NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

MBTIとエニアのネット上の人口順

前提

真面目なMBTI解説 - NT’sのblog

真面目なエニアグラム解説(リソ版) - NT’sのblog

上記記事の解説のトータルアクセス数を見て、ネット上の各タイプの人口の順位を出してみた。集計対象:1/1~7/31まで

一部検索数が極端に少ないタイプを除いて、エニアもMBTIもアクセス数が4桁の記事を参照。

 

 

集計結果

エニアグラム

人数が多い順(ウイング込)

4w5の解説ー「ボヘミアン」

5w4の解説ー「偶像破壊者」(因習を打破する人) 

5w6の解説ー「問題解決者」

4w3の解説ー「貴族」

9w1の解説ー「夢見る人」

9w8の解説ー「安楽を求める人」

6w5の解説ー「防衛者」(ディフェンダー) 

7w8の解説ー「現実主義者」

6w7の解説ー「相棒」

1w9の解説ー「理想主義者」

7w6の解説ー「エンターテイナー」

8w7の解説ー「一匹狼」

8w9の解説ー「熊さん」

1w2の解説ー「擁護する人」

3w4の解説ー「専門家」

3w2の解説ー「スター」

2w3の解説ー「もてなし役」

2w1の解説ー「奉仕する人」

8w7に関しては外部でバズった分を除外した順位

 

人数が多い順(ウイング無)

タイプ4

タイプ5

タイプ9

タイプ6

タイプ7

タイプ8

タイプ1

タイプ3

タイプ2

 

MBTI

INFP

INTP

INFJ

INTJ

ENTP

ISTP

ENFP

ISFP

ENFJ

ENTJ

ISFJ

ESTP

ISTJ

ESFJ

ESFP

ESTJ

 

考察

・データ収集を弾いている

・「自分のタイプ以外も見る人」が一定数いる

 

上記の件があるので、人口比を割り出すのは困難。「データ収集を拒否している確率を考えると、タイプ5の方がタイプ4より多いんじゃないか?」と思われるかもしれないが、4w5と5w4のアクセス数の差が約1.5倍なんでムリポ。

 

エニアに関しては遊離トリオ(459)が上位を独占している。MBTIに関してはMBTIのタイプテーブルの「象限」で理解しやすい結果。INが多くESが少ない。