NT'sのブログ

NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

【特大速報】恒心教徒アルタリア君(Altail)の本名判明【23歳無職】命の危険を感じるぞ・犯罪者を庇った国家権力おる?

アルタリア君は個人情報の開示を積極的に勧めている

txti.es

 

アルタリア君、自分だけは例外とか言わないよな?

Altail - 唐澤貴洋Wiki

【速報】アルタリア、テロを企んでいる可能性があることが判明【国家転覆罪】アルタリア君は元気そうだな?

 

 

アルタリア君の個人情報暴露会場

・●●工業高校を卒業

・偏差値40前半のド底辺高校の落ちこぼれ

・卒業後4年間無職(ダブ屋生活)

・元東京都日野市在住

・現在は東京都北区在住

・岩手県盛岡市出身

・現在23歳

 

あ、本名は流石にアウトなんで書かないぞ。

 

筆者B「はいバーーーーーーカ。カランコロン、こいつの本名、頭捏ね繰り回して考えてみてくれ。顔本アカウントから、思いつく手段を検索してみるといいぞ

筆者A「この大馬鹿にずっと屈してたってマジ?こんなド底辺」

筆者B「さて、アルタリア君の情報が揃ってしまったな。カランコロンと颯はいつ頃たどり着くかな?アルタリア君、この情報をどこに渡すと思う?別にもう民事裁判なんざ起こす気ないぞ。この世から消えてくんねえ?」

筆者A「今更示談も勿論受け付けてないぞ。さっさと消えろゴミ」

筆者B「卒業後4年間無職の破壊力よ。社会のゴミですなあ。お掃除屋さん呼んであげるんで、楽しみに待っててくれ。我々じゃなくてあいつらが呼ぶかもしれんがな。颯君はお金持ちだぞ」

 

アルタリア君がここまで落ちぶれた経緯

2011年~

・ド底辺工業高校に入学

・ド底辺高校の授業にすらついていけず就職も決まらない。

2014年~

・高校卒業からの無職(ネットダブ屋生活開始)

・当時流行ったメル●リ現金転売などで生計を立てる

2015年1月16日

・恒心教活動を本格化。運良く評価され天狗になる。

・特定されかけた為、恒心教活動を一旦中止。

2017年後半~

・ネットフリマサイトの取締が徐々に厳格化。

2018年~

・飯のタネのネットダブ屋で生計を立てる事が困難に。

・金に困り詐欺目的でMBTI界隈に潜入。

・クインス氏、iru氏などのお財布をゲット

2019年前半~

・一般キノコに本名を割られる。

・お掃除屋さんによってキレイキレイされる。

 

カランコロン君見てる?

おお、今検索に表示されないように設定変えたな。しかし我々が辿り着くほうが早かったようだ。逆に正解だと確信してしまったわ。友達にも連絡してあげるなんて、仲間思いだな。

 

別に何もしないが、とっとと脱恒したらどうだ?

 

筆者B「ほい魚拓間に合ったぞ。てことは、アルタリア君がその手段で割れたと分かったか?もう二度とこっちに喧嘩売るなよ」

 

今tixi弄ってるのか?

TT君とIJ君はもう、言い逃れもクソもないけどな。アルタリア君は「俺はそもそもフェイスブックアカウントを持ってすらいない、だから人違い」とか今作成してるところかな。

 

筆者B「割れた恒心教徒、ボンカレー含めて計6人、どこにでもいる普通の名前なの闇が深いですな」

筆者A「うちらの方が、親の頭チンパンっぷりで名前がチンパンネームだもんな」

筆者B「恥ずかしくて顔本持つ気になれんよな。改名早くやりてえ。しかし全員、親はまともな頭っぽいのが尚更闇が深いよな。ボンカレーの親は我々よりヤバかったみたいだがな。しかし他は間違いなく我々よりマシだぜ」

 

で、アルタリア君は警察に泣きつくのか、お掃除屋さんが来るのを待つのか、どっちなんだ?本名割れてれば、どこに引っ越しても追っていけるぞ。無期懲役になれば老後も安泰だぞ。それとも国外逃亡するのか?さっさと消えろ、2度と出てくるな。

 

筆者B「といっても図太く居座るでしょうし、やはり根本的な解決が望ましいと思うんだ。この手のゴミは約束すら守れないものだぞ」

筆者A「次に問題起こしたら『実名住所付き』で御上様に凸るんでよろしくな」

筆者B「御上様呼び出しと事情説明マダ?このままだと、誰かがアルタリア君を〆ちゃうかもしれないぞ。オーノー、殺人事件が勃発する寸前だ。これはもうアルタリア君を保護するしかない」

 

アルタリア君現在『西へ』逃亡中

普通逃げますよな。アルタリア君は『火炎瓶恐怖症』って持病をお持ちなんだそうだ。DMアタックオールナイトによって発病したそうだ。

 

筆者B「前は北で今度は西か。そして終電終わって今日は詰んだと。今から車でそっちまで行こうか?」

筆者A「長野県に入ってから、どっちに行くか見ものだな。西には王がいるぞ」

筆者B「王もお前の本名分かったらしいぞ。殺されないように気をつけてな。王も今頃東に向かってるんじゃないか?」

筆者A「つっても明日王がこっちに来ても、本体が居ないんだよな」

筆者B「何言ってるんだ、アルタリア君が帰宅するまで東京観光してればいいだろ。アルタリア君は自演やってる暇すら無いのか。今日は公園で野宿か?」

 

筆者B「あ、逃げたってことは、あのアカウントで大当たりか。逃げてくれてありがとう。いつまでこの界隈に居るのさ。往生際が悪いぞ」

筆者A「もうちょっと行くと『青木ヶ原樹海』があるな」

筆者B「そこを過ぎると『東尋坊』までメジャーな名所が無いんだ。樹海だと行旅死亡人扱いで確認しにくいんで、東尋坊の方が助かる。あと全財産仮想通貨に両替して、我々の口座にぶち込んでから、ボンカレーに会いに行ってくれないか?ボンカレー君も早くアルタリア君に会いたいってさ。今ボンカレー君の霊が私に囁いているぞ。今だけ聞こえるようになった」

 

アルタリア君はIQ80程度

筆者B「これ我々の文章を理解できる知的水準じゃありませんな。高校で偏差値40の奴初めて見たわ。クラスでどんなに勉強出来ない奴でも50はあったぞ」

筆者A「か●ぺ底辺ならありえなくはない」

筆者B「岩手県盛岡市の某中学校のカリキュラムが気になりますな」

筆者A「偏差値40がどのくらいやばいかと言うと『1次方程式が解けない』レベル。あと日本語が非常に拙い」

筆者B「アルタリア君『x+1=2』が解けまちゅか?実際『x+56=89』とかそんなもんか。これが中学3年当時、解けなかったんだよな。知的にヤバイだろ」

筆者A「ちょっと真面目な話。英語は拙いながらも話せてはいるだろ。つまりIQの凸凹の得意部分凸が『人並み以下』だ。で、苦手部分凹の部分は『オレンジ障害者レベル』だ。しかも支援を受けたこともなく、改善する気もなく、性格も超悪い。全く需要がない」

