NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

エニアグラムの考察用分布表を作った

エニアグラムの考察用分布表

f:id:entpintp:20181015160815p:plain

作品のエニアグラム考察用の分布表。作品に登場するキャラの以下の項目を集計できる。個人利用の範囲内でお願いいたします。

・エニアのウイング付きのタイプ

・ウイングの重さ

・段階

 

使い方

f:id:entpintp:20181015160633j:plain

ウイングの重さは「重中軽」の3段階。隣のタイプに近い程ウイングが重いことになる。最も内側の円周が段階9、外から2番目の円周を段階1とする。

 

f:id:entpintp:20181015161709j:plain

つまり上記画像の白丸は「ウイングの重い9w8・段階1」のキャラを表し、黒丸は「ウイングの軽い9w8・段階4」のキャラを表す。

 

白丸を味方、黒丸を悪役、にすると情報量がUPする。

 

使用例

f:id:entpintp:20181015155537p:plain

とある作品の「初登場時点」の登場キャラの分布図。健全な段階、不健全な段階のキャラは居らず、全員通常の段階に収まっている事が分かる。また、全体を見て分布がバラけている。

 

f:id:entpintp:20181015155641p:plain

同じ作品の「終了時点」の登場キャラの分布図。全体的に「キャラの段階が上がっていった」作品である事が分かる。(他の作品も作ってみたが、全体を通じてキャラの段階が下がっていく作品もある)

 

俗に言う「成長物語」に分類される作品は、「キャラの段階が上がっていく」傾向が強いと予想。

 

気になる作品で集計してみると、何かしら発見があるかもしれない。悪役の段階ばっか上がっていく説が立証された。

 

統合分裂には全く対応していない表なので一応注意。