NT'sのブログ

NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

体調が優れなくてすまんな(エニアグラムの統合と分裂についての体験談)

ドクツル闘病日記をちまちま投下する程度しかできなくてすまんな。ちょっと体調が優れない筆者Bだ。日記読んでくれてる読者さん、ありがとうな。

 

詳しくは別の記事で上げるんだが、エニアグラムの記事の復活に関して悩んでいる点があるんだ。


(単にリンクがズタズタで、それを修復できるだけの脳みそが今現在、イマイチ復活しきらないってのもあるがな)

 

今回の闘病体験で、エニアグラムの「統合と分裂」が高速で回転してエニアグラムのタイプが尋常ではない速度で切り替わる、スーパーヤバすぎる境地に、病院に搬送される前に達してしまったんだ。

 

筆者Bは本質的には刺激大好き人間こと7w8だったと判明したはいい…んだが、ここでちょっと奇妙な現象が起きたんだ。

 

タイプ7に関しても段階9の境地を見てきたんだが、ここで不思議なのが、タイプ7の段階9を突き抜けた先に「タイプ2」の段階1があった事なんだ。「ウイング方向であるタイプ8の統合が云々」では説明のつかない方面にタイプが移動したんだ。

 

単刀直入に疑問点を言うと「エニアグラムの統合・分裂の理論って本当に正しいんだろうか?」という点だ。

 

タイプ7は本来タイプ5に動く…筈なんだが、タイプ5よりも適正のある隠れた才能を持ったタイプ(筆者の場合はタイプ2)があった場合、そちらが移動先として優先される…といった例外も少なくないんじゃないかと思った。

 

つまるところ、筆者Bは本来の統合先のタイプ5の才能を使いこなせないんで、タイプ5を抜かして他のタイプに動く必要があったんでしょうな。

 

他にも「エニアグラムの統合・分裂を逆さの矢印方向に回っている人物」と出くわしてしまったり、色々と統合と分裂に関して考えさせられる点が多かったんだ。

 

長々と御託を垂れたが、エニアグラムに関しては心の整理が付くまで少々お待ちくださいといった感じなんだ。私が処理するにはあまりにもオーバーな体験だったわ。