筆者B「アルタリア君が『優生思想ががった』のIQの説明をしていたが、アルタリア君には全く関係のない話だ。アルタリア君に必要なのは『福祉の』IQの話だ。てかアルタリア君は優生思想だと自分が劣等種やん。どんだけ内省能力ないの?てか何で界隈民こいつに騙されたんだ?内省能力がなさ過ぎて自信に満ち溢れてるだけだぞ」

筆者A「単にイキってそれっぽく見せかけてるだけで、偏差値40のチンパンジーだぞ。お前以外のメンバーは全員御上様に投降したぞ。そりゃそうだよな」

筆者B「これが実態なら怖くないだろ。DMアタックオールナイトでも、5chでアルタリア君disでも何でもやってOKだぞ。こいつ民事裁判起こす脳味噌すらないぞ。あとこいつ工業高校出身の癖にドヤ顔で心理学語ってるよ」

筆者A「ヲチスレ900超えてるがどうするんだ?6人衆以外、もう使ってないだろ」

筆者B「最悪板に『アルタリア君が解脱するまで応援するスレ』でも作ってきたらどうだ?しかしこいつバカ過ぎて、皮肉一切通じないのよな」

筆者A「かといって『●す』とか直接的な暴言吐くと、刑事いきになっちゃうよな。ある意味難しいぞこれ。チンパンジーにも分かるように、●ねって事を言わなきゃいけない」

 

筆者B「ここから界隈の愚痴になるが、類型論を使った所で、何一つ現実の問題は改善しないぞ。そもそも類型論かじっただけで使いこなせる頭があれば、類型論に頼るまで落ちぶれてこない」

筆者A「そもそも16タイプって、社会でコミュニケーション取るためのヒントとして使うものなんだよ。社会で居場所があることが前提なんだ。あとは分かるよな?」

筆者B「test11号氏、ちゃんと公式診断済の人だけ集めたコミュニティ作ろうとしてたそうだな。引退された理由は重々お察しするが、何でこんな変なの多いんだろうな」

筆者A「『当たり屋キノコ』と颯君は言っていたが、チンパンジーってそうしないと分からないのよ」

筆者B「チンパンジーに結託する機会を与えたSNS自体の問題だとは思うぜ。ある意味『同水準の人間とだけつるんで、悪い意味で自己肯定感がUPする』環境だと思うわ。実社会での自分の水準を把握する機会の剥奪とも言えるんじゃないか?」

筆者A「ちょっと論点は違うけど『養老氏』の著作がヒントにはなる」

筆者B「今規制に漸く舵を切ったとこだよな。つまり長期的に見ると、今までが(2009~2019)がどっぷり浸かった世代になるのか。とすると、現在の15~25歳か。後々何か『世代のアダ名』が付きそうだな。アルタリア君付いてこれてまちゅか?」

筆者A「ポジティブなアダ名だと『デジタルネイティブ世代』だな」

筆者B「それってPCの基本操作が当たり前のように出来るって意味だろ。問題は。デジタルネイティブ世代の悪いとこだけとった『PC操作も出来ないしネチケットも皆無だけどSNSだけ出来ます』って層だろ」

筆者A「残念ながら社畜やってきた感想だけど、やっぱりモバイル端末は補助に過ぎないぞ」

筆者B「プログラミングでも絵描きでも、何でもそれなりのクオリティを追求すると、最終的にPCドデンにタブレット連結になるよな。つまりスマホだけで済む層はそういうことだぞ」

筆者A「スマホだけ弄れるって奴は、かなりの確率で地雷だぞ。アルタリア君はエクセルでSUMの関数組めまちゅか?」

筆者B「こら無理難題押し付けるな。MBTIもそうだが、『何事も深く取り組もうとしない、向上心のない連中を結託させてふんぞり返らせてしまうのが、SNSの最悪の問題点』だと思うんだ。こういった層って、社会全体で見れば多くはないだろ。自分達が多数派だと『錯覚』させてしまうのよな。冒頭に戻るが、正当な自己感覚の獲得の阻害に繋がらないか?

筆者A「SNSやってなかったが、それでよかったわ」

筆者B「社会全体での自分を知ることを阻害するってなると、規制を推す大義名分には充分なるよな。更に飛び火させると、学生がMBTIに手を出すことも、自己発見の妨げになりかねないと思うぜ。公式ワークって20歳以上だっけ?」

筆者A「質問紙に回答出来るのは18歳以上、ベストフィットタイプを見つける討論にも参加出来るのは20以上」

筆者B「ここは発達心理学の本分に立ち返って、今その年齢で獲得すべき能力、達成すべき事は何か、何によってそれが阻害されるのかを意識すべきだと思うんだ。アルタリア君起きてまちゅか?」

筆者A「アルタリア君話に付いてこれてまちゅか?自分の根源的な恐れが分かると、更に有益なエニアグラムって概念もあるんだけど、こっちは輪をかけて難しいぞ」

筆者B「あれも『自己発見』が目的なんだよな。トライタイプって頭おかしいんじゃねえの。SNSでつるむ事が、何か発達に有益な影響があるのか、疑問なんだよな。取り返しのつかない悪影響を与えているとは思うが。今のMBTI界隈の学生、このままだとアルタリア君コールまっしぐらだぜ」

筆者A「アルタリア君の信者も類友理論でそうだろ」

筆者B「今回のアルタリア君の件で、ある意味ヤバイ人間が浮き彫りになったよな。(オープンなんで控えるが、やっぱタイプの傾向あるじゃねえか。ここでナランホですよ。この話の続きはnoteで今度だな)」

筆者A「すまん、メルマガかもしれない」

筆者B「更にヤバすぎる方向性に行くと、SNSで類友でつるんでまで承認されたい、自分の短所すら認められないとなると、逆に言えばそこまで社会的に肯定される機会が無かった人間ってことになるよな。マズイ、ポアの時間が迫っている。SNSが浮き彫りにしたのは、ある種の免除と支援を受けるガイガイでもなく、一般水準にも届かない『出来の悪い一般人』の存在だったんじゃないかな。なあアルタリア君」

 

note.mu

やばい話は大体こっち

 

アルタリア君の夕飯はコンビニ飯

関西で逃亡を続けているアルタリア君。早く東京に戻ってきてくれないと、お掃除屋さんが困っちゃうぞ。

 

