NT'sのブログ

NT’sのblog

役に立たないNT'sによる性格診断情報ブログ

得意なら心理と脳が合わない科目に注意しよう

頭が良くても出来ません

筆者の実体験も少し入ることだな。絶対的な歴史主義の科目と、心理学科の科目は「脳の相性が合わないものがある」

 

心理「現状解明が最優先の現在科目」

社会「現状伝統が最優先の過去科目」

 

心理なんて解決すればいい

お互いに噛み合うのは「歴史イベントだけ」だからだな。

 

過去のユングはユダヤ人に関する世界史の影響を受けている。所詮は戦争で移動を強制されなければ何処に旅行をしていたのか。とても重要だな。

 

所詮は心理学科は「現代の人間を100人は助ければ意味がある」そもそも医者にも成れない雑魚がなんで席に座れるのか。こういう学問なんだよ。

 

歴史なんて暗記すればいい

歴史は日本人の「挨拶会話の必須教養」と考える人もいる。

 

暗記と解決が両方とも80点は「最高の優等生タイプ」なんだ。まず絶対に口答えをしても無理だ。それが本当に頭の生まれから選ばれし勇者だ。

 

暗記型はルーチンワークを選択する。解決型はその内に腕を動かすようになる。40点までは片方でも出来るだろ。職業能力の真実のゼロは難しい。

 

福祉が駆け付けてくれる人間

怠け者というのは童話から悩む。判断は必ず難しい。

 

①後から出来なくなりました。

②元から最高級の出来ません。

 

単位のナンセンスに混乱している脳も入ることがある。