NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

らき★すた アニメ版 キャラクター診断

らき☆すた ブルーレイ コンプリートBOX 【初回限定生産】 [Blu-ray]

らき☆すた ブルーレイ コンプリートBOX 【初回限定生産】 [Blu-ray]

 

 独断と偏見による診断です。参考程度によろしくお願いいたします。筆者Aが「恐らくこうだ」と思ったキャラクターのみ診断。なお、診断にはアニメ版24話分のみの視聴で他の媒体には触れていないので、もしかしたらキャラの描写の違いなどあるかもしれません。

 

使用ツール:

・MBTI

・エニアグラム

・エゴグラム

・ソシオニクス

 

前提

今(2018年)から凡そ10年ぐらい前に流行った作品。

日常物なだけあって、「思慮深い」α・δクアドラが多いのが特徴的。

 

キャラ診断&感想

泉こなた:7w6 段階4 ENTP(ILE) 台形型1

メインキャラクター。NT型なのは間違い無いと思われるが、特記なのは「自他肯定型」とされる台形1型の点。

タイプ7の囚われやされたくないこと、好きなことが作品を視聴すると分かるかも。異常なまで意味なく過活動的ではないので、段階4の「経験豊かな世慣れ人」と思われる。

年齢にしては早くMBTIの第三機能Fの兆しが見える。

 

柊つかさ:9w1 段階4~5 INFP(EII) N型1

 NP,ACが非常に高く、CP,Aが低めの典型的なN型1。優しい所と、何となく可愛いところが美点。その良好な性格形成からなんだかんだで庇ってもらえると思われる。

EIIかESIで迷ったが、「大胆不敵」とは言いがたいのでEII(INFj)と判断。

 

柊かがみ:1w2 段階5~4 ESTJ(LSE) P優位型 

CPが低い上記2人の突っ込み役に回ることの多い常識人。ウィングに関しては判断しにくくw9の要素もかなりあるが、どちらかと言えばw2の軽めだと思われる。w9だとしたらあまり人と関わらずにひたすら勉強している可能性が高い。人間関係への関心が多い所からw2。

 

厳しいけど優しい、年にしては非常に早く発達しているP優位型、Aもかなり高く、3段階表記だと(AAABB)かもしれない。MBTI第三機能Nも兆しが見られ、ソシオニクスの第6機能Neも個人的にはかなり感じた。

 

高良みゆき:9w1 段階3 ISFJ(SEI) NPトップ型

N型2近似。NP,A,ACが高いが、29波形だとNPトップ型。

遊離(459)なのは間違い無いと思われるが、そこから絞っていくと、タイプ9で、ウィングの方向は規律正しさ等から恐らく1と思われる。

 

 日下部みさお:7w8 段階5 ESTP(SLE) FC優位型

 典型的な外交的7w8というのが感想。リソはタイプ7をこういう人格をモデルにしたのかもしれない。 

 

小早川ゆたか:9w1 段階4 INFP(EII) N型1

アニメだけだと情報量が怪しいが、恐らくこのような感じ。

 

岩崎みなみ:4w5 段階5~4 INFJ(IEI) N型3

他のキャラクターと比較してみたときに、βクアドラの可能性が高いと思ったので、IEIと診断。

 

田村ひより:4w3 段階5 ISFP(ESI) CPボトム型

出力する補助機能(創造機能)がSeだと思われるので、ISFP(ESI)と判定

469近似で囚われまで掴めていないので、参考程度で。

 

黒井ななこ:7w8 段階4~3 ESTP(Se-SLE) ACボトム型

かなり健全度の高い、7w8。こなた(7w6)と比較したときに面白い。段階は3が見えている4だと思われる。エゴグラム波形はAAAACか。作中で時々TP理論が展開されていた覚えがある。

 

泉そうじろう:5w? 段階4~5 INTP(LII) CPボトム型

こなた(7w6)の父親。タイプ5だと思われるが、ウィングの方向は判別出来ず。

親子で近似タイプに成った所が特徴的。

 

終わりに

確信を持って言えるのは取り敢えずここまで。元々はαクアドラに近い作品。恐らく、クアドラごとの特長がかなり出ていると考えられる。βとγが少なく、作中でどことなく特徴的な事が多いと考えられる。

 

…ソシオニクスについてはど素人のため、鵜呑み要注意。