NT'sのブログ

NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

罪状の宣告が救いになる時もあるんだろうな

「今回の妄想の迷言集まとめ」でも今度作るか。各タイプの最高に健全な状態から、最悪に不健全な状態まで、色とりどりの迷言を色んなタイプの人格が残していったからな。

 

「もう死ぬと分かってれば、本音で話し合えるだろ」

 

ところで皆んな見てくれ、私はタイプを超えた普遍の真理である迷言を残してしまった。ある意味で「全ては誤解から始まる」並みの迷言だわな。

 

「キノコ妄想拗らせてるな」と思われるかもしれない。実際妄想の中で、知人に向けて吐いた言葉だしな。でも半面の真理だと思うんだ。

 

「人は何故嘘をつくのか」とか考え始めそうだわ。でも「死」が迫ればもう、嘘を「つかなくていい」状態になるんだよな。それこそ、死の宣告が救いになるんだろうな。

 

私は私以外の人格でいる時間の方が長いかもしれないが、この迷言は間違いなく、私本人の信条だわ。前世か何処かで、同じ言葉でも吐いたのかね。

 

罪状の宣告がある種の救いになるのはマジだろうな。私にとっても宣告が救いになったしな。