NT'sのブログ

NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

IQ76になった時の気持ち

※数値は知人による凡その数値です。鵜呑み要注意。

 

私の正確なIQ値は兎も角、平均より上ってのは確実だと思う。そう、平常時ならな。

 

ここ(精神病院)にゴーシュートされた時が、私の純粋な社会的思考力としては、人生でワーストの状態だと思われる。


1.簡単な足し算に時間がかかる
コンビニで「465円」と言われた時に「515円」出せば、お釣りが「50円」になって丁度いいや、といった計算が簡単に出来なくなるんですよ。

 

酷いパターンだと「615円」出して店員を困惑させてしまった事もあった。

 

※普段から暗算が苦手な人は「普段からこんなもんだよハゲ、嫌味かよ」と聞こえるかも知れないが、個人的には特大ダメージが入った。腐っても暗算得意な自覚あったしな。

 


2.人の話が理解できない
大体10秒程度か、相手が連続で話し続けてると、頭がぼーっとしてキャパオーバーを起こすんですよ。「???何の話してたっけ?」となるんですよね。

 

知的障害か何かの授業で「相手の調子を見ながら、SVOの簡単な指示を出しましょう」と言われたが、意味が実感出来たわ。

 

(皮肉にも一時的に「SVOで指示される側」になってしまったわ。寧ろ気持ちが分かってよかったわ)

 


3.人に謝りまくる羽目になる
兎に角、何をやっても「相手の期待以下の成果」しか出せてないような気になるんですよ。「すみません」って何回言ったか分からんわ。

 

途中からは開き直って「すみません、ありがとうございます」にしたわ。鬱病患者の家族が「謝られるより、感謝された方が気持ちが楽」と言ってたのを思い出したからな。

 

ーーーーーーーー

 

しかし「アルジャーノンに花束を」だかの小説で描かれたように、IQ76辺りの時が一番「優しさ」はあった気がするは。「プラスに働く優しさ」かは別の話な。

 

これ書いてる今はまあ、人間の平均程度までは戻った気がするわ。あくまで思考力に関してはな。