NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

INTPとISTPの違い2

ストレスから考える2タイプの違い

 

参考

違い:

INTP…補助機能Ne・第三機能S

ISTP…補助機能Se・第三機能N

 

共通点:

主機能Ti・劣等機能Fe

 

INTPの特徴

INTPのやりがい

・独自性や創造性が重視されること

・目標に自主的に取り組めること

・多様性や変化が支持されること

・自分の美学に基づいた自己表現が出来ること

INTPのストレス

・枠組みや責任範囲が明確なこと

その他

・INTPの方が仕事において期待することが多く、不満を抱えやすい。

・INTPの方が収入のよさを重視する。

・INTPは他者に怒りを見せない傾向がある。

・INTPはストレス解消の手段としてテレビを観ることは少ない。

・INTPはストレスへの対処の手段が最も少ない。

・INTPにとっては、新しいアイデアや物の見方を発見することが、バランスを取り戻すきっかけとなる(補助機能Ne)。

 

ISTPの特徴

ISTPのやりがい

・枠組みや責任範囲が明確なこと

・職場の雰囲気が安定していること

・成果が目に見えること

ISTPのストレス

・曖昧な指示が多いこと

・人間関係の摩擦や競争が多いこと

その他

・ISTPの方が真実や正確なことを大切にする。

・ISTPは全タイプ中最も、ストレスに怒りで反応しやすい。

・ISTPの多くは、ストレス解消の手段としてテレビを観る。

・ISTPにとっては、現実に改めて気づく事が、バランスを取り戻すきっかけとなる(補助機能Se)。

 

考察

ほぼ全て、補助機能NeとSeによる違いとなっている。

 

この「タイプとストレス編」で第三機能の存在が空気な辺り、MBTIの第三機能の内向外向が明示されていない理由の「まだ未解明だから」というのは嘘ではないんだろう。