筆者B「アルタリア君、コンビニのおにぎりは美味しいでちゅか?」

筆者A「アルタリア君、コンビニでのお支払いは現金でちゅよね。ちゃんと小銭の端数計算して払ってまちゅか?」

筆者B「アルタリア君、上の文章難しすぎて理解出来なかったらしいぜ。流石は偏差値40は格が違うぜ」

筆者A「あいつの書き込み見ると、粘着されているのは分かったが、何で粘着されているのか、全く分からないみたいだな。や、格が違いすぎる」

筆者B「一周回って幸せだよな、皮肉一切理解できない系ですな。さて皆さん、現金生活で逃げ回るとすると、残金は減る一方だよな」

筆者A「てことはつまり、債務超過をおこせばチェックメイトだよな。アルタリア君、『さいむちょうか』って読むんでちゅよ」

筆者B「アルタリア君、1つお勉強になりまちたね。…まさかと思うが、アルタリア君『常用外漢字』読めないんでちゅか?英語のほうが覚えることは少ないんだよな。こいつ英語ばっか話してるの、そういうことじゃないか?」

筆者A「あいつの日本語見てもらうと分かるけど、あいつ日本育ちなのに『日本語のほうが拙(つたな)い』んだ」

筆者B「語彙力は思考力だぞ。どうしても話題によっては、難しい単語の使用を避けては通れない事もあるぞ。これとある先生の皮肉だが、心理学ってそれっぽい単語使ってそれっぽいこと言うだけで、なんか博識そうに見えちゃうんだ。何よりタチが悪いのが、義務教育サボっててもそれなりに出来ちゃうんだよ。流石に社会(世界史)と数学(統計)は少し絡むけどな。だが誤魔化せちゃう範囲だ。義務教育をサボりまくった私が保証する」

筆者A「この手の輩のボロを出すには、そいつの話している内容が自分の意見か見てみるといいぞ」

筆者B「適当に引っ張ってきた言葉って一目瞭然なんだよな。もっと簡単な方法があるぞ。心理学ってネット上だと非常にデマが多いし、ネットには転がっていない情報も多いんだ。アルタリア君が完全に勘違いしていたIQが最たる例だ。ネットに載っていない専門的な心理学の話題を振ると、すぐにボロが出るぞ。あ、私も自信ないから振ってくるなよ

筆者A「こいつさ、エニアグラムの話するとき、段階の話を殆どしてなくね?」

筆者B「そもそもリソの本持ってないだろ。あとトライタイプ(例:459)って何か流行ってるだろ。リソ、トライタイプのこと『ボコボコに扱き下ろしてるぞ』トライタイプのような理論が適応出来るとすれば、下手な小説の登場人物だとさ」

筆者A「そもそも自分のタイプは1つなのに、何故3つ並べるのか。頭蓋骨が3つあるようなもんじゃないか」

筆者B「割とマジでその通りだぞ。トライタイプが適応出来るとすれば、そいつは人格破綻者だぞ」

f:id:entpintp:20181015160815p:plain

筆者A「はい、要点のまとめ。勿論アルタリア君は見ただけで意味が分かりまちゅよね」

筆者B「私が作った作品考察用の画像だ。エニアグラムの自分のタイプって、このマスの中でどこが基本タイプかって話だぞ。流石に分裂統合には対応してないがな。他のタイプの要素は社会適応の上で獲得しただけで、核心ではないぞ」

筆者A「ワイは7w8だけど、テスト上は3w4で出てくるんだ。これは会社に適応する上で必要だからだな」

筆者B「私はどこからどう見ても5w4だが、テスト上では1w9で出てくるんだ。これはアルタリア君のような社会の汚物をシャクティパットするために必要だからだな。余談だが、タイプ1も5も完璧主義なタイプだ」

筆者A「内向の完璧主義と外向の完璧主義の違いだな。アルタリア君は1w9と5w4の区別が出来まちゅか?」

筆者B「健全な段階だとタイプ誤認を量産する組み合わせだ。でもアルタリア君を見ていると、エニアグラムの限界を感じますわ。5w4ってここまで図太くないはずなんだよな」

筆者A「あいつの自己申告通りタイプ8だとすると、とっくに怒り爆発してお縄になってる」

筆者B「こんなにコソコソ逃亡して、マックでスマホの電気かっぱらって、コンビニで飯食ってるタイプ8いると思うか?ないないない」

筆者A「ここまでアルタリア君でも分かるまとめ」

 

アルタリアくんせんようコーナー

・さっさと消えろ

 

筆者B「アルタリア君の脳味噌じゃエニアグラム無理だよな」

筆者A「非常に悪いことに、16タイプってアルタリア君でもそれっぽく理解出来ちゃうから、上記の問題が起きやすいんだよな」

筆者B「今エニアグラムの書籍(一応)作ってるんだ。本当に筆が遅くて申し訳ないが。地味に考えることが多いんだこれ。ガッツリ養育歴と顛末を練ってから矛盾おきないようにやってるんで、割と筆者Bのチンパンな脳味噌の限界を感じている。弱音はいて申し訳ないが、脳味噌のHPの消耗が相当早い」

筆者A「本当に純粋なファンの方には、こんなくだらない事でお待たせしてしまって申し訳ないです。しかしこいつは処分しておくべきだと思いますので、どうか今しばらくお待ちくださると幸いです」

筆者B「話戻るが、16タイプで本書けって言われたら絶対無理だわ。心理機能の解説なら出来るが、それは16タイプの物じゃなくて、ユングの物だ。16タイプの話をしろって言われたら、話せる事がなにもない」

筆者A「有料記事で以前答えを書いたな。最早最近筆者Bとの雑談で、MBTIの話を一切してないよな。エニアグラムの話ばっかだ」

筆者B「だって何も話すことねえもん。このサイトのMBTIの新規、大半が1週間で飽きてるぞ」

筆者A「堂々と『紛争履歴まとめ』とか出来るのって、どうせ新規が必要な情報を集めたらすぐ抜けるからなんだ」

筆者B「真面目に16タイプだと1ヶ月も話が持たないぞ。もう更新終わってるんで言うが、16タイプの解説を薄切りスライスで投下してくのめっちゃキツかったぞ。中身の無い記事書いてる時ほど、虚しいものはないぞ。でも金にはなるんだよな。まとめサイトの管理人やってる人なら思う所はあると思うぜ。多分10部以下しか売れないエニアグラム書籍書いてるほうが、俄然本気は出してるぜ。金には全くならないがな」

筆者A「正直、16タイプの記事は入り口にならなければ、もうとっくに撤廃している。民度の悪さを考えると、もう新しいサイト作ったほうが早いレベル」

筆者B「お遊びで初始めたら中堅まで来た偶然の産物だもんな。しかし民度がどんどんやばくなっているのは、情報だけ欲しい層は、青鳥行かずにウチのサイト見て、すぐに16タイプやめちゃうからだと思うぜ」

