NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

16Personalitiesの記述を大真面目に考える

※公式の内容ではなく、筆者の独自考察記事です。

16Personalitiesとは?

性格タイプ | 16Personalities

正直既にご存知だと思うが「16の性格タイプ」についての解説ページ。タイプ表記がMBTIと同じだが関連性は不明。

 

16Personalitiesの解説の特徴

おそらくMBTIについて興味を持った時に、最初に開くことになる確率が高いサイトだと思われる。各タイプの特徴がイラスト付で掲載されている、最も分かりやすいと言っても過言ではない入門サイト。

 

実際筆者ABも各タイプの名称をこのサイトで覚えた…んだが、少し個人的に気になる点がある。

 

16Personalitiesの英語版との比較

このサイト、英語版だと非常に情報量が多い。しかし日本語版だとその情報量は約「10分の1」に収まってしまっている。

 

現在日本語版として手軽に読めるのは、各タイプの概要の部分のみ。つまりこれといって「16タイプ」に強い関心がなければ、冒頭部分を読んで終わりという形になる。

 

16Personalitiesの日本語版の問題点

ここで最も危惧されるのは「MBTIが自己成長と他者理解のためのツール」という点への言及が一切ないこと。つまり一見すると「巷によくある性格診断」に見えてしまう。

 

“論理学者”型の性格 (INTP-A / INTP-T) | 16Personalities

INTPの説明を例に考えてみようと思う。

 

さらに、主機能のひとつに論理型特質を持ち、感情的な訴えは一切理解できない傾向があるため、論理学者型の人達に対しては、最低限の情緒的サポートも望めません。

上記リンクより引用

 

確かに主機能が内向思考であり、劣等機能が外向感情。だが、あくまでどのタイプの人も、使いやすさの差はあれど、全ての心理機能を使えるというのがMBTIの理論。

 

さらに言えば、INTPはこれから外向感情を発達させていくのが課題であり、一切出来ないという訳ではない。全体的にオーバーな表現が多い節がある。

 

結論

非常に有益なサイトなんだが、MBTIの本来の目的である「自己成長と他者理解」という点を置き去りにしてしまったのも事実。苦言を呈すると、ステレオタイプ化に一役買ってしまっている所も否定できない。

 

人に紹介する機会があれば、そういった点を一緒に伝えると、実際に役に立つツールとして見てもらえるかもしれない。