NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

エニアグラムの中枢(センター)の説明

中枢(センター)とは?

エニアグラムの各タイプが、日常生活を送ったり、仕事をしたりする際の活力の源泉。3つのセンターに分かれている。

 

本能センター

・本能と習性の次元で機能する。

・意識の影響を受けない、自然な行動を司る。

・タイプ189が好む。

 

感情センター

・感情の次元で機能する。

・他者との関係に深く関わる。

・タイプ234が好む。

 

思考センター

・思考や内省の次元で機能する。

・現実や他者から距離を置き、出来事の意味を発見したり現実を再構築したりする。

・タイプ567が好む。

 

f:id:entpintp:20181012133455p:plain

 

人間は3つのセンターの機能をフルに使えるわけではない。各タイプの「囚われ」は、センターのバランスの偏りによって生じている。

 

隣接する中枢(センター)

自分のタイプのセンター以外に、隣接するセンターも一定レベルは使えるとされている。(例:タイプ5は思考センターだが、隣のタイプ4の属する感情センターも一定レベルは使える)

 

しかし、全く繋がりのないセンターを使うことは非常に難しい。 

 

f:id:entpintp:20181012125819p:plain

(統合分裂込みの一覧表)

 

統合と分裂を含めた場合にも、下記のタイプは一切繋がりがないセンターが存在する。

・タイプ2と思考センター

・タイプ7と感情センター

 

好む中枢(センター)による傾向

 

本能センターを好むタイプ:189

主要な関心事:自分の存在

・他者の関心が自分に向けられる事を好む。

・自分は一定の場所に留まったまま他者をコントロールしようとする。

・自分にも他者にも多くの期待と要求を課す。

・本能に従って行動することで充実感を得る。

・行動や意識が過去の体験に縛られやすい。

 

感情センターを好むタイプ:234

主要な関心事:他人との関わり合い

・自分への好意があるかを最重要視する。

・自分に対して好意的かどうかに意識が集中しがち。

・相手の要求に合わせて相手の反応を見る。

・相手から好意的な反応を得ようとコントロールする傾向がある。

 

思考センターを好むタイプ:567

主要な関心事:部分と全体の関連性

・情報や知識を元にした思考を重要視する。

・全体を見回して、自分と他人の位置を把握し、何が起こっているかを理解できる。

・他人の場所に自分をおいて、他人の立場や心情を理解する。

・思考による疑似体験から多くのことを知り、自分の行動を決定する。

 

関連記事

エニアグラムの三つ組 - NT’sのblog

こちらは「性格のタイプ―自己発見のためのエニアグラム」を元に作成したもの。各タイプのセンターの使い方について、詳しい記述がある。

 

参考書籍

イラスト版「9つの性格」入門 エニアグラムで、個性や能力を最大限に生かす!

イラスト版「9つの性格」入門 エニアグラムで、個性や能力を最大限に生かす!

 

P64~67を参考に作成しました。