筆者A「今年の5月が楽しみだな。どんどんSNSへの流入を阻止していくぞ」

筆者B「極論、この界隈のSNSは転落人生への入り口だぞ。馴れ合っても何も人生いい方向に進まないからな。寧ろ防波堤としてこのサイトを残すのはありだぞ。実際感謝のメール来たぞ」

筆者A「声なき声を考えると、その数倍は居てもおかしくないよな。このドクキノコ宛にメール出すのって勇気いるよな」

筆者B「そうするとモチベーション保てますな。広義の社会貢献活動やぞ。危ない場所に近寄らせないのも、大人の役目だからな」

筆者A「というわけで、青少年の育成への最大の癌細胞、アルタリアが消えるまでひたすら追いかけ回していこう」

筆者B「因みにアルタリア君追放運動への抗議は現在まで0件だ。『頑張れドクキノコ、今回だけは頑張れ』という声なき声が聞こえてきますな」

筆者A「アルタリア君の仲間の恒心教徒は全員投降したぞ。恒心教徒曰く、この界隈の治安は『スラム街』とのことだ」

筆者B「恒心教徒がそう言うってことは、よっぽどヤバイんだろうな。やっぱ『入るな危険』の看板が必要ですな。というわけで『SNS危険立ち入るな』の看板を春先に向けて増設するか」

 

福岡経由で韓国(釜山)に逃亡か

アルタリア君の現在地は「四国北部」だ。大都市からバスに乗って「淡路島経由」で四国へ抜けたようだ。他の経路だと「足がつくor時間がかかりすぎる」

 

四国から九州へ抜けると、船で韓国の釜山に渡れてしまうんだ。そこから更に英語圏に逃亡できてしまうんだ。

 

以前本籍地と思われる「岩手県盛岡市」に逃げた際に、パスポートの申請に必要な「戸籍謄本の写し」を確保していた可能性が高い。すると既にパスポートを持っている可能性がある。

 

筆者B「これヤバイですな。御上様大丈夫か?」

筆者A「こいつノービザで回れる国をひたすら回って逃げるんじゃないか?まだ逮捕令状も出てないし。本人の金がどこまで持つかだが」

筆者B「釜山に行ってさえしまえば、もう警察も追うことすら出来ないしな。スリでも何でも出来てしまうだろ。これ出国の窓口で捕まえないとアウトだぞ」

筆者A「この罪状じゃ国際手配出来ないしな。割とマジで早く捕まえてくれ」

筆者B「流石にスタンバイしてる…よな?何が何でもチケットは切らせないだろ」

筆者A「こいつの行動考えると、海から逃げるよな。空よりは警備が薄いからな」

筆者B「まさかとは思うが御上様『どうせ海外に行ったら、放っておいても死ぬからいいや』作戦じゃないよな。確かにそうだけどな」

筆者A「取り敢えず様子見だな」

 

現在四国を放浪中

筆者B「あー、スマホの充電スポット見つかっちまったか。充電切れたんで野垂れ死に待ったなしだと思ったんだが。想像してもらうと分かるが、土地勘なしの四国でgoogleマップ無しとか普通に詰むだろ」

筆者A「でも極論スマホの電源入れてると、御上様にはずっと場所が筒抜けだよな」

筆者B「アルタリア君バッチリスマホの電源入ってますな」

筆者A「ガチな逃亡犯は、スマホどっかで処分してるぞ。アルタリア君情けねえ」

筆者B「ツイカスやりながら逃げる犯人。斬新ですなあ。御上様も現在だと逮捕までは行けないんでしょうな。しかし皆さん、アルタリア君の視点から考えてみてくれ。逃亡生活続けてたら、普通に残金は減る一方だよな?」

筆者A「だがしかし、こいつの場合、取り巻きから金をせびったり、ネットで詐欺を働く可能性があるんだ」

 

重要:アルタリア君によるネット詐欺を阻止しようキャンペーン

f:id:entpintp:20190322201324p:plain

 

筆者B「ほい、そこでこの作戦だ。アルタリア君のお粗末な脳味噌は、同時に複数の事を考えたり、瞬時に判断したりすることが出来ないんだ。つまり『バンバン妨害すれば、その事で頭がいっぱいになる。詐欺に割く脳味噌の余力が無くなり、その分残金の減りが早くなる』

 

結論:マシュマロでどんどん今までの不満でも、都合の悪いことでも、何でもぶん投げまくればOK。

 

筆者A「但しマシュマロの自動検閲機能に引っかからないように注意。『●ね』とか直接的な暴言は駄目だ。無難なのは『キノコ氏が言っている事は本当ですか?』とか『偏差値40だったって本当ですか?』とか都合の悪いことをじゃんじゃん聞きまくれ」

筆者B「どんどん思考力を奪っていこう。こいつはもう、死ぬまで四国から出られないようなんだ。理由は想像におまかせする。逃亡するには非常に不利な舞台だよな」

筆者A「残金が尽きたらチェックメイトだ。皆さんの清き1マシュマロが、界隈の未来を切り開くぞ。これはマジな」

筆者B「現状でもマシュマロが既に嫌がらせ質問ばっかじゃないか。アルタリア君のボロも出てきてるぞ。うわ!口が悪い!流石は偏差値40!」

筆者A「皆でどんどんぶん投げて、こいつの本性を暴き出そう」

 

アルタリア君にとって都合の悪い質問一覧

~アルタリア君が答えられなかった質問~

けいすけ

 →お察し下さい

・「唐澤」って知ってる?

 →恒心教関連

・WAISの現状の問題点は?

 →難しすぎて答えられない

・貯金残高は?

 →ボンビー

 

~アルタリア君が嘘をついた質問~

・日本で住んだことのある場所

 真実:岩手県盛岡市と東京都日野市

・ダブ屋とは?

 真実:アルタリア君の本職

・IQテストの結果

 自称:IQ120前後

 真実:IQ80前後の発達

・基本的にはアメリカ暮らし

 真実:ずっと日本暮らし

・アメリカの大学出身?

 真実:底辺高卒ニート

 

~アルタリア君の無学っぷりが露呈した質問~

・デトロイトとはどんな街?

