NT'sのブログ

NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

段階6の「厄介さ」について

段階6〜7で振り子状態の筆者Bです。

 

現実のこと考え始めては青ざめて(段階6)、妄想の世界に引き戻されて(段階7)、また現実に戻りたいと願って(段階6)と、まあ、収集つきませんわ。

 

振り子状態に慣れすぎて最早「人ごと」の様に書いてるが、これ結構ストレス溜まるからな。

 

これタチ悪い事に、段階6の方が社会的に問題が頻発するんですよ。元々の攻撃性の高さも相まって、自分でも人格の交代がコントロール出来ないんですよ。

 

「何故段階7では人格のコントロールが効いて、段階6では人格のコントロールが効かない」かって点に「段階6の社会的な厄介さ」が凝縮されてる感じがするわ。

 

段階7になると大抵、社会から弾き出されて各種施設(精神病院or刑務所)送りになるんで、社会的役割から解放されるんですよ。

 

それが回復して段階6に戻った瞬間から、社会的役割が再び「のしかかってくる」事になるんですよね。

 

すっげえ黒い発言する事になるが、段階7以降に落ちてなお、段階5以上に戻りたい場合「誰かを犠牲にする必要がある」んだろうな。

 

あえて悲観的な言い方をしてみたが、好意的な言い方だと「誰かの手助けが必要」なんでしょうな。

 

ーーーーーーーー

 

※以下グロ精神的注意

 

段階9から段階6までの復帰は、意外にも病院なり然るべき社会制度に頼れば、案外早く辿り着けるんですよ。割と簡単に助けて貰えるからな、一目見て「支援が必要な状態」と分かるんで。

 

しかし段階6から段階5に復帰するのがくそ難しい。やれ「社会復帰するために精神的に改善を〜」と言う割に、段階6まで回復すると、今度は「邪魔だ社会からどいてろ」と段階7に叩き落される訳で。意味わからんよな、この糞システム。

 

私は非常に糞人間なんで、他の精神病患者が何人自殺しようと、病院から這い出てくる覚悟があるぞ。喧嘩売ってくる方が悪いよな、うん。仕方ない。私が居ないと私が困るからな。半分嘘な。

 

上記に私の本質が非常に強く現れてるな。でも精神病院って、凄えシビアに見るとそういう場所だからな。暗黙のパラノイア(TRPG)だぜ。IRからRへの這い上がりをかけてな。

 

※パラノイア、ルール軽く齧っただけで実際のプレイ経験は0のエアプな。補足しとくと、パラノイア式(蹴落としあい)に考えるのは普段からの只の癖な。