耐えられないと感じる

簡潔で、ポイントを押さえた方法で、発展的なフィードバックをする

自主性があり、人も自主的に仕事をするものと思い込んでいるため、頼ることには批判的

独立心があり、自分に厳しい。他者から、修正を求めるフィードバックを求めることは少ない

励ましたり、肯定的なフィードバックを継続的に与えたりする機会を見過ごすことがある

 

人間関係で重視すること

人あたりがよく、緊張を解き、愛想が良く、説得力がある

共感や気持ちよりも論理を用いて、人間関係についての問題にも対処していく

個人的なことを持ち込まない態度を示し、人そのものよりも課題に専念する態度を取る

いろいろな視点を率直に議論したいため、意見を個人的に取る人がいると驚く傾向がある

自分の立場を自由自在に変えながら賛否両論を楽しむための気まぐれで、気が変わりやすい印象を与えることがある

 

ENTPとよいコミュニケーションをはかるために

○していいこと

自主的に仕事ができるようにすること

論理と根拠を用いて説得する。考えを表現するときには的確に伝えること

能力や専門性があることをわかってもらうために、自分の考えをしっかりと伝えること

批評や質問を受けることを予期しておくこと

議論や反対意見への対応を準備しておくこと

情報を分析し、統合する時間を与えること

フローチャートや見取り図など、一般的な形に情報を整理して示すこと

複雑な問題を提示し、今までにないことを考えられるような機会を与えること

目標達成に必要な方法や必要なことを決めるのをまかせること

制約のないブレーンストーミングや、モデルやアイデアをつくるための会議に辛抱強く参加すること

 

☓してはいけないこと

職場で気持ちや、個人的なことを伝えることに意識を向けること

定期的に、好意的評価や、確認をもらうことを過度に求めること

論理的根拠で正当化できない情報や意見を示すこと

人に具体的な指示を与えたり、細かなところまで指導したりすることを期待すること

単純作業について話し合うための時間をとること

何かをする具体的な手順や詳細を伝えること

人や仕事を組織立てる方法を話し合っている場に、辛抱強く参加することを期待すること

実際的な詳細や短期的な影響につぎつぎと焦点を当てたり、「全体像」の詳細を与えること

彼らが質問し、批評し、挑戦し、議論したことを個人的に受け取ること

 

ENTPのためのヒント

誰もがアイデアを批評したり議論したりすることに違和感を覚えないとは限らないことを念頭に置いておく。他の人は、これらの話し合いを、自分の意見への拒絶と解釈することもある。考えや意見を話し合うときには、ぶっきらぼうで、相手から距離を置いた、個人的なことを持ち込まないような態度は取らない。

個人の置かれた状況を論理的で、普遍的な視点から分析せずに、理解しようと努めてみる。自分の抽象的、概念的な面と、その場にいる人の要求や置かれた状況に配慮する面とのバランスを取る。

ものごとの詳細、短期的影響、いま起きている現実に目を向け、進んで話し合ってみる。実用的で、いまその場で得られる結果に興味がある人もいる。自分の考えに十分な事実を含め、人が計画の段階に参加できるようにする。

相手を認めていることを示し、肯定的なフィードバックや励ましを与えてみる。こうすることが論理や目的にかなっていないと思っても、多くの人が好意的評価を受けられ、支援や肯定的なフィードバックや奨励がもらえる環境で働きたいと願っていることに気づくだろう。

相手を批評する自分の傾向を抑え、修正を求めるフィードバックをするときには、相手がどのように感じているのか確認してみる。相手が感情タイプである場合は特に、修正を求めるフィードバックと肯定的なフィードバックのバランスを取る。

いまの状況を保存し、変化がよりゆっくりとしたペースで進み、きちんと計画されて、少しずつ変わっていくことに居心地のよさを感じている人もいる。相手の意見に耳を傾け、うまく動いていることや、このまま残すべきものを見極めてみる。

素早く変化していくアイデアや意見は、ものごとに決着を付け、行動に移そうとしている人にとっては障害となる。一緒に仕事をするときには、ものごとを決めようとする姿勢を示し、一貫した言動を取ってみる。

 

参考書籍

MBTIタイプ入門 コミュニケーション編

MBTIタイプ入門 コミュニケーション編

 

下線部分、上記書籍より引用 

 

考察

今気がついたんだが「よいコミュニケーションをはかるために」の部分、INTPとENTPで98%同じか。「ヒント」の部分は50%程一致。まあ主機能と補助機能の組み合わせ自体は同じだからよ…くないような気がしたけど気の所為。ENTPとINTPで文字としての文章での説明は同じなんだが、それを実行に移す方法が違うぞ。

INTPのコミュニケーションスタイル - NT’sのblog

 

正直INTPの方は結構当たってるなと思ったんだが、ENTPの内容が結構なんとも言い難い。こんなもんだっけ。エニアのタイプの分布がバラけているMBTIタイプって結構個人差大きいから、取扱マニュアルの作成が難しくなりがちなのかもしれない。

 

MBTIタイプの鑑別

体験セッション - 日本MBTI協会認定オンラインMBTI

公式協会のセッションで自身のベストフィットタイプを把握した上での知識の利用をお願いします。