 模範解答例:過去は自動車産業で栄えていたが、現在は夕張市のように衰退した、アメリカの自動車産業史を象徴する街。

・エゴグラム

 「珍☆談」

・アメリカの軍事系高校出身

 こいつの頭じゃどうあがいても無理な超難関校。そもそもそんな『高校』は存在しない。学校はあるけどな。

 

結論:嘘ばっかじゃねーか

 

 

筆者B「これは酷い。前世でどんな悪行を犯したんでしょうね。憐れすぎて掛ける言葉が見つかりませんな」

筆者A「それどっかで聞いたことあるな。我々以外にもマシュマロ投げたやつ居るじゃないか。こいつこれが作成だって気づいたの今朝だぜ。遅すぎるだろ。深夜に質問が突然バンバン来たら、不自然に思わないか?」

筆者B「これが自称IQ120の脳味噌ですよ。嘘つけ」

筆者A「WAISⅣについて聞いたとき、臨床心理士用の検査キット購入サイトのリンクを投げてくる、謎すぎる采配を発動。あと類型論と特性論な。それgoogleで良くね?自分で説明出来ないのかよ」

筆者B「マシュマロにトータル100件近く投げたんだが、殆ど弾かれた臭いわ。うーんちゅらい。Altail大正師を見に、恒心教徒が集まってきたみたいだぞ。まずいマシュマロに答えてしまいましたな」

筆者A「もう魚拓取られてるぞ。何か作戦があるんだろうな」

筆者B「卒業アルバムからの御尊顔公開はよ。尊師wikiに本名追加されるかもな」

筆者A「早く消えないかな」

筆者B「ちんたら監視やってる御上様も同じ感想だろうな。100円のカップに150円のコーヒー入れるの待ってるんだろ」

 

クインス消えたってマジ?

筆者B「あの池沼性悪ガイジ、現実で何かダイレクト犯罪やったんでしょうな。万引きかね?」

https://twitter.com/gokugiaka1

※クインスが以前使用していたプロフ画像、剽窃の疑いがあることが判明しました。一時削除。

筆者A「最初の絵見たときの性格の悪さ、納得行くわな。ここ2日間動きが全く無い。転生した?」

筆者B「このナメクジみてえなメンタルだと転生しないだろ。絵見てるだけでむかっ腹立ってくるわ。この手の絵描く性悪ブス、クソ嫌いなんだよ。…恐らくアルタリア君確保待ちだろ。からのニコイチ裁判所コースだろ。『メギド72・デカラビア』絡みと確実な証拠がある2匹だしな」

筆者A「ていうとこいつ、今『グンマー』の拘置所にいるのか?」

筆者B「どうせ万引き常習犯だろ、あのバックレを見ると。非常に手慣れているもんな。さっさと証拠が揃ったんだろ」

筆者A「改元までに全部終わるといいな。それとも新時代のトップバッターにするのか」

筆者B「御上様の大体の魂胆は分かるよな。(あとこいつら、かなりブサイクだと思うぞ。面食いが誰も擁護しないようにな)自業自得としか言いようのないパターンの、生まれながらの社会の癌細胞を2個連れてきたんだろ。颯君はイケメンだからまずいだろ?タラコは障害者団体が黙ってないだろ?iruも虹色団体がめっちゃ怖いだろ?王はよくいる中産階級でインパクト足りないだろ?」

筆者A「見せしめに丁度いいよな

筆者B「どこからも擁護が入らない、代表的な人間のクズの例を作りたいんだろ」

筆者A「とすると御上様の慎重運転、よく分かるんだよな。怠慢じゃないよな?」

筆者B「後々変な横槍入れられないための慎重運転だろ。こういったゴミクズを排除したいんでしょうな。障害云々ではなく、ただ単にクズなんだよな」

筆者A「え~引き続き監視と御上様アタックを続けようと思います」

筆者B「アルタリア君が何かうっかり軽犯罪やっちゃったらENDだ。というわけで、我々に出来ることは、じゃんじゃんアルタリア君のリソースを削ることだ」

 

実家&本籍地&電話番号判明

ここに書いたらアウトだが「盛岡市 アルタリア君の苗字」で検索だ。

 

何件もヒットするが、100番以内の物を全部見てみてくれ。先頭の方ではないぞ。文体とアルタリア君の生育歴とお仕事から判別してみてくれ。やーい、スクラップ。

 

筆者B「ドヤ顔」

筆者A「やっぱりそういう仕事じゃないか実家も」

筆者B「こいつ実家の跡を継ぐはずだったんじゃないか?本来」

筆者A「『東京さ行って来よ』で東京に来たのは良いけれど、実家に帰って仕事するのが嫌で逃げ出したな」

筆者B「これ真面目にお父さんに連絡してあげるべきじゃないか?高校の学費払ってもらってバックレはなあ」

 

筆者B「…実家が『消防車置き場』になってるんだが。廃業してるじゃないか」

筆者A「『住所でぽん』が2000年版では引っかかるが、2007年版では引っかからない。この間に何かあったな」

筆者B「2011年に入学だから、この時点で既に実家の廃業は決まっていたことになるな。はて、実家が移転して…一家総出で東京都日野市にお引越ししてきた可能性」

 

現在の住所判明

筆者B「ほい『現住所判明』コロンビア。カランコロン頑張れ」

筆者A「ヒントは『会社法』だ。2006年5月1日に施行されたよな?」

筆者B「なになに、最寄りは高幡不動。これ確かに火炎瓶投げられたら終わりですわ。親を巻き込んじゃいけないぞ。お前の親に電話していい?『042-●●●-●●●●』超ご機嫌ですわ今」

筆者A「アルタリア君が小学校を卒業と同時に、中学から東京都日野市と」

筆者B「お前工業高校出たなら、親の仕事手伝ってやれよ。何だよ無職って」

筆者A「明日警察に『実家の実名付きで被害届の相談をしてきます』グッバイ」

筆者B「確かに持ち家なんで、大家もクソもないな。しかし親が気の毒になあ」

 

アルタリア君1w9だったわ

二転三転してすまんな、我々の診断ミスだった。アルタリア君1w9だわ。開幕から段階7だったんだわ。そりゃ分からんよ。

タイプ1の9段階 - NT’sのblog

 

筆者B「麻原尊師にめっちゃ似てるわ。あー、タイプ1かよ。あの変な思い込み、やっと納得した」

 

親不孝すぎワロリッシュ

筆者B「このアルタリア君の居直りは『俺どうせそこに居ないから、殺されるのは親だし無問題。生命保険金も入ってきて土地も手に入ってラッキー』作戦ですな。クズすぎて引くわあ」

筆者A「『アルタリア君被害者』が欲しいのは、お前の仏様な」

筆者B「親もこの不良債権処分したいんだろうな。とんだボンクラ育ててしまいましたな」

筆者A「これ親とアルタリア君、どっちが生命的な被害にあっても、残りが喜ぶ不毛な構図ですな」

筆者B「機能不全家庭が全ての始まりだぞ」

筆者A「えー、ノーコメント。取り敢えずアルタリア君の仏様はよ」

筆者B「こういうの見てると、我々って機能不全だったのか割と疑問だよな。下には下がいるって言ったらキリがないが。しかしこいつの糞な所は、親に飯食わして貰っといてこれってとこだよな」

