NT'sのブログ

NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

性格タイプ戦法を封じられた時の話

クソブログ運営者の特技として、比較的早めにリアルの話相手のエニアタイプを絞り込めるんですよ。そしてタイプ受けを考えて会話する。一種の世渡りスキルやね。


しかし「アイデンティティ・クライシス」に陥ってる人を見てると、このタイプ割り出し会話戦法が全く通用しない。これでちょいと真面目に困っている。

(※患者さんじゃなくて知人の話な。誤解招きそうなんで注意書き)


この「性格タイプ割り出し戦法」って、相手の「表向きの性格タイプ」を当ててるんですよね。社会的ペルソナとしての性格タイプな。私の場合はINTP5w4だったな。

(ペルソナがガラガラガッシャンした時に出てきたのはESFP7w8だったがな…こればかりは本当に読めない)


相手が「アイデンティティ・クライシス」状態だと、私の基本的な対人スキル「適当に相手のタイプに合わせる」が通じないんで、純粋なコミュニケーション能力が問われるな。


結果?お察しください。経緯は省くが、非常に意外すぎる形で、私の化けの皮が剥がれたわ…。


ありのままの自分を看破かれて悔しいが、やっと楽になれたわ。ありがとな、大して親しくも無いクソ野郎。


人間案外優しかったわ。私は人の悪意を過大評価し過ぎていたらしい。


逆に人間の善意を過大評価し過ぎてしまうピュアちゃんもいるんで注意な。