筆者A「取り敢えず残金なくなるまで待つか」

筆者B「あとは御上様と、突然10人程湧いてきたU.K.軍団待ちですな」

筆者A「王、この後どうしたいんだ?」

筆者B「あいつもう一切我々と連絡禁止だろ。ほんと分からんの辛いな。そうだ、これから送られてくるメールはタラコ唇が送信したものだ。一応本来の目的これだよな?」

筆者A「御上様もどうするのか分からんしな。取り敢えずアルタリア君が早くポアするなら何でもOK」

筆者B「恒心教で割られた後も図太く居座った奴って居るのかね。まあ実家は24時間警備なんで近づけませんな。早くアルタリア君をポアしてほしいがな。やれることはやったぞ」

 

アルタリア君の実家の会社が無くなっていた事が判明

2018年7月12日に消滅してますわ。今あの土地どうなってんだろな。googleカー更新はよ。

 

筆者A「色々調べてみた結果、法人登録番号から分かった。てことは、金に困ってるよな?若しくは事業をやっていた親が死んだか。こいつが界隈に湧いてきたのは2018年の10月だ」

筆者B「有能パッパがアボンしてこのザマか。息子が無能オブ無能だったのが運の尽きだな。土地は結構広いっぽいんで、親は無難にあそこに住み続けてるんだろ。本人が住所不定無職なんで、やっぱ金銭尽きるの待つのが一番ですな」

 

~アルタリア君の懐事情予想~

本人に金を稼ぐ能力のほぼ皆無。親の金を強奪してニート三昧していたが、親の会社が消滅、金をせびることが出来なくなる。ネット詐欺路線に。それすらまともに出来ず、親の死後の遺産狙いに。

 

筆者A「親は厚生年金入ってないから、生活保護か?その時に土地も家も売却した可能性、でも生活保護なら没収だよな。生活保護『寸前』の可能性」

筆者B「親が生活保護『寸前』の状態になったんで、これ幸いに逃亡したんじゃないか?そしてあの踏ん反り返りを見ると、辻褄合うな。こいつ金に困って、親の土地と生命保険金狙いですな」

筆者A「アルタリア君は手段を選ばずにお金が欲しい状況なんだな。てすると御上様がこいつの取引履歴を漁ってみたら、タイーホいけるかもな」

筆者B「金回りが非常に怪しいよな。御上様、もう全部調べたよな?何か航空写真でここだけ浮いてね?何かヤバイもの埋めてる可能性!

筆者A「こいつまさか親を〆て死体埋めた?」

筆者B「それで年金不正受給…辻褄合うよなこれ。なら金に困っても、土地を手放すわけにいかないもんな」

筆者A「両親を殺●してる可能性。御上様早く調べて」

筆者B「なら親の口座から引き出せば、のうのうと暮らせるもんな。親から金が取れなくなって●した、あれ辻褄合いますな。御上様盲点だった可能性。両親『本当に』元気?」

 

そういや火炎瓶投げて欲しがってたよな?

筆者B「自分が逃げてから火炎瓶投げてもらえば、死体も証拠隠滅出来るもんな。御上様が静まり返ってるんだが、本当に正解だった可能性。釜山航路を先に当てたのも我々だしな。御上様ってぶっ飛んだ発想はしないよな」

筆者A「たまには言ってみるもんだよな。あと釜山航路に関しては、管轄違うじゃん」

筆者B「うーん、この。確かに不正受給云々も管轄違うもんな」

筆者A「それ厚生労働省。今回全くと言っていい程の盲点じゃん」

筆者B「名簿上は生きてるんで、それ以上追求しなかったんでしょうな」

筆者A「『生きてたら150歳』あの一件を思い出しますな」

筆者B「ここ数年、そういった話を聞かなかったよな。地形が非常に隠しやすいよな。それに親が年金受給開始すぐだとすると、少なくとも5年はバレないもんな」

筆者A「それで期限迫ったら、貯まった金で国外逃亡ですよ。てことは、遅かれ早かれ国外逃亡する気でしたな。当たってたらガチの犯罪だよな」

筆者B「御上様、当たってたらお礼頂戴♡しかしやっぱ金回りおかしいぜ」

筆者A「漁っていけば絶対やましいもの出てくる」

筆者B「あくまで全員、書類調べて終わりでしたな」

筆者A「実態の把握が必要じゃないですか」

筆者B「見に来られても困るんだけどさ、極論乞食ですし我々」

 

筆者B「周りの奴らがやったら怖がってたのって、犯罪者オーラ出てるからじゃないかね。人殺した人間だから違うんだろ。人肉食ったの?」

筆者A「コ●ンの犯人のアイコンって自虐ネタだったんじゃないか?こいつ自身が犯人なんだから」

筆者B「怒鳴り声だけは凄いそうだ。人ぶっ殺した奴の声だろそれ。おー怖い怖い。なんか本能的に怖がってる臭かったしな」

筆者A「これってうちらが…俺は違うと信じたい。全ては筆者Bのせい」

筆者B「極論、性格は私も大差ないぞ。やっぱ『頭の出来の違い』ですわな。寧ろアイツの方がタイプ1なんで、犯罪やらかす確率自体は低いはずだ」

筆者A「それかやっぱサイコパス説。本能的に放っておいたらマズイ気がするんだ」

筆者B「ショーコーと同じ理屈だろ。ショーコーは人望あったけどな。暴言吐くんで伏せ文字使うぞ。『何かめっちゃぶっ●したくなる』多分動物的な淘汰の本能でしょうな。やっぱエラー品だと思うぜ。遺伝子異常とかじゃなくてな」

筆者A「一生豚箱から出てくるな」

筆者B「ワンチャン、ポアの刑かもしれないぞ。ポアの刑になったら、首を引き伸ばしたクソコラ作れるぞ」

 

いろいろキノコ

いろいろキノコ マリオパーティ - Google 検索

初代マリオパーティに収録されているミニゲーム。

要約:ヤバイと思ったらすぐに安全圏に逃げよう。逃げ遅れた奴から脱落していくぞ。最後まで生き残れば勝ちだ。

 

f:id:entpintp:20181205221027p:plain

筆者B「今見ると古いナンバリングの方が、アクティブリアファイ多いですな」

筆者A「『クッパのきもち』とかな。と言っても、それはあくまでゲームの事なんで、笑って済ましていたぞ。寧ろリアルでボコしたらヤバイから、ゲームでボコボコにするんじゃないの」

筆者B「いい意味でブラックジョーク効いてたよな。『いろいろキノコ』は人生の教訓だぞ」

 

アルタリア君のパッパ、有能と判明

筆者B「2000年前後にレンタルサーバー、独自ドメイン、htmlベタ打ちでいい感じのレイアウト、パッパ有能ですな。『パソコン・精密機器・測定器・分析機器・試験機』を扱っていたそうだ。よくわかんねえけど頭良さそうだぜ!」

筆者A「あいつ極論、htmlで白黒文章ベタ書き、MMD作れるしか特技なくね」

筆者B「もうMMDのスキルも時代から取り残されてるんだろ。工業高校の知識で何とかなってただけだしな」

筆者A「その後専門学校や高等教育機関行ってない時点でお察しですな」

筆者B「親が一番の被害者ですな。言うまでもないことだが、親がどんなに有能で金積んで教育しても、ボンクラって普通に出てくるからな。徳川家ですら無能いるだろ」

f:id:entpintp:20190324173802p:plain

筆者B「もし個体値が高個体でも、本人がガチクズだと余裕で人並み以下の結果を叩き出すからな。知能と学力には勿論相関はあるんだが、一部に悲しい現実があるんだ」

 

アンダーチーバー…IQから予想される学力を遥かに『下回る』結果を叩き出した猛者。

オーバーチーバー…IQから予想される学力を遥かに『上回る』結果を叩き出した猛者。

 

筆者B「アルタリア君はIQ信者だが、マジでIQなんて単品だと何も役に立たんぞ。学習意欲次第で簡単に結果は覆るからな。ここ見てる学生、いくら自頭が良くても、努力しないと簡単に落ちぶれるからな。もし今は順調でも、いつか痛い目見るぞ。こんな糞サイト見てないで勉強しとけよ。筆者Bとの約束だ!

筆者A「何とかガイガイ就労している、そこまで自頭の良くない人間から一言。社会で大事なのは、ちゃんと自分を振り返って過ちを認めることだ。これに尽きる。これさえできれば、そうそう嫌われることはないから」

筆者B「大事なのはMBTIやエニアグラムのタイプより、何よりも一般的な『性格』だぞ!覚えておこうな」

 

f:id:entpintp:20190324175537p:plain

自頭が悪い上に怠けてると、アルタリア君みたいになっちゃうぞ。

 

今何が起きてるんでしょうな

久しぶりに見に来たけど、キノコは壊れたんだな 
精神病の人のブログを見れるのは、新鮮な体験だ

 

筆者B「久しぶりも何も、サイト当初から我々の脳味噌がぶっ壊れてるのは、読者も含めて界隈全員が知ってることなんだ。『失礼ですが、貴方はどちら様でしょうか?』

筆者A「通りすがりの人間がヲチスレですか…怪しい」

筆者B「御上様、何か見つかった?今日の13時にアルタリア君は書き込めない状態だったぞ。明らかに他の奴の書き込みでもない。釜山航路・死●●棄。我々は精神障害者なんでキチガイ発言しか出来なくてちゅらい。しかし泥をかけられてしまったな。オーノー。てかナチュラルに見下されてますな。すっげえムカついたわ

筆者A「九段様ですよね?確かに手段を選ばないのは知ってるけどさ、もうちっと上手くやってくれよ」

筆者B「御上様は『あの頃のこと』を全く知るよしがないからな」

筆者A「元々脳味噌がぶっ壊れていた所を、真面目にやっていただけだもんな。元々がぶっ壊れているんだよ。やっぱりこの発言はおかしい」

筆者B「はい皆さん、九段様の仰る通り、我々は脳味噌のぶっ割れた精神病患者です。我々の陰謀論は『1ミリも当たっていない』から、絶対に絶対に信じちゃ駄目だぞ

 

御上様からの隠蔽マシュマロ来たぞ

筆者B「御上様、我々の事舐め腐ってない?一般庶民バカにしすぎじゃね。我々のブログに堂々と泥ぶっかけてくれてるよな。あいつらの急な動きといい、5w4ってこの手の隠蔽工作がくっそ腹立つよな」

筆者A「見分けるポイントは『例の件は災難でしたね』だ。今まであんな丁寧な文章を送っている人は、この界隈で一人も居ない。お前だけ頭が良すぎる。面白すぎて草生えるわ」

筆者B「御上様、今某所でくっそ馬鹿にされてるぜ。どこか分かるかな?そもそもそんな丁寧な文を書ける頭があるなら、アルタリア擁護する筈ねえだろ。マジで馬鹿なの?」

筆者A「千歳烏山の二の舞って言えば分かりますよね、貴方方なら」

筆者B「今すぐアルタリア君のマシュマロ見てくると良いぞ、めっちゃ吹き出すから。御上様直々の隠蔽工作なんて、もう一生見られないぞ。ほんと、見逃したら後悔するぞ。いや~妄想が止まらなくて辛い!」

筆者A「いや~でもこれは全て陰謀論だ」

筆者B「おや、そう言えば昨日の死●●棄を追記してから、ビーコンの挙動がガラッと変わって隠密になったような…いや~精神病患者はちゅらい」

筆者A「そういうとこが動き始めたなら、そういうツール使えて当たり前だろ。嵐の前の静けさって、こういう事を言うんじゃないか。ここまで隠蔽をしっかりやるなら、徹底的にやってくれよ」

筆者B「御上様、応援してますわby精神病患者×2」

筆者A「最後に一言、御上様って精神病詳しくないんだな」

筆者B「無学が~ろ☆て☆い。ちゃんとお勉強しような」

 

【悲報】ボンカレー君愛用の魚拓サイトが謎のエラー

Server Error

 

Webpage archive

みんな大好きな例のサイトで魚拓を取ろうとしたら、何か『見たことのない』エラーを吐いているンゴね。しかも魚拓の閲覧は出来るのに、新規に魚拓の『キャプチャだけが出来ない』非常に不可解な状態だ。

 

筆者A「え~…今このタイミングでメンテナンス?そう言えば千葉県の船橋…」

筆者B「このボンカレー魚拓以外にも、キャプチャ出来るサイトなんて腐るほどあるぞ」

筆者A「Evernote使えば、個人でも簡単に取れちゃうからな」

 

これ御上様による人権侵害発言じゃないか?

久しぶりに見に来たけど、キノコは壊れたんだな 
精神病の人のブログを見れるのは、新鮮な体験だ
 
筆者B「そういやこれ、ナチュラルに『精神障害者に対する差別発言』だよな。おやぁ?」
筆者A「当然、我々が精神障害者保健福祉手帳を持っている事はご存知ですよな?この発言をしたもの、人権侵害ですよな?」
筆者B「御上様の潜在的な差別意識、選民思想が露呈してしまいましたなあ。あーこれマジでヤバイヤバイ。そりゃ魚拓サイト落としに行きますわ。誰か文春砲撃ったらおしまいですな
 

御上様見てるよな?

さあ、大パニック起こしてるみたいだな。

 

この『大失態やらかした人権侵害野郎』のせいで、随分と調査が遅れていたみたいだな。こいつ、精神障害者である我々の事を馬鹿にして、アルタリア君のことを庇ったみたいだぜ。おまけに自分が面倒くさいんで、犯罪者の隠蔽に加担した御上様にとって究極の恥さらしだ。

 

筆者A「我々を呼ばなかったのは、精神障害者なんかに会いたくないからですよね。気持ち悪いから。差別意識があるんですもんね」

筆者B「クインスとアルタリア君は精神障害者保健福祉手帳を持っていないから、優れた健常な人民であり、我々のような劣等人種より優先されてしかるべきと。実際妙にアルタリア君が野放しだったよな。そういうことだぜ」

筆者A「御上様、こいつの名前と住所を出してくれないか?こいつに対して訴訟を起こします」

筆者B「謝罪と慰謝料はまだですかね」

 

公安調査庁職員による犯罪者へのエールはこちら

f:id:entpintp:20190325001610p:plain



f:id:entpintp:20190325001528p:plain

 

筆者B「これさ『この公安調査庁の職員が、アルタリア君の友人』だったってことだな。あーはいはいはい。公安調査庁の中に繋がってる奴が居るぞ。アルタリア君、だからあんな余裕の態度だったのか。あ、これほんとやっべえ」

筆者A「御上様、流石に説明あるよな。今からでも構わない」

筆者B「はい癒着癒着。小此木八郎大臣、ボンカレーの時から知っていらっしゃいますよね」

筆者A「ここで申し上げます。『つちのこ』の記事は小此木八郎大臣が、直々にお買い上げなさいました。全て最初から筒抜けです」

筆者B「王、本当にありがとう。お前の勇気ある行動で全ての不正が暴かれたぞ。で、これどうすんの?平成最後の大不祥事だな」

 

精神障害者による推理タイム~公安調査庁の腐敗~

さて、恐らく公安調査庁は『一般庶民からの通報は面倒くさいんで揉み消す』のが日常茶飯事だったんだな。公安調査庁は今回も調査を敢えてチンタラやって、我々が諦めてくれるのを待っていたんだ。

ところが最大の転機が訪れる。我々が今朝提唱した『死体遺棄および年金不正受給説』だ。ここで一気に公安調査庁が人権侵害発言、隠蔽工作に繰り出してきた。つまり『死体遺棄および年金不正受給』が大当たりだった事になるな。

これがマジなら、アルタリア君を逮捕せざるを得ない、つまり今までのチンタラ調査が全て明るみに出てしまう。だから何が何でも、我々の推理が『全て妄想』でないとまずいんだ。

 

 

筆者B「アルタリア君の友人が居たのかは知らないが、日常的に揉み消してきたのはマジだぜ。公安調査庁は『面倒な仕事を押し付けてくる』告発者を逆に恨んでいた事になるな。通報が来なければ、座っていれば金がもらえるもんな」

筆者A「ここまできて動かないとは言わせないぞ。一応建前上公僕だろ?」

筆者B「死体遺棄が大当たりだったのは、この反応見るとマジだな。で、アルタリア君は逮捕するのか?それとも野放しか?保身のために。何でも公安調査庁には6w5が多いそうだわ。はいタイプ6社会」

筆者A「はいはい不健全なタイプ6」

筆者B「腐敗してますなあ。動きが鈍すぎるとは思ったが、公安調査庁自体が腐敗していたって結構マズイですな」

筆者A「悪い噂は聞いていたけど、まさかここまでとはね。来年のオリンピック中は引きこもってるわ」

筆者B「実際このタイミングでこれってヤバイだろ。採用も非常にブラックボックスだな。『やる気のある方大歓迎』だそうだ」

筆者A「ああ、はいはい怠慢コネ怠慢コネ怠慢コネ」

筆者B「しかしアルタリア君の友人と自ら名乗っているんだよな。まさかと思うけど、アルタリア君と同水準の奴雇っちゃたの?」

f:id:entpintp:20190324175537p:plain

筆者B「あ、もしかして上司からこの件で叱責食らってたんじゃないの?それの腹いせで障害者虐待だろ」

筆者A「こいつの公開処刑はよ」

 

筆者B「どちらかと言うと、今回担当した職員がとんでもない無能だったんでしょうな。これ言ったらおしまいだが、有能な人はガチなテロ案件でかかりきりだもんな」

筆者A「いらない人材を充てたんだろうな。そして我々の方が、特定も推理も全て早くて正確だったと」

筆者B「上長に虚偽の報告してたが『死体遺棄』がビンゴだったんで全て露呈してしまったと。あ、それで急にビーコンの反応が無くなった。有能にチェンジしたのか。つまり職務の一環でもなく、ただの腹いせですな。やっぱビーコン検知しまくりの今までが可笑しかったんだよ」

筆者A「実は今までも、司法の動きが筒抜けだったんだよ。理由はお察し」

筆者B「めっちゃ大目玉食らったな。既に有能にチェンジしましたな。大方『キノコの方がまだ使い物になる、役立たず野郎』とか嫌味言われたんだろ」

筆者A「それで腹いせであの書き込みですか、そうですか」

筆者B「大臣、ご覧になってますか?そろそろ何か届きましたよね?アルタリア君に加担しているのは、無能のくせに自分が有能だと思いこんでいる同類だからだ。こいつ置いとくと、有能が抜けちゃうぞ」

筆者A「厳正なる処分を期待しております」

筆者B「急に消え失せたビーコンがマジで草生えるな」

 

命の危険を感じるぞ

筆者B「このド無能に個人情報握られちゃってる状態なんだよな、今。報復攻撃が怖いですなあ」

筆者A「もういい加減呼んで貰えませんか?しっかり補填だけは頂きたいです。あとは、当該者と相互不干渉の示談を切らせて下さい」

筆者B「御上様、ここまで不祥事やっといてまだガン無視は無いよね?このまま呼び出し無しで殺されたらどうしてくれるんだ?」

 

もしかして:最馬鹿

警視庁生活安全部サイバー犯罪対策課 - 唐澤貴洋Wiki

 

筆者B「もしかして、公安調査庁じゃなくてこちらの失態ですかね。いや~精神障害を馬鹿にされて悔しくてたまりませんなあ。それより個人情報どうしてくれるんだよ」

筆者A「ちゃんと更迭してくださるよね」

筆者B「今回関わった全員の改名裁判と引っ越し代金はよ。王、馬、タラコ、お前たちの個人情報が全部割れちゃったのも、こいつのガバガバビーコンのせいだぞ。我々ハッカーでも恒心教でも